FC2ブログ

大阪市中央区・鵲森宮

へろんです。
大阪市中央区にあります、JR森ノ宮駅近くの鵲森宮(かささぎもりのみや、通称:森之宮神社)にお詣りしました。
あの聖徳太子(574~622)が建立された唯一の神社だとか。
主祭神として聖徳太子、その父親である第31代天皇・用明天皇(生年不詳~587?)、母親の穴穂部間人皇后(あなほべのはしひとこうごう;生年不詳~622)。

鵲森宮鳥居
鵲森宮鳥居。

鵲森宮手水舎
鵲森宮手水舎。

鵲森宮拝殿
鵲森宮拝殿。

鵲森宮社務所
社務所はちょっと事務所っぽい感じ。

「聖徳太子建立の唯一の神社」との貼り紙
社務所にはこんな貼り紙が。

鵲(かささぎ)は朝鮮半島に生息するカラスの仲間ですが、真っ黒というわけではなく、羽根の先や腹部が白く、見る方向によっては黒い羽根が青く光る、なかなか美しい鳥です。

ソウル動物園の(たぶん)カササギ
たぶん、これもカササギだと思います。2011年8月にソウル動物園で撮影。

鵲森宮ホームページの御由緒によりますと、新羅に派遣された使者が持ち帰った鵲を、この森で飼ったことに由来するようです。1942年に旧日本帝国海軍の水雷艇《鵲》より鵲の剥製が献上され、現存しているのだとか。それはぜひ拝見したいものです。期間限定ででも公開して頂けないものでしょうかね。

鵲森宮の大伴家持の歌碑
大伴家持(おおとものやかもち)の歌碑。
鵲森宮ホームページの解説によりますと、

鵲之(かささぎの)
 渡瀬瑠橋迩(わたせるはしに)
  置久霜乃(おくしもの)
白気乎見者(しろきをみれば)
 夜曽更仁来(よぞふけにける) 

ほほう……大体読みの方ばかりを見聞きして、昔の人の言葉もあまり変わらんなあ、と感じていましたが、漢字で書くと、本当に昔からそう読んでいたのだろうか、という気もしないでもありません。実際、どう読んでいたんでしょうね?

鵲森宮の亀井水
「亀井水」と書かれた碑があり、横に蓋をされた井戸のようなものが。
掲示されていた説明によると、聖徳太子が鵲森宮を創建する際に温泉が湧いているのを発見、霊験あらたかな水だったとか。今のJR森ノ宮駅あたりにありましたが、工事にあたって井戸枠だけを移した、とありました。……ううむ、井戸枠だけ、ですか……。

鵲森宮御朱印
頂いた御朱印。

街中の小さな神社ですが、あの聖徳太子建立というのは大きなポイントですね。
そういえば、正月に道後温泉で見かけた火の鳥 “道後温泉編”という観光PR作品にも聖徳太子が登場していましたので、それを見た後でこちらにお詣りしたのも、何だかちょっとしたご縁があるような気がしましたね(^^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



“理想”への長い道

へろんです。
私が春名風花という方を初めて知ったのは、以前も書きましたが、2019年8月に「いじめをするのなら、(いじめる側が)学校なんて来なくても良いんだよ」という意見がラジオで紹介されているのを聞いた時でした。この意見に関しては、私は全面的に彼女を支持しています。いじめを行う(すなわち他人の教育を受ける権利を侵害する)ようなバカどもに、学校に通う権利を与える必要などありません。
調べてみると、彼女は結構以前から社会問題などに率直な意見を述べているようで、それに対して誹謗中傷が寄せられたりしてきたそうです。
こちらの記事によると、そうした誹謗中傷に対して法的措置をとった結果、裁判所が2019年11月1日、ツイッターで誹謗中傷した投稿者の情報開示をプロバイダ側に命じたそうです。
しかしそれは警察も対応してくれないため、アルバイトをしてまで民事裁判の費用をため、4回目の裁判でようやく投稿者が判明したのだとか。氏名などが情報開示された投稿者に対して損害賠償請求を予定しているものの、相手が賠償金を払えない場合もあるとか……。
彼女に対してなんで誹謗中傷をするバカどもが出てくるのか。想像ですが、子供らしくないとか子供のくせにとか、根拠のないくだらない理由ではないでしょうか。

それで思い出したのが、2019年のニュースでよく取り上げられていた、スウェーデン人のグレタ・トゥンベリ氏。環境問題に対して感情を露わにして「大人たち」を非難する様子が報道され、賛否両論の声が上がっていました。内容そのものは専門家でも議論の分かれるところですから、そこをどうこう言うのも酷でしょう。ただ、彼女に対して反発する人たちの中には、おそらく春名氏の場合と同じように、子供らしくないとか子供のくせに、なんて思ってるのも多いんじゃないでしょうか。

私がトゥンベリ氏を見て最初に思ったのは「ああ、若いなあ、うらやましいなあ」という感想でした。
若い頃は私も環境問題については結構辛辣な物言いをしていましたが、物事の複雑さ、世の中のややこしさを見せつけられ、煩わしい日常に押し流されて、そんなことを考える暇もなくなってしまいました。建前と形式ばかり唱え、理想に対してはすぐ現実はこうと否定し、何も変わらない世の中。
そんな中で、大人をズバズバと批判するトゥンベリ氏の様子は痛快なものでした。

もっとも聞いたところでは、飛行機は二酸化炭素を増やすからとヨットで向かったのはいいけど、彼女はヨットの操船が出来ないので数人の大人が付き添ったそうです。で、ヨットが目的地に着くと、彼らは飛行機で本国に戻った。そして彼女が帰る時には、またヨットを操船するために飛行機でやって来た……。
これが事実だったらおかしいですわな。
それにこうした人手や費用はどうなっているのか、なんで重要な会議で演説ができるのか、よく分からんですが……。彼女の純粋さは疑う余地はありませんが、その背後にいる「大人たち」は誰なのか、何を目的としているのか……正確なところはいまいち分かりませんし安易なことは言えませんが、注視した方がいいのかも知れません。

      *      *      *

私のもっとも敬愛するSF作家、小松左京先生の短編に『歩み去る』という作品があります。
あるものを探し求めて世界中をまわる老人が、同じように世界中を回る若者たちと出会う。彼らは地球人を超える新たな道を探しており、やがてついにそれは発見される。それは若者にしか分からない“宇宙への門”だった。

「すると-君はこれから行ってしまうのだな……行ってしまって地球には帰ってこないのだな……」
「いつかは帰ってくるかもしれません。(中略)そうなるまでしばらくの間、ぼくたちの見つけた“新しい未来”へ、思う存分突き進ませてください」


若者たちの発言や行動を「子供のくせに」とか言う大人たちや、匿名をいいことに誹謗中傷をするようなクズの皆さん。あなた方もいつか見捨てられることになるかも知れませんよ。
もちろん私も見捨てられる側になることは間違いありません。しかし例え自分は行けなくとも、未来を目指そうとする人々を心から応援したいと思います。

以前も紹介した小松左京先生の長編『果しなき流れの果に』は世界でもっともスケールの大きなSFの一つだと思っていますが、スケールではそれに匹敵する短編『神への長い道』には、こんなセリフがあります。

「しっかりやってくれよ……俺たちのような、精神的進化の袋小路に入り込んだ者は、いくらでも見捨てていってくれてかまわない。俺たちは甘んじて捨て石になるし、そのことをとやかく言わない。しかし俺たちはこの行き止まりで滅んでも、ずっと先に行って、俺たちよりも、もっともっと素晴らしい存在を、俺たちを踏み台にして生み出していってくれるのでなければ、踏み台にされた者たちは浮かばれない。
 しっかりやれ……」


「神への長い道」ならぬ「“理想”への長い道」を歩む人々に、心からの称賛と声援を送りたいものです。


関連記事
「いじめをするのなら・・・」
いじめをするなら来なくて良いんだよ。先生でも。
謹賀新年 - 小松左京の描いた2018年

2020年干支御朱印(少彦名神社・生國魂神社)

へろんです。
大阪の有名な御朱印の一つに、少彦名神社と生國魂神社の毎年1月限定「干支御朱印」があります。2017年から私も頂いておりまして、今は「干支御朱印」専用の御朱印帳を用意して、毎年少彦名神社と生國魂神社の両御朱印を見開きで頂いてるのですが、同じことをやってらっしゃる方は結構いるようです(^^)

      *      *      *

2020年の正月は、2日にこの両神社へお詣りに行ってきました。
御朱印授与は10時からですので、9時半頃に少彦名神社に到着したのですが、すでに鳥居の外側から一般道にかけて、結構な列が出来ていました。

少彦名神社拝殿
まずはお詣りさせて頂き、列の後ろに並びます。10時になってようやく列が動き出し、30分ほどで頂くことが出来ました。
この正月には干支朱印の他にも2種類の限定御朱印があり、行く前からしばし迷っていましたが、せっかくだから、とセットで頂くことに(^^;)

少彦名神社・2020年正月2日限定見開き御朱印
正月2日限定見開き御朱印(薄緑色紙に銀小槌)。
銀の小槌は画像のコントラストを上げると消えてしまいますので、画像としては暗めのままになっています。元旦と3日にも色違いがあるそうで、元旦は金の小槌ですが、元旦はさすがに動けません。

少彦名神社・2020年正月限定宝船御朱印
野村蓮月という方の描かれた「宝船」御朱印。ネズミが可愛かったので♪
和歌は上から読んでも下から読んでも同じ「回文」になっているそうで。元旦から松の内の15日まで授与されていたようです。

少彦名神社・2020年1月限定干支御朱印
そしてこちらが2020年子年の「干支御朱印」。

少彦名神社・2019年1月限定干支御朱印
ちなみに去年、2019年亥年の「干支御朱印」がこちら。

少彦名神社干支御朱印
2018年戌年はこちら。2020年からちょっとタッチが変わったようですね?

さて少彦名神社で無事御朱印を頂き、続いて生國魂神社を目指しました。天気も良かったので、久しぶりに大阪市内をぶらぶら歩きながら向かいます。

生國魂神社に着いてみると……

生國魂神社初詣の列
鳥居を遥かに超えて、少彦名神社よりもさらに長い長蛇の列が!!

生國魂神社鳥居
去年(2019年)はずっと空いていたのに……。
あ、でも去年は1月8日でした。三が日だからこんなにすごい人出なのか……(◎Д◎)

生國魂神社の干支画
今年(2020年)の干支画。

生國魂神社の御朱印受付所
御朱印受付所、テントまで設営されて年々大きくなっているような……

生國魂神社御朱印所
去年(2019年)は特設のプレハブでした。

生國魂神社・2020年1月限定干支御朱印
ようやく頂けました、生國魂神社2020年子年「干支御朱印」。
これまでの干支御朱印はこんな感じ。

生國魂神社・2019年1月限定干支御朱印


生國魂神社の干支御朱印


干支御朱印(丁酉)


生國魂神社の御朱印受付所
干支御朱印は60年で一回りしますが、これまでに一回りしたことがあるんですかね?
いずれにせよ、これまで頂いたのは4年分。残るは56年って、どうみても無理ですよね……。


関連記事
大阪市中央区・少彦名神社(2018.1.8)
大阪市天王寺区・生國魂神社(2018.1.8)
大阪・生國魂神社(2017.1.27)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

火の鳥 “道後温泉編”……!?

へろんです。
2020年の正月休みは、これまでとは方向を変えて、格安バスツアーで愛媛県へ行ってまいりました。四国には何度も行きましたが、愛媛県は通過したことがあるだけの未踏の地だったのですよ。なにせ格安ツアーなので、かの道後温泉もわずかな自由時間にうろついただけでしたが……

趣のある道後温泉駅
道後温泉駅。趣がありますね。

道後温泉商店街
商店街の中を歩いていくと……

道後温泉商店街で見つけた「火の鳥」の幟
ん? これは私の敬愛する手塚治虫先生の『火の鳥』ではありませんか!?

道後温泉本館
商店街を通り抜けて現れる、有名な道後温泉本館。

道後温泉本館の「火の鳥」?
これも火の鳥っぽい。

ここの後で移動する今夜の宿にも風呂があるし、だいたいわずかの自由時間では入る時間もありませんから、最初から道後温泉本館に入るつもりはありませんでしたが……そもそもものすごい入場待ちの列で、入りたくても入れない。

道後温泉本館の入場待ちの列

ん? 入り口の上方にあるのは……

道後温泉本館入り口には「火の鳥」が?
まさしく手塚治虫先生の「火の鳥」そのものではありませんか!

火の鳥“道後温泉編”……!?
で、見つけた看板。
火の鳥 “道後温泉編”……!?
いやいやいや、そんな章はなかったって!

「道後REBORNプロジェクト」チラシ
後から調べますと、道後温泉本館は2019年から2024年までの間、保存修理工事を行いながら「道後REBORNプロジェクト」としていろんな企画を行う一環として『火の鳥』ともコラボしたようです。

火の鳥が洒落を・・・!?
ドウゴオーンって……あーた、洒落ですかいな……

道後温泉本館ラッピングアート
道後温泉本館の近く、「空の散歩道」というところに登ってみますと、本館東側の工事エリアが火の鳥を描いた「道後温泉本館ラッピングアート」に包まれていました。

「道後REBORNプロジェクト」PRカー
「空の散歩道」駐車場にも火の鳥を描いた車が。個人の車ではなく、どうやらPRカーのようです。
夜にはプロジェクションマッピングも行われているようでぜひ見たかったのですが、宿に移動するため、泣く泣く道後温泉街を後にしました。

さて。
その「火の鳥 “道後温泉編”」は、プロローグ「大国主と少彦名」と第1話「聖徳太子、来浴」が完成していて、YouTubeなどで公開されているとのこと。
こちらからも見ることができます。
で、実際に見てみました。

んー、そうかあ……まぁ……こんなところでしょうか……?
大国主という日本神話の代表的な神様にも使命を与える火の鳥ってすごいな……でも考えてみると、宇宙も時間も超越した火の鳥ならそうかも知れません。第1話では火の鳥は全然絡んでないし。いや実際には以心伝心?みたいに絡んでいるのでしょうが、そこもうちょっと詳しく描いても良かったのでは……。
もしも手塚治虫先生がいらっしゃったら、こういう企画にも喜んでノったと思います。でもノリすぎてもっともっと長大かつ壮大な物語にしようとされることは間違いないでしょう。
「いや、これはあくまで観光PRなんですから……!」と止めようとするスタッフの姿が目に浮かぶような……
あれ? それって第1話の聖徳太子と従者のやりとりに似ているような……

そう考えると、一度に大勢の人の話を聞いたという「聖徳太子」と、いくつもの連載や企画を同時に手掛けた「手塚治虫」って、ある意味似たところがあるかも知れません。むろん「聖徳太子」の伝説がどこまで本当か、実像はどうだったのか知るすべはありませんが……。とすると、1000年も経つと「手塚治虫」も本当にそんなすごい人がいたんだろうか、と伝説的に語られるようになっているかも知れませんね。


関連記事
2019年映画その2『僕のワンダフル・ジャーニー』
手塚治虫『火の鳥』 - 完結編の構想

3周年も過ぎまして・・・

へろんです。
年末年始の休み明けの一週間は異常にバタバタして通り過ぎました。
のっけから他部署が「1月中にこれとこれの文書がないと困る」と騒ぎだして、とばっちりで右往左往。
今の世の中、文書の制定には各方面と調整して何段階もの承認を取って事前配布して関係者の教育して電子システムに登録して記録を残して文書化して……。只今も内緒のお持ち帰りの仕事継続中。だって会社は形式だけの働き方改革に固執して、一定以上の残業もサービス残業もお持ち帰りもさせてくれないもん。そのくせ間に合わなかったら怒るんでっせ。
どないせえっちゅうねんヽ(`Д´)ノ
最終的な成果(この場合は必要な文書)は昔から変わらないのに、そこへ至る過程がどんどん複雑になっていくのって……何やってんだろうなあ……。

そんなわけで、気が付けば2017年1月に始めました本ブログの3周年も過ぎておりました(^^;)
ここまで続いたのもお越し下さる皆様のおかげです。ありがとうございます m(_ _)m 今後、仕事やその他いろいろとバタバタしてどれほど更新頻度や内容を維持できるか分かりませんが、あまり気張らず長く続けていければと思っております。
コメントなど頂けますと、引き続きブログを継続していく力になります。拍手コメントも誠にありがたいのですが、なかなかチェックできず、どうしてもお礼が遅くなってしまい、申し訳ございません。差し支えなければコメントの方にも頂けますと、よりうれしく思います m(_ _)m

      *      *      *

本ブログのカテゴリは主に

1.神社仏閣、御朱印
2.博物館・水族館・動物園
3.SF(SF以外のフィクションも強引に含めたり)

の3つがメインになっていますが、頂戴する拍手やコメントから、SFカテゴリがいちばん反響が頂けますような気がしています。
確かに御朱印などは私よりもはるかに詳しく迅速でたくさんの情報が盛り込まれたブログが数多くありますし、博物館などは(他のレジャーに比べると)どうしても需要が少ないということもあるかも知れません。ワタクシ的に個性を発揮できるのはやはりSFぐらいかなあ、とは思いますが……

やはり博物館を愛する者としては、できるだけ多くの人に知ってもらいたい。またSFでも、これまでにも書いていますようにネット上にほとんど情報の無い名作もありますが、そうした作品も知ってもらいたい。そんなきっかけになれば、望外の喜びです。

      *      *      *

ブログをやっていて思うのは、一度アップした記事も、その後からアップする記事によってどんどん後ろへ-つまり過去へと追いやられていって、なかなか顧みられなくなってしまうことです。
ブログにせよツイッターにせよ、現在のSNSはアップしたその時だけのものという、何となく「刹那的」な感じがします。
ある方のツイッターでは、SNSにアップすることを「ネットの海に投げ棄てる」と自虐的に書いておられまして、なるほどなあ、と感じたことがあります。実感としてはどんどん過去へと押し流されていく点で「河」が近い気もしますが、広大無辺で何でも呑み込んでしまうネットはやはり「海」という形容がよりふさわしいのかも知れません。
また「現在」だけがはっきりしていて、過去も未来もどっちにあるのかさえ定かではなくなっている点からも、流れる方向がはっきりしている「河」よりも「海」に近いかも知れません。

というのも、ネット情報の困った点としては、何か調べたくて検索しても、それがいつの情報なのか分からない時があること。例えばイベント情報を検索して、ヒットしたページをよくよく読むと、数年前の記事だったり……。そんなこともあって、ここでは日付を入れる時は年も入れるようにしています。
またツイッターはやっていませんが、人様のツイッターはよく拝見しています。ただこれも、どうも記事が時系列に表示されていなかったり、いつアップされたものかよく分からなかったりすることがあります。
現在のシステムではやむを得ないことかも知れませんが、「刹那的」で「現在」だけがはっきりしているネットも、もはや「現在」さえあやふやになってきているような気がします。

      *      *      *

20年以上前からコンデジを持ち歩き、よく撮るものの一つに「空」があります。美しい朝焼けや夕焼け、不思議な形の雲、わずかの時間に現れて消える虹、空を一直線に駆ける飛行機雲……。
誰も見なくとも巨大なキャンバスに描かれ、わずかの間に消え去り、同じものは未来永劫現れない一回限りの自然の芸術。

鳳凰を連想した雲
ふと鳳凰を連想した雲。2000年7月1日撮影。

東京タワー展望台からの夕景
左から大蛇が富士山を目指しているような雲。2013年12月28日撮影。

朝焼けのうろこ雲
朝焼けのうろこ雲。2018年10月3日撮影。

中之島のうろこ雲
こちらは昼間、大阪・中之島を覆ううろこ雲。2019年8月26日撮影。

「空」という巨大なキャンパスに描かれる芸術のように、ネットという巨大な「海」に表された情報も、ほとんどは儚く消え去っていくのかも知れません。しかしすべてはこの世に人々が生きた証、全ては無理にしても、何らかの形で残されていってほしいものですね。


プロフィール

へろん&しろ

Author:へろん&しろ
へろん(♂)としろ(♀)の夫婦です。国内旅行記や趣味のことなどを徒然なるままにつづっています。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR