FC2ブログ

岐阜県七宗町・日本最古の石博物館

へろんです。
4月にめちゃくちゃ不安定になったパソコンが、5月に入ってから急に安定しました。バックアップやらチェックやらした他は何もしてないのに……。たまに勝手に強制される「更新」が関係あるのでしょうか。不思議です……。

       *      *      *

2019年5月1日、岐阜市で御朱印を頂いた後で向かったのは、七宗町(ひちそうちょう、と読むそうです)の日本最古の石博物館
今回岐阜に行くと決めてから調べて知ったのですが、1970年(昭和45年)に発見された日本最古の石を展示する、1996年(平成8年)開館の町立博物館です。

日本最古の石博物館
UFOのような?丸っこい建物。

レッキー君とレッキーちゃん
入り口ではゆるキャラのレッキー君とレッキーちゃんがお出迎え。……って同じ名前ですか。

入館すると最初に、お子様向けの紹介映像が映し出される映像室に案内されます(すみません、最後まで観ませんでした……汗)。
映像室を出るとエレベータで下の階へ。
と、天井がチカチカ光り、壁に現れるレッキー君が語りだします。どうやら20億年前に時間遡行するというコンセプトのようで、エレベータが下がり始めると壁の数字も遡っていきます。

降下していくエレベータ
あ、慌てて撮ったのでイマイチですが……。
レッキー君の説明で「光速を超えると時間をさかのぼる」?とか何とか言ってたようで「ん?」と首を傾げた記憶があるのですが、すみません、うろ覚えです(^^;)

地下1階の展示室
エレベータから出ると、いたってオーソドックスな展示室。やっぱりこういうスタイルが落ち着きます。
世界各地から集められた先カンブリア時代の岩石など、なかなか豪華です。

地球最古の岩石
カナダ北部のスレイブ地域から見つかった、地球最古の岩石とされる39億6千万年前アキャスタ片麻岩(写真上)。
そして左下の小さめの岩石の説明を読むと……「地球最古の鉱物(約43億年前)を含む礫岩(ジャックヒルズ礫岩)」。
あれっ、上が39億6千万年前で左下が43億年前? 左下のジャックヒルズ礫岩の方が古いじゃん。この博物館の資料をはじめ、大抵アキャスタ片麻岩が最古と紹介されているのですが……。
「岩石」と「鉱物」の違い?? Wikipediaの「岩石」のページによると、「鉱物は化学組成の均質な純物質であり、岩石はその混合物である」。
うーん、アキャスタ片麻岩はその全体が39億6千万年前であり、ジャックヒルズ礫岩は含まれる一部だけが43億年前で、全体はもっと新しい、ということでしょうか?
いずれにせよ地球の年齢46億年を考えると、ものすごい話です。

21億年前の化石、グリパニア・スピラリス
21億年前と最古の多細胞生物ではないかと考えられる、グリパニア・スピラリス Gripania spiralis 。肉眼で確認できる、大型の藻類の化石ということで、矢印の先を見ると……

21億年前の化石、グリパニア・スピラリス
どうやらこの渦巻きのようです。古代の化石って小さいものが多いですが、これは確かに大きい。

日本最古の石、を含む礫岩
そしてメイン展示、ここ「七宗町で発見された20億年前の石」
……ただしこの大きな石全体が20億年前、というわけではなくて、ラベルによると「日本最古の石(約20億年前の片麻岩礫:矢印で示した礫)を含む礫岩」。
岩の上にある赤い矢印をよく見ると……

日本最古の石、は、ここ?
うーん、矢印先端の、周りより少し白い部分でしょうか??

日本最古の石、は、ここ?
この石の裏にまわると、もう一つ赤い矢印がありました。はじめは白っぽく四角い部分全体が20億年前かと思ったのですが、そんなに広い範囲ならこちらを前面に展示するのでは? もしかすると矢印先端のもっと狭い部分なのかも……。
すみません、分かりません。矢印だけではなくて、この部分を拡大写真に撮って、ここが20億年前、と分かるように枠で囲った写真パネルなどを展示されてみてはいかがでしょうか。

回転する地球儀
見上げると内部構造が分かるように切り取られた大きな地球儀が回っています。直径3.15メートル、動くものとしては、世界最大級の大きさなのだとか。

これで思い出したのが、兵庫県加西市の加西丸山総合公園にある地球儀時計。

兵庫県加西市の地球儀時計
2012年6月17日撮影。直径は5メートル。

地球儀時計のギネス出版社認証文
1998年に世界一と認定された「ギネス出版社認証文」のパネルも掲示されていました。当初は地球と同じく24時間で一回転自転していたそうですが……

地球儀時計は故障中・・・(2012年当時)
2012年当時は故障中でした……。あれから7年経ちましたが、今は修理されているのでしょうか? もしも修復されていたら、こちらが最大になるのでしょうか??

岐阜大学隕石コレクション
月起源隕石や火星起源隕石、ベスタ(小惑星帯では3番目に大きい小惑星)起源隕石など、隕石の展示が充実していました。どこから飛来したかが分かるというのもすごいものです。
「岐阜大学隕石コレクション2012」とありましたので、岐阜大学の所蔵品でしょうか?

入り口では化石探しが人気
お子様には化石探しが人気のようです。
小さい博物館ですが、思ったよりも充実した博物館でした。

ところで。
後からこの博物館関連の記事を調べていると、こんな記事を発見しました。
2019年3月25日、島根県で25億年前の岩石が発見されたというのです。
何とさらに5億年古い!

日本最古の石発見50周年の横断幕
来年2020年は日本最古の石発見から50周年として盛り上げていきたかっただろうに、七宗町も心中穏やかならざること、お察しいたします。
1970年に七宗町の岩石を発見された足立守・名古屋大学名誉教授(発見当時は大学院生)は「新しい発見は学問としては当然。それが出て来たことは、むしろうれしい」とおっしゃっています。ご立派です。
これが25億年前と確定されると、七宗町は「日本最古」と名乗れなくなるのかどうか……「博物館の名前を変更するかなどについては今後検討していくとしています」と記載されていますが……。

さらに調べてみると、こちらの記事では発見者の広島大学大学院・早坂康隆准教授が「あそこ(七宗町)には立派な博物館がありますので、津和野町の教育委員会に、七宗町のほうに津和野の石を寄贈していただくようにとお願いをしまして。ちゃんと日本最古の石を展示する博物館として継続して頑張っていただきたいと思っています」と述べておられました。

なるほど。
七宗町と津和野、両方の石が並んで展示されているのも良いですね。複数あれば、津和野でも展示すれば双方のメリットになりますし。ぜひ実現してほしいものです。
津和野では2019年4月27日より、津和野町郷土館で展示されているそうです……

ところが!
29日に展示されていたこの岩の一つがなくなっていたのだとか!!
うーん、これからどうなるか気になるニュースです。


にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

北崎拓 名作SF『冬のセリカ』『DEM』

へろんです。
今の世の中、何か分からないことや知らないことがあればすぐネットで調べられる、何でもネットに載っている、みたいな風潮があります。しかしその一方で、どうしてもネットには出てこない情報もあります。
例えば以前の記事でも触れました、1993年5月に訪れたものの、どこかの時点で無くなったと思われる、高知県桂浜に存在した貝類博物館

桂浜にあった「シェルパレス」入館券
2019年1月の高知旅行前に、ネット上でいくら調べても何一つ情報がありませんでした。

考えれば当たり前ですが、ネットが普及する前の物事というのは、誰かがネットにアップしなければ、ネット上に存在しません。
今やネット上に存在しなければまるで存在していなかったかのような風潮まであって、それもいかがなものかと思いますが、ネット上であまり見かけないものも、こうして紹介することにより認知度が上がってもらえれば嬉しく思います。

       *      *      *

漫画家の北崎 拓先生(1966~)といえば、どのような代表作を挙げられますでしょうか?
よく知られる代表作はSFではないはずですので(私がSF以外はほとんど読まなかったので、実はほとんど未読のため「はず」などと書いています)、北崎 拓先生のことをSF漫画家だという人は、おそらくおられないでしょう。

ただワタクシ的に北崎 拓先生の名前が強烈に印象に残ったのは、タイトルの『冬のセリカ』というSF短編に出会ったためです。
『冬のセリカ』についてネット上でさんざん調べましたが、ただ一ヶ所、作家別コミックリスト【北崎 拓編】というページにだけ、『空色みーな』全5巻 (ラポートコミックス)の第5巻に収録されているという情報が載っているだけでした。

1986年(昭和61年)と今から30年以上前、「SF BOX」と銘打って発売された、小学館の少年ビッグコミック 1月17日増刊号。

少年ビッグコミック 1986年1月17日増刊号「SF BOX」
「ショッキング・ファンタジー・ボックス」なんて奇をてらった振り仮名をつけていますが、一般的に言うSF作品を中心に集めた増刊号です。特に気に入った作品だけを切り取って保管しましたので、他にどんな作品が載っていたかは今となっては覚えていないのですが、保管したお気に入り作品の一つが、『冬のセリカ』でした。

主人公の工藤ゆたかは両親が海外に行ってしまい、「見放された」と思って不良になってしまった中学3年生。
ある時突然、「パパー」と呼びかけてくる幼女セリカにまとわりつかれてしまいます。ガールフレンドや、迷子と思って連れて行った交番のお巡りさんにも「さては隠し子か!?」と誤解されますが……(笑)

実はセリカはある異世界の住人で、その異世界は重大な問題に直面しており、ゆたかのもとに逃げてきたのでした。
ゆたかの前に姿を現した異世界の存在はその事情を語り、セリカを連れ戻そうとします。抗えないと悟ったゆたかは、セリカに語り掛けます。

「セリカ……お前は何も心配しなくていいから……オレ、一生懸命勉強して……エラくなって……すごくエラくなって……」

自分が偉くなって、セリカのいる異世界が直面している問題を解決する。そう決心したゆたかは、別れの瞬間叫びます。

「だから! お前の帰る世界にも青い空はあるんだ!!」

ゆたかの最後の決心には泣かされます。
政界や、企業や、大学などで「エラくなった」皆さん! あなた方は何のためにエラくなったんですか!? どんな理想を持っていたんですか!? その時の気持ちは、今も生き続けていますか!?
そう心の底から叫びたくなってしまう作品です。
ぜひとも注目されてほしい、再掲や映像化などがされてほしい名作です。

もう一つ、北崎先生のSFが収録されているのが『北崎 拓 選集1』(小学館、1985)。

「北崎 拓 選集1」(1985)

『むく毛のアン』『英雄行進曲』『未完成ストリート』『DEM』(前編・後編)を収録。
どれも好きな作品で、『英雄行進曲』などは映画好きや映像に関わる方などにはお勧めの名作です。この中では『DEM』が唯一のSFです。

この作品で描かれるのは、機械にとりついて人間までも機械化してしまう宇宙生命体「DEM」と人類との存亡をかけた戦いですが、DEM化した人間と戦う中で、果たしてDEMと人間の違いは何なのか、DEMは排斥すべきか、共存できるのではないかという疑問も提示されます。しかし東京で最終兵器を発動させてしまい、そんな疑問も吹き飛ばされてエンディングへとなだれ込みます。短編ゆえにそうした疑問を突き詰める間もなかったと言えるかも知れませんので、ぜひ長編化や映画化されても良い作品だと思います。
余談ですが、最終兵器発動により新宿ビル群(まだ東京都庁がない!)が吹き飛ばされる見開きページにインスパイアされて、中編漫画を一編書いてみたりしたのは前世紀の昔話(笑)。

一般にSF作家と言われない先生方の作品の中にも、SFや境界作品がたくさんあると思います。こうした作品がもっともっと知られるようになってほしいものですね。

改元御朱印狂想曲

へろんです。
2019年4月30日、「平成」が終わり、5月1日に「令和」が始まりました。
1989年に「昭和」から「平成」に変わった時は昭和天皇が亡くなったのと同時で、何だか自粛ムードやらなんやらが垂れ込めていましたから、それに比べてこういう明るい改元ってのは良いものですね。
初めて「れいわ」って打ち込んでみると、「令和」は変換候補の5番目にありました。おお、出るんだ!
一方で、これも素晴らしい、森下真先生の平成擬人化イラスト

       *      *      *

この度の改元にまつわるニュースで気になったのが、御朱印についての話題が急に数多く取り上げられるようになったこと。
平成最後の日付に長蛇の列とか、令和初日の御朱印を準備中とか……話題になるのは良いのですが、これでますます混雑してしまうなあ、と複雑な気持ち。
確かに平成最後の日付ってのも惹かれますが、月末も忙しいしなあ、と御朱印帳を見返してみますと、いちばん最近のものは以前ブログに書いた、3月9日に白絲濱神社で頂いたものでした。そうか、4月はどこも行ってなかったのか。ちょっと残念ですが、忙しかったしなぁ……。

この度のGWは、5月1日から3日にかけて、まだ訪れていなかった岐阜県に行ってきました。いくつかの博物館や街並みなどが目的でしたが、岐阜の神社仏閣も訪れて御朱印も頂けたら、と調べてみると……

岐阜市の金神社(こがねじんじゃ)が有名のようですが……んん? 毎月最終金曜日を「Premium金Day」として、この日だけ特別に金文字の御朱印が授与されるそうです。しかも5月1日は改元記念ということで、この日も特別に授与されるのだとか。
そりゃ惹かれますが、でも毎回とんでもない待ち時間になっているのだとか……。
神社のHPにも「最終金曜日は平日のため参拝・受けることができないと思われる参拝者の皆様も、ぜひ新しき元号の初日に金神社にご参拝ください」なんてあるので、これはますますえらいことになるのでは…… (((( ;゚Д゚)))

私の御朱印だけに貴重な旅行時間を費やすことはできないので、とりあえず行くだけ行ってみて、他のスケジュールに影響が出るぐらいの混雑だったら諦めるから、と妻にお願いし、まずは金神社に向かってみることにしました。
2019年5月1日午前8時。金神社の駐車場へ通じる道に差し掛かると……すでに渋滞の列が! そして神社の前にはすでに長蛇の列が!!……(@o@;)
いや予想はしていましたが、やっぱり……。雨の降りしきる中、妻も付き合わせて長時間並ぶわけにはいかないな、と諦めることに。
そこで、金神社の他に調べていた、伊奈波神社へと向かいました。

伊奈波神社社務所
こちらもかなりの混雑で列ができていましたが、無事に岐阜最初の、そして令和最初の御朱印を頂けました。

伊奈波神社御朱印


黒龍神社御朱印
末社の一社、黒龍神社は「パワースポット」として有名だそうです。

伊奈波神社の逆さ狛犬
逆さ狛犬も有名だそうで、しっかり撫でさせていただきました。

翌5月2日。午後には岐阜公園付近の博物館に行きたかったでのすが、どこも満車で行けそうにない。そこで、今日だったら限定御朱印の日じゃないし、まだ空いているのでは、ともう一度金神社に行ってみました。

金神社御朱印
金神社の駐車場も満車に近く、社務所にも列ができていましたが、ようやく金神社の御朱印も頂くことができました。
昨日のような限定御朱印の場合は、真ん中の「金神社」が金文字になるそうです。
でも昨日でも今日でも、ありがたさは変わらない、と、思いたい。
大体、初詣のようにあまりにも沢山の人が訪れる時より、少しずらした空いた時の方が神様に願いが届きやすい、という話も聞きます。だったら恐らく今日の方が……。

金祥稲荷神社御朱印


金神社の金色の鳥居
金神社の有名な金色の鳥居。
2015年(平成27年)に茶色から塗り替えられたそうです。

金神社のなんじゃもんじゃの木
なんじゃもんじゃの木(和名:ヒトツバタゴ)がこの頃満開となることでも有名だそうです。雪が降ったような白い花が美しいです。

       *      *      *

5月1日は令和初日ということで、限定ならずとも各地の神社はエライことになっていたそうですね。明治神宮では最大で10時間待ちになったとか、伊勢神宮では最大2時間以上、出雲大社でも1時間待ちになったとか…… (((( ;゚Д゚)))

そもそも御朱印というものがニュースになるだけでもすごい変わりようだと思うのですが、この過熱ぶりはちょっと心配になってきます。
案の定というか、令和初日の御朱印がネットオークションに出品されるという残念な事態も盛んに報道されています。
お詣りもせずに御朱印を落札しても意味ないと思うのですが……。

上記の記事で、筆者の中村かさね氏は「御朱印は、お札やお守りと違って霊力のある物ではない」とお書きですが……ううん、そうズバッと言われてしまうと複雑ですね。
よく言われることですが、そうなると記念スタンプなどとの違いはどこにあるのか、だんだん難しい話になってきます。

新聞やテレビニュースでも盛んに取り上げられたニュースの中には、お城の「御朱印」(様のもの)の話題も数多く取り上げられていました。
例えば、大阪城では自分で押す朱印が数年前から設置されており、「記念スタンプとして押していただいています」と掲示されていました。それがこの度、明らかに御朱印を意識したスタイルで、4月30日までは「平成最後」、5月1日から7日までは「令和最初」と記された「登閣符」を販売するのだとか。

大阪城「登閣符」販売(大阪日日新聞、2019年4月30日)

大阪日日新聞2019年4月30日より、下半分を拝借。
なおこの記事ではあくまで「登閣符」と書いており、「御朱印」という単語は一言も書かれていません

さらにはこちらの記事で書きましたように、「御朱印」と冠したスタンプラリーも登場してきています。
「スタンプラリー」「記念スタンプ」「御朱印様のもの」と「御朱印」の境界が世間的には急速にあやふやになっており、今回の改元に伴う過熱ぶりは、それを一層推し進めることにつながる気がします。

以前こちらの記事で、「ゆとり教育」から「脱ゆとり教育」に極端な揺り戻しがあったように、昨今の形式だけの歪んだ「働き方改革」にもそのうち大きな揺り戻しがくるのではないか、と書きました。
今回の過熱気味の報道、御朱印の転売問題や境界の不明確化などを見ると、御朱印ブームも、いつか何らかの形で揺り戻しが来るのでは、と思ってしまいます。
良くも悪くも極端に振り子が振れてしまう日本社会のこと、悪い方向には振れず、良い方向へ振れてくれるよう祈りたいものです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

大阪舞洲・ネモフィラ祭り2019

へろんです。
ここ最近、パソコンがめちゃくちゃ不安定になって、日々の操作にも難儀しています (´Д`;)
ブログ更新やレスやおうかがいすること等が滞ってしまいましたら、パソコンに何かあったと思ってください……。

       *      *      *

さて。
ネモフィラといえば茨城県の国営ひたち海浜公園などが有名で、いつかは見てみたいと思っていました。ところが今年は大阪でも見られる! ということで、2019年4月27日、大阪は舞洲(まいしま)のネモフィラ祭り2019に、妻と友人と三人で行ってきました。

キャッチフレーズにも謳われている「空・海・ネモフィラの青の三重奏」を期待していたものの、前日は夜を中心にしっかりと雨。それで心配していましたが……

大阪・舞洲のネモフィラ祭り2019
空、海、山、ネモフィラの四重奏!
この山は六甲山で、対岸は三宮市街です。

大阪・舞洲のネモフィラ祭り2019

しかし……むちゃくちゃに寒い! ついこの間まで夏日になるぐらいだったのに! 海沿いということもあってか風も強く、入り口近くのブースではチラシが吹き飛ばされていたり。

大阪・舞洲のネモフィラ祭り2019


大阪・舞洲のネモフィラ祭り2019
公式キャラクター「ネモにゃん」の陶器人形。

大阪・舞洲のネモフィラ祭り2019


大阪・舞洲のネモフィラ祭り2019
ポピーの赤い花が良いアクセントになっています。

大阪・舞洲のネモフィラ祭り2019


大阪・舞洲のネモフィラ祭り2019


大阪・舞洲のネモフィラ祭り2019
遊覧ヘリも飛んでいました。しかしこの強風でも大丈夫なのか?

大阪・舞洲のネモフィラ祭り2019
この写真の右上の樹。強風でなびいています……。

ネモフィラ祭り2019限定ソフト
ネモフィラの青をイメージした、ネモフィラ祭り限定の「ブルーアイ」ソフト。しかしこの寒さでは……。

舞洲の海辺の路を散策
ネモフィラ祭り会場の近くでは、海辺を散策もできます。

ネモフィラ祭り駐車場出口で駐車代を支払った領収書の裏に、さきしまCOMSO TOWER展望台の割引券が。ということで、ここにも寄り道することにしました。

WTCタワー(現・さきしまコスモタワー)
昔は「大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTCタワー)」でしたが、2010年に大阪府に譲渡され、「大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)」となりました。今回は車で地下駐車場に入ったので外から見る機会がなかったため、この写真は1998年11月22日に撮影したものです。つまりまだWTCタワーだった時代ですね。

さきしまCOMSO TOWER展望台からの展望
55階まで上ると、地上252メートルの展望が広がります。
東京スカイツリー (451.2m)、あべのハルカス(287.6m)、横浜ランドマークタワー (273.0m) の各展望台についで日本で4番目に高く、東京タワーの展望台 (223m) よりも高いそうな。

さきしまCOMSO TOWER展望台から望むあべのハルカス
かのあべのハルカスもよく見えます。海に近く、混んでいないので、ワタクシ的にはハルカスよりこちらの方がオススメです。

さきしまCOMSO TOWER展望台からの展望
これも有名な水族館「海遊館」

さきしまCOMSO TOWER展望台からの光景
たぶんUSJ。混んでるんでしょうなあ……。

さきしまCOMSO TOWER展望台から見たレインボーカラーのニュートラム
大阪市の住之江公園と南港を結んでいるニュートラム(南港ポートタウン線)の車両は2016年から編成ごとにカラフルな色に塗装されています。こうして見るとクレヨンみたいですねえ。

さきしまCOMSO TOWER展望台からの光景
梅田付近は他に比べて雲の下で暗くなっていました。しばらく展望台にいた間、なぜか梅田だけがずっと暗いままで……な、何かに覆われているのか!?(爆)

さきしまCOMSO TOWER展望台からの光景
陽の射し方によっては、大阪でもエメラルドグリーンの海が見られるんですね。

さきしまCOMSO TOWER展望台から見た舞洲全景
先程までいた舞洲の全景。左側の先端近くがネモフィラ祭り会場になります。

さきしまCOMSO TOWER展望台から見た夢洲全景
舞洲の南にある夢洲の全景。今はほとんど何もないですが……2025年大阪万博の時には果たしてどう変わっているでしょうか?

左下にある海に面したドーム状の施設は、元「なにわの海の時空館」
大阪市制100周年記念事業で2000年に開館したものの、赤字続きで残念ながら2013年に閉館。その後施設の再利用を民間業者から公募しましたが、応募がゼロのまま打ち切られたのだとか。
いろいろと問題とかあったのは確かなようですが、もうちょっと何とかならなかったものでしょうか。博物館好きとしては、カジノなんぞを作るより博物館が復活してくれる方がよっぽど嬉しいのですが。有効な再活用が見つかってほしいものです。2025年大阪万博の時には何か変わっているかもしれませんね。

訃報 - モンキー・パンチ先生

へろんです。
2019年4月11日、『ルパン三世』原作者のモンキー・パンチ先生がお亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

えっ、『カメ止め』の記事でもセルフ突っ込みしましたが、これがSFカテゴリかって?
立派なSFだと思いますよ~。4月19日に追悼番組として放送された『ルパン vs 複製人間』(1978年)はまさしく正統派SFですし、他にもルパンシリーズには宇宙ネタや科学ネタ、結構シビアな政治ネタもちょくちょく出てきて、私の敬愛する小松左京先生にも通じる広がりを感じます。

ルパン三世~フィギュアコレクション~
2018年3月、ダイドーの缶コーヒーにおまけで付属していた「ルパン三世~フィギュアコレクション~」
ラインナップとしてはルパンファミリー5種だったんですが、この3種を揃えたところで満足して“コンプ”はしませんでした。
峰不二子はまぁヤローの選ぶことだから、ということでお許しを(笑)。あとルパンファミリーの中では、次元大介銭形警部がダントツで好きなんですよ。

有名な『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)も、カリオストロ公国という架空の舞台で繰り広げられる冒険活劇は、SFの「センス・オヴ・ワンダー」にも通じる世界だと思います。
この中で銭形警部はラストの「奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です」というセリフばかりがやたらめったら紹介されるんですけどね。
これはカッコつけすぎというか狙いすぎというか、悪くはないんだけど「取ってつけた」感を感じるんですよね。
銭形警部のいちばんカッコいいシーンはここじゃない

カリオストロ公国は世界各国の偽札を作っているのですが、それを掴んだ銭形警部が証拠を提出しても、上層部は「高度に政治的な問題」として取り合わない。
そこで峰不二子の協力のもと、ルパン追跡のふりをして突入し、偶然を装って発見した偽札原版を、不二子の構えるTVカメラの前に掲げます。

「こんなものみつけちゃった。どうしよう?」

間抜けを装いながら巨悪を暴き出す姿は、涙が出るほどカッコいいです。


『ルパン三世 ワルサーP38』(1997年)では、世界を揺るがす要人暗殺には必ず暗躍し、歴史を影で操ってきたという暗殺組織「タランチュラ」が登場します。ここでも各国は隠蔽工作に走り、図らずもそこへ近づいた銭形警部は監視役をつけられて追いやられますが……

「んなこたぁわかってる。国家がどうなんて関係ねえんだ。相手が誰だろうと悪党にはワッパをかける。そいつが俺の主義なんだよ」

そして最後には、ルパンと「タランチュラ」の戦いの背後で、モーターボートで敵本拠地へと向かいます。そこへ長官から引き返せとの連絡が入りますが……

「もう手遅れですなあ。マスコミも感ずいて動き始めてますわ」
「バカモ~ン! キサマがもらしたんだろうが! すぐに戻れ! これは長官命令だ!!」
「あー、通信機が故障しましたぁ」

そう言って通話口をガリガリとひっかき、切ってしまう警部。
いやもう、カッコいいの一言に尽きます。


先日も放送された『ルパン vs 複製人間』でも、警視総監がわざわざコロンビアにまで銭形警部のところへやってきます。ルパンはある重要な人物に関わっている、これは国際的な問題であり、ルパン追跡をやめさせる、と……。それでも辞職してでも個人の資格でルパンを追いかける、と叫ぶ姿、信念に忠実に突き進む姿は憧れすら感じます。
ところでここって『銀河英雄伝説』ファンにとってはビュコック司令とメルカッツ提督の会話だったりします(爆)


こうしてみると、銭形警部のカッコよさは他のルパンファミリーのカッコよさとも通じるものがありますね。
次元大介は寡黙な方なのでセリフは少ないですが、『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』(1991年)のラストで

「戦いなんてもんはなあ、ほんのささいな、行き違いや思い違いで起こるもんさ」

なんて名言が記憶に残るところです。
こんな魅力的なキャラを生み出したモンキー・パンチ先生に感謝しつつ、これから先もルパンシリーズが継続して、次元大介や銭形警部の変わらぬ姿を見ることができるよう祈りたいものです。

ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR