FC2ブログ

麒麟がくる・・・!?


みさき公園のキリン
2020年閉園した大阪・みさき公園のキリン。2019年9月14日撮影。

このタイトルでこの写真を載せると、「いやそっちじゃなくて」と思われるでしょうけど、あながち無関係ではないのですよ。
このキリン、なぜ「キリン」という名前かと言いますと、一説によると1907年(明治40年)、石川千代松・上野動物園館長がキリンを買い付けた際、予算よりもはるかに高かったため、「伝説の麒麟が手に入った!」みたいな感じで説得したのだ、とも言われているようで……。
そうしますと当時の上野はまさに「麒麟がくる」!という状況だったのかも(^^)

ただし、世界史で有名な鄭和の大航海のうち、1417~1419年の第5次航海で連れ帰られたキリンが「麒麟」と呼ばれたり、日本でも江戸時代に複数の博物学者がキリンを「麒麟」と著しており、石川館長が「キリン」と名付けた、という俗説は否定されているようです(「ジラフがキリンと呼ばれた理由 -中国の場合、日本の場合(麒麟を巡る名物学 その一)」(湯城吉信,2008)

鄭和の大航海といえば、それを描いた星野之宣先生の『海帝』が2018年から『ビッグコミック』に連載中ですが、いずれキリンも登場するかな?(^^)

      *      *      *

さて。
もう出遅れた話題になってしまいましたが、2021年2月7日、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』が最終回を迎えました。
『麒麟がくる』は最初の数回でいろいろと違和感を感じてその後観ていなかったのですが、もともと明智光秀には何となくシンパシーを感じるので、かの本能寺の変をどのように描くのか、という興味から、最終回だけを観ていました。

岐阜駅前の織田信長像
岐阜駅前の織田信長像。2019年7月24日撮影。

織田信長は確かに戦国大名の中でもずば抜けて有名で、人気もあります。世の中を変える変革の力、能力主義の人材登用はすごいと思うし、理想の上司なんかのアンケートでも上位にランキングしています。でもわたしゃヤだよ、あんな気性が激しくて気まぐれで一方的なのは(どこまで史実かはもちろん分かりませんが)。

織田信長に対する明智光秀の乱を、変革に対する保守派としての抵抗とみるか、あまりに横暴な独裁者へのやむなき抵抗とみるかで、光秀の評価は分かれるところだと思います。
たぶん、どちらの要素もあったのでしょう。
個人的には、光秀自身は後者の気持ちがあり、そこに周りの前者の思惑が乗っかって引き起こされてしまったのだろうと思っています。

もしもタイムマシンにでも乗っていって、どちらだったのか訊くことが出来たら、たぶんこう言うでしょう。

「是非もなし」

      *      *      *

実際のところ、「是非もなし」(是非に及ばず)というセリフや弓矢をつがえて応戦するシーン、『麒麟がくる』でも描かれていたものの、創作であって史実ではないという説もみられます。
いずれにせよ日本史の中でもずば抜けて有名な場面であり、だからこそ私同様、この場面だけでも観た、という方も多いでしょうね。

NHK大河ドラマはそれほど熱心に観た作品はあまりないのですが、『軍師官兵衛』は珍しくほとんど観ていました。
黒田官兵衛は自身がトップになるよりも参謀タイプだったのが、関ヶ原の合戦時に九州で挙兵し、初めて天下を目指したものの、関ヶ原の戦いが予想よりもはるかに早く終結したため、兵を引きあげた……というところにものすごく惹かれます。『麒麟がくる』でもかの「中国大返し」で黒田官兵衛が登場しないか、期待しながら観ていました。

……が、『麒麟がくる』ではすごくあっさりと、羽柴秀吉がさらっと決断していましたね。残念(T_T)

      *      *      *

本能寺の変の一因としてかねてより取り上げられる、徳川家康の饗応の場で光秀に対し理不尽にブチ切れる信長。かと思うと、その後で「気にするな」と何食わぬ顔で言い放ったり。

史実かどうかはともかく、実際いるよなあ、こういう困ったヤツ……。

と思ってたら、セリフの中だけですが、四国の長宗我部元親の名前が挙げられます。

長曾我部元親公銅像
高知・若宮八幡宮の長宗我部元親公銅像。2019年1月2日撮影。

近年は本能寺の変の原因として、この四国にまつわる戦略変更が原因ではないか、とも言われているそうで。

その後の本能寺の変に至る過程を観ていると、何だか誰もかれもが寄ってたかって光秀を「本能寺の変」へと駆り立てていくようにも見受けられました。
ところがいざ起こってしまうと、光秀に味方するはずだった誰もかれもが沈黙。

何でやねん。
極めつけは、正親町天皇の「見守るだけぞ、見守るだけぞ……」というセリフ(本能寺の変より前の場面ですが)。

何だかね。極めて日本的な悪いところを見せつけられたような気がします。
ずうっと昔、まだ若い頃(学生時代だったかな?)に観た、もはやタイトルもストーリーも覚えていないドラマでの、こんな一シーンが記憶に残っています。

「彼」(何かの容疑者?)について警察から問われた女性が、「彼」のことをこんな風に語ります。

会社(たぶん今でいうブラック企業だったんでしょう)への問題解決要求のために労働組合を立ち上げる、そのために決起しよう、とみんなで言っていたくせに、いざ集会の日となると、やって来たのは彼一人だった。
たった一人でやって来た彼は会社に目をつけられて……

覚えているのはこれだけで、その他には何一つ覚えていないのですが、強烈な印象となって記憶に残っています。
たぶん、悔しいけどそんなこともあるよなあ、世の中そんなもんだよなあ、と当時から思っていたのでしょう。

歴史に「もしも」があったら……織田信長が本能寺の変で討たれていなかったら、というSFは結構多いですね。でも私は明智光秀や黒田官兵衛にシンパシーを感じますので、光秀が「三日天下」に終わらず天下を取っていたら、黒田官兵衛が九州挙兵をきっかけに天下を取っていたら……そんなストーリーを見たいし、できればいつか書いてみたいものです。


関連記事:
 京都市中京区・本䏻寺(本能寺)
 高知県高知市・若宮八幡宮

スポンサーサイト



おみくじの話。

2021年の正月はコロナ禍もあり、初詣もいつも通りとはいかない状況でしたが、皆様いかがでしたでしょうか。
神社仏閣ではおみくじを引かれる方も多いと思います。私は以前は初詣で行った時に引いて、良い結果だったら 「よし、今年の運はこれで確定」 と都合良く解釈して、その後は引きませんでした。しかし近年よくお詣りさせて頂くようになってから、御朱印だけでなくその他の授与品も気になるようになってきました。

動物モチーフのおみくじいろいろ
特に、もともとバードウオッチングや動物園が好きなため、こうした鳥や動物がモチーフのおみくじをよく頂くようになっています。

2020年末はコロナ下にあって初詣の混雑分散のため、年が開ける前でも初詣として有効、ということが言われるようになっていました。
それに乗ったわけではないのですが、年末に所用で出かけた際、その近くの神社にお詣りし、動物モチーフのおみくじがあったので頂いてきました。

運勢は「大吉」。やっぱりうれしいものです。

そして2021年正月。さすがに三が日は避けて、4日に近所の神社に行ってみました。こちらの神社、それほど有名ではないのですが、三が日はこの世情にあっても結構な行列が出来ていたものの、4日ともなると空いていました。
お詣りを済ませて、おみくじを見ます。
例年はあるであろう、おみくじの筒はありませんでした。おそらくは不特定多数の人が触るので、感染対策で避けたのでしょう。代わりに、手を差し込んでおみくじをつまみあげる形になっていました。
本来の初詣ということで、引いてみます。

おお、「大吉」! 2回連続ということで、今年は期待できそうです。

……ん? この文面、どこかで見たような気も……

帰宅して、持ち帰ったおみくじをしげしげとながめます。そして年末に引いたおみくじを取り出してみると……

30キロ離れた別の神社で別々の日に引いたおみくじ
2020年12月30日に引いた動物モチーフのおみくじ(右)と、2021年1月4日に引いたおみくじ(左)が……まったく同じ文章!! デザインや改行位置は違いますが、内容は一語一句同じ!!
ちなみにこの2つの神社は、直線距離で30キロ以上離れています。
いや、これはびっくりした……(@o@)

おみくじを制作している会社というのもあって、トップの会社は7割ぐらいのシェアを持っているそうなので、ありうることなんでしょうが、こうなる確率はかなり低いと思われます。
よっぽどこの内容に縁があるというか、当たってるということなんですかね(^^;)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

東京都品川区・蛇窪神社

2020年2月4日。
その前年、2019年5月より本格的に始めた転職活動もすでに10ヶ月目。書類選考で何十社も落ちまくり、やっと書類選考を通過した数少ないうちの一社の面接が、東京でありました。
面接は午前中で終了し、今回お世話になっている転職エージェントの方にも電話報告して、あとはすぐに帰っても良かったのですが、せっかく東京まで来たのだから、と気分転換もかねて途中の何ヶ所かに寄り道することにしました。
そうしてお詣りさせて頂いた一つが、この蛇窪神社です。

もともとの名称は「天祖神社」で「蛇窪神社」は別称でしたが、2019年(令和元年)、「蛇窪神社」を通称表記に格上げされたそうです。

蛇窪神社大鳥居
大正時代初期に檜の大鳥居が建立され、1945年(昭和20年)の大空襲で本殿や樹々も焼失する中、大鳥居のみが戦禍を免れたそうです。1974年(昭和49年)には銅で修復されましたが、2018年(平成30年)に安全性を考慮して惜しまれつつも解体。現在の新檜の大鳥居は、蛇窪神社鎮座七百年記念事業の一環として、2019年(令和元年)に建立されたものだそうです。

蛇窪神社手水舎(2020年2月)
2月はまだ新型コロナの影響が深刻化する前で、手水舎も普通に使えました。

蛇窪神社拝殿

1322年(元享2年)、武蔵国一帯が大旱魃に見舞われた際、龍神社に雨乞いの祈願を行ったところ大雨が降り注ぎ、危機を免れたことから、蛇窪の地に神社を勧請したのだそうです。

蛇窪神社弁天社
七福神のうちの弁財天をお祀りする、弁天社の祠。白蛇様と龍神様もお祀りしており、「巳が辰」(身が立つ)とかけて立身出世など仕事運のご神徳があるとのこと。「立身出世」の幟がひるがえっています。仕事運ということで転職の成功をお祈りさせていただきました。

撫で白蛇様
「撫で白蛇」様。2016年に奉納されたそうです。

撫で白蛇様
可愛らしいお顔でらっしゃいます。左の大きな方が雌なのだとか。蛇はどうだったか分かりませんが、一般に生物界ではメスの方が大きい例が多いですよね。

荏原七福神の絵馬
荏原七福神の絵馬。「荏原という地名を盛り上げていきたい」との思いから、実は1991年と比較的最近始められたそうです。

荏原七福神の絵馬
もう一種類、今どきのキャラで描かれた荏原七福神の絵馬が。2015年に行われた「荏原七福神キャラクターコンテスト」で誕生したキャラだそうです。

蛇窪神社大鳥居建立記念御朱印
頂いた御朱印。2019年の大鳥居建立記念で、2020年6月30日までの授与とのこと。

蛇窪神社御朱印
節分祭御朱印。そういえば節分の季節だったことを思い出しました。

街の街灯も白蛇
この辺りの街の街灯も白蛇様なんですね(^^)

さて夕方までに新幹線で帰阪し、ふと携帯を見ると、新幹線乗車中に着信が。昼にも話した転職エージェントの方からです。
……これまでの経験上、多少なりとも見込みがある場合は結果が出るまで結構時間がかかるけど、ダメな場合はダメ、と早く結果がもたらされることが多い。
まさか……でもいくらなんでも当日に結果が来るなんてことは……
きっと、何かの確認とかそんな程度の電話に違いない……

緊張しながら折り返しの電話をかけますと……

ええっ、合格!? こんなに早く!?

あれよあれよという間に2月中に二次面接を受け、無事転職が決まったのでした。
それから以降はコロナ禍もあって紆余曲折ありましたが、仕事も生活も世の中もやっと落ち着き始めた7月。
お礼詣りで、もう一度蛇窪神社にやってきました。

蛇窪神社手水舎(2020年7月)
この時はすでにコロナ対策で手水舎に水はなく、消毒液が設置されていました。

蛇窪神社御朱印(2020年7月)
やはりというか、御朱印も書き置き対応。

蛇窪神社夏詣御朱印
7月1日から15日までの夏詣御朱印を頂きました。

社殿にはお詣りできたものの、御鎮座七百年記念事業の一環として4月より弁天社改修工事が始まっており、弁天社と撫で白蛇さまにはお詣りできませんでした(御神体は本殿内にお遷りいただいているとのこと)。

この冬は折しも再度の緊急事態宣言もありなかなか行けませんが、世の中が落ち着いて工事も無事済んだ頃には、もう一度お礼詣りにおうかがいしたいものです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

謹賀新年 - 2021年 火星、遥かなり

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m

2020年は世界ではコロナ禍、個人的にもこの歳にして初めての転職という、激動の一年でした。2021年はどうか平和な年でありますように……
公私ともに相変わらずバタバタでブログ更新ペースが低下していますが、お見捨てなきよう引き続きよろしくお願いいたします。

      *      *      *

ついに2021年。21世紀になってから実に20年です。この2021年を舞台としたSFをちょっと調べてみましたが、意外と(?)少ないですね。
アメリカ映画『ミッション・トゥ・マーズ』(2000)は、2020年6月の第一次火星探査計画のクルーたちの送別会から始まります。その13ヶ月後、といいますから2021年7月、火星で事故に逢う第一次調査隊。そこで第二次火星探査隊を救出隊として派遣します。ということは、そこからまた半年以上かかると、2022年? まあ大体2021年あたりを舞台にした作品、ということで……
公開当時の評価は低かったようで、たしかTVで観た記憶がありますが、あまり印象に残りませんでした。
かつて話題になった火星の人面岩とか、パンスペルミア説(地球の生命は宇宙からもたらされた、というやつ)とか面白いネタは散りばめてあるのですが、全体的に既視感というか意外性がないというか、目新しさが少なかったという感じだったでしょうか……。

火星と探査機《マルス3号》フィギュア
かの海洋堂からラインナップされた、火星と探査機《マルス3号》(1971年旧ソ連)のフィギュア。

火星は数あるSFの舞台の中でも、もっとも多く登場したものの一つと言っていいでしょう。そのため、火星を描いてもなかなか目新しさがないのも仕方ないのかもしれません。

火星にまつわるSFといえば、まずはH.G.ウェルズの『宇宙戦争』(1898)でしょう。火星人が未来でも過去でもない(作品発表時の)「現代」に襲いかかってくるという迫真さ。それが地球のウィルスによって全滅するという、なかなか科学的なエンディング。あのタコ型火星人は、長い間宇宙人の代名詞でした。
1938年にはアメリカで、この「宇宙戦争」をラジオドラマとして放送したところ、あまりに迫真の放送だったので、これを現実の報道だと思った人々が大勢いたのだとか。
それだけ、当時は火星に本当に生命がいるのではないか、と考えられていたのでしょう。

海外の古典SFでは、レイ・ブラッドベリの『火星年代記』(1950)が有名でしょうか。小説は出だしが馴染めず読んでないのですが、映画版ではラストでこれから「火星人」として生きようと誓った主人公が、ロケットを爆破するシーンが印象に残っています。
フレドリック・ブラウンの『火星人ゴー・ホーム』(1955年)では、火星人と称する緑色の小人が世界中に出現し、国家機密も個人のプライバシーもおかまいなしに、あらゆることをばらしてしまうので、世界中がどうしようもない混乱に陥ります。
そこで、世界中で火星人を「撃退」する方法が考えられます。ある人は、今後人類は火星に手を出さないことを約束しよう、と世界中に放送します。またある人は火星人を消し去る科学装置を作りだします。魔術がとりおこなわれたり、あるいは要するにこれは自分の妄想なのだ、という結論に達する人もいます。
結局火星人は消え去りますが、そのうちの誰が正解だったのかは明かされません(蛇足を承知で後書きに明かされてはいますが、むしろ明かされないままの方が面白いと思います)。

日本の火星SFというと、まずは光瀬龍と萩尾望都のお二人が思い出されます。
光瀬龍の代表作『百億の昼と千億の夜』(1965~1966)を萩尾望都が漫画化されており(1977~1978)、縁の深いお二人です。

「萩尾望都SF原画展」ポスター
北九州市漫画ミュージアムで2018年3月17日から5月20日まで開催された「萩尾望都SF原画展」ポスター。
ポスターの左が『百億の昼と千億の夜』の阿修羅王、右が『スター・レッド』の徳永星(セイ)ですね。

光瀬龍作品には、火星第一の都市「東キャナル市」が何度も登場します。人々の間では火星人にまつわる伝説が語り継がれるものの、人類は火星人と遭遇せず、そして人類もまた、伝説の火星人と同様に衰退の道を……という、何とも不思議で哀愁漂う火星世界が描かれています。

萩尾望都『スター・レッド』(1979)では、火星に順応して超能力を獲得し、「火星人」となった人類と、その後入植してきた地球人との争いから始まり、後半は銀河系規模の話へと拡大します。ゼスヌセルという異星人は、過去にも滅んだ種族がいるということで「火星人」の超能力を邪悪な存在として敵視しますが、実は邪悪なだけではない、扱う者次第ではないか、という考えさせられる示唆が提示されています。

川又千秋『火星人先史』(1981)も非常に特徴的な火星SFです。遺伝子改造で知能を持ったカンガルーを労働力として火星に連れていった結果、カンガルーたちが「火星人」を名乗って人類に反旗を翻すという、驚くべきストーリーです。

      *      *      *

最初に書きましたように、今年は21世紀に入って20年です。子どもの頃は21世紀とは遥かなる未来の代名詞でした。21世紀初頭には火星は開発され、何ならもうコロニーの一つもできてるんじゃないか、とさえ思っていました。
現実にはやっと無人探査機が送り込まれる段階ではありますが、それでも夢に向かって、未来に向かって着実に歩を進めていることには違いありません。

日本はまだ20世紀の1998年に火星探査機《のぞみ》を打ち上げました。《のぞみ》は残念ながら火星軌道投入に失敗しましたが、この時の知見は《はやぶさ》に活かされています。
2020年は地球と火星の軌道の関係が適切だったため、アメリカの《Mars 2020》、中国の《天問1号(Tianwen 1)》、アラブ首長国連邦の《HOPE》と3機もの探査機が打ち上げられ、それぞれ火星を目指しています。さらに欧州・ロシア共同の《EXO MARS》も計画されていましたが、これは2022年に延期されたそうです。
ちなみにアラブの《HOPE》は日本のH2Aロケットに搭載され、2020年7月20日、種子島宇宙センターから打ち上げられました。

今年、2021年にはこれらの探査機が火星に到着する予定です。遥かなる火星にもまた一歩、人類が近づく年になってほしいものです。


関連記事
謹賀新年 - 2020年といえば・・・
2019年はブレードランナーの夢を見るか?
謹賀新年 - 小松左京の描いた2018年

京都市中京区・本䏻寺(本能寺)

京都市役所の近く、寺町商店街に面した本能寺はあの「本能寺の変」があったことで、日本のお寺の中でもおそらくトップクラスの知名度ではないでしょうか。特に今年、2020年はNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(見てないけど…… ^^;)で相当盛り上がっていたのではないかと思います。
ところでこの『麒麟がくる』、コロナ禍で放送休止になった間の特番タイトルが『麒麟がくるまでお待ちください』だったのはなかなか良いセンスでしたね(^^)

タイトルのようにこちらでは「本䏻寺」という文字を使っていますが、これは戦乱や災難によって5度の焼失、7度の再建を繰り返してきたため、「ヒ(火)」が去るように、と「能」の右側の二つの「ヒ」を「去」に替えた文字を使用しているのだそうです。

本能寺表門
本能寺はかれこれ二十年ほど昔に行ったことがあるのですが、2020年1月12日に友人と京都に出かけた際、私が御朱印巡りをしているのを知っていて、その友人の提案でお参りすることになりました。

本能寺本堂
織田信長の墓や、本能寺の変の前夜に突然鳴き出して異変を知らせたという「三足の蛙」を模した香炉が展示される宝物館など、いろいろと見所があるのですが、この後行くところがあって本堂にお参りしただけで、滞在時間はごくわずか(T▽T)

本能寺寺務所
御朱印を頂きに寺務所へ向かいます。若い女性の方が多いなあ、と思っていると、寺務所入り口の左右にイケメンキャラのパネルが。何かのゲームとかですかね?

寺務所近くに貼られてあった墨絵
寺務所近くに掲げられていた、こちらはシブい御姿。その場におられた関係者の方に許可を頂いて撮影させて頂きました。

本能寺の日蓮聖人像
表門そばの日蓮聖人像。

本能寺御朱印

頂いた御朱印。左下の「本能寺」が、「能」のつくりが「去」になってますね。

      *      *      *

さて。
本能寺といえば、初めに書きましたように「本能寺の変」。
これに関連して話題になったのが、兵庫県福知山市が作成した「謀反に関するお知らせ」ハガキ(!)。

「謀反に関するお知らせ」ハガキ

明智光秀が謀反を告げるのが、銀行やお役所などの「大切なお知らせ」ハガキのパロディになってます。
表には「必ずご開封の上、内容をご確認ください」と書いてあるのですが、裏返すと「開封されますと謀反に同意したと見なされますのでご注意ください」……うう、同意しないと内容を確認できないなんて……(T▽T)

で、開封しますと「平素は当家への格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます」「記載されている内容をご確認いただき、謀反へのご準備ならびにお心構えをお済ましの上、当日のご参戦をお願いいたします」とあり、準備するものとして武器や防具の他に松明や軽食まで挙げている芸の細かさ。

「謀反に関するお知らせ」ハガキ

さらに注意として「怪我、討ち死にされた場合について、当家では責任を負いかねます」とか「長期政権を保証するものではございません」とか……極めつけは「謀反コード」!
いや、これは笑えました。
このハガキは2020年5月に福知山市と福知山光秀プロジェクト推進協議会が実施したオンライン投票「本能寺の変・原因説50総選挙」に投票した人の中から抽選で送られました。その後、福知山市へのふるさと納税の返礼品にもなり、私はこちらで入手しました(^^;)
こういうパロディ、遊び心はこれからももっと生み出されていってほしいものです。

ところでその「本能寺の変・原因説50総選挙」ですが、こちらの記事によると、怨恨や野望ではなく、信長の非道を許せず正義のために討ったとする「暴君討伐説」が1位になったそうです。個人的には何らかの陰謀が背後にあったのでは、という気がしますが、大河ドラマの中でも珍しく見ていた『軍師官兵衛』などを見ますと、「暴君討伐説」もありそうな気もしますね。
タイムマシンでもない限りおそらく真相は分からないでしょうが、それだけにいつまでも人を惹きつける題材であり続けそうです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

プロフィール

へろん&しろ

Author:へろん&しろ
へろん(♂)としろ(♀)の夫婦です。国内旅行記や趣味のことなどを徒然なるままにつづっています。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR