明日は明日の雨が降る

へろんです。
うちの会社は8時30分から5時までで、従来は6時、7時頃まではわざわざ残業申請しなくても、残務処理や明日の準備で何やかやと忙しかった。
それがどうしたことか、半年ぐらい前から、5時を過ぎるといきなり仕事をするな、とっとと帰れ、と言い出し始めた。
別に好き好んで遅くまでいるわけではないし、帰れるものならとっとと帰りたい。
だけど、やることがあるからその分時間がかかってるんだ。

仕事の量が変わらないのに、早く終われ、だと??

要するに仕事の密度を上げろ、ということだ。
これまでさぼっていたわけでもないのに、同じだけの時間内にさらに仕事を詰め込め、というわけだ。

今日予定していた分がどうしても5時までに終わらなければ、「すみませんが○○をやらなければならないので残業させてください」と申し出る。
その時上の方がいう言葉の一つ。部下対応マニュアルでもあるのだろうか、複数から同じことを言われたことがある。

「それは今日中でないといけないのか? 明日ではだめなのか?」

そりゃあ明日でもできるだろう。

だけど、明日は明日の雨が降る

今日降り注いだ仕事という名の雨水を、今日中にはいておかなければ、明日にはまた新たな雨が降り注ぎ、いずれは決壊するだろう。

雨で増水した川

昨今流行の「働き方改革」によれば、「長時間労働」を抑制して「生産性の向上」を目指すことが求められるらしい。
確かに一月に何十時間も過酷な残業を強いられている会社や業界で改革を目指すことは、大きな意義があるだろう。だけど、それと5分10分過ぎたからと言って仕事をやめろ、とっとと帰れ、と口うるさく言うのとは、何か違うのではないか。
時間が過ぎたから仕事をやめろと言ったって、残った仕事は誰がやってくれるのか。結局こっちがやらなきゃいけないじゃないか。明日が余計にしんどくなるだけじゃないか。
「働き方改革」の背景には「深刻な労働力不足」があるという。労働力が不足しているのだから、今抱えている仕事を誰かにやってもらったり分担してもらうことはできないということになる。実際、今の職場は人手不足だ。昨年まで二人でやってた内容を一人でやってるので、余計に定時で終わることなんてできるわけがない。
あとは分かった風な顔をして「効率化」を言う輩もいる。効率化なんてできることはもうやっている。そもそも、下っぱの仕事の成果のみを見て、その過程でどれほどの手間がかかっているのか知りもしないのに、どこを効率化しろと言うのだ。やれるものなら自分でやってみてほしい。

最近の嫌なCMの一つに、メ○シャキがある。メ○シャキを飲んだサラリーマンが、机の両側に積み上げられた書類をものすごい勢いで処理して、「できました」と去っていくのだ。
要するに、5時までに仕事を終わらせるために、そんな風にしろ、と言ってるのではないか、今の「働き方改革」は。
眉村卓の「C席の客」(1973年)はサラリーマンの習性を皮肉ったり悲哀を描いたショートショート集だが、その中にライバル会社に勝つために薬物でどんどん脳を活性化させていき、その代償として、薬の切れたアフターファイブは反動でだらーっと呆けてしまうサラリーマンの話がある。そんな世の中にだんだん近づいているような気がする。

「C席の客」表紙

かつて日本では「ゆとり教育」がもてはやされた時代があったが、それが行き過ぎたからと言って批判や見直しが議論され、「脱ゆとり教育」なんてものまで言い出されるようになった。
またその昔「24時間働けますか」なんてコマーシャルが流行った時代もあったが、実際には誰もそんなに極端に長時間働きたいなんて思わない。そんな極端な風潮の揺り戻しの結果として「働き方改革」にまで行きついたのだろうが、その「働き方改革」も、いずれまた行き過ぎたからと言って揺り戻しの時代が来るのではなかろうか。
どうしてこの国は何か言い出すと極端に一方に偏り、そして振り子のようにまた大きく反対側へ振れるようなことを繰り返すのだろうか。

雨雲の向こうに垣間見える虹

降り続く仕事という雨の向こうに、雲の切れ間はあるだろうか。虹はかかっているだろうか。
あるかも知れないが、頭上からは明日も仕事の雨が降り続く。足元にはこれまでに降った雨水が溜まっている。なのに5時が近づいてくる。この水をはかせる時間は、一体いつになったら取れるのだろうか。

すみません、今回は愚痴ってしまいましたm(_ _)m

スポンサーサイト

大阪市中央区・少彦名神社

へろんです。
生國魂神社と同じ日、こちらでも干支御朱印が頂けるとのことで、少彦名神社にもお詣りしてきました。
薬品関係の会社が多い、薬の町として知られる道修町(どしょうまち)に鎮座しており、日本医薬の祖神である少彦名命(すくなひこなのみこと)と、中国医薬の祖神である神農炎帝(しんのうえんてい)をご祭神とすることから、医薬に関わる会社・関係者の信仰が厚い神社です。

少彦名神社入り口
オフィス街のただ中にある入り口から、細い参道を入っていきます。

展示されている家庭薬
参道には有名な家庭薬が展示されています。説明に各国語があるのに英語がないというのも珍しいですね・・・?

お馴染みの社名が入った提灯
医薬関係の会社の名前が入った提灯が並んでいます。お馴染みの社名もありますね。

少彦名神社手水舎


少彦名神社拝殿


えびす祭限定御朱印を待つ人の列
御朱印は10時から、とホームページにあったのですが、10時までまだ時間があるにもかかわらず、かなりの列が出来ていました。この列に並ばないといけないのかな、と思っていると、社務所で「この列はえびす祭限定御朱印の列です」と説明しているのが聞こえました。えびす祭限定御朱印以外は並ばなくとも頂けるとのこと。

少彦名神社通常版御朱印
ということで頂けた、通常版の御朱印。



少彦名神社干支御朱印
1月限定の干支御朱印も同時に頂きました。犬の朱印が素敵です。



少彦名神社えびす祭御朱印
そしてこの後、列の後ろに回って、えびす祭限定御朱印(書き置きのみ)も頂きました。「宮司が手彫りしたえびす神と鯛、五葉の笹を配した」ものだそうで、8日から12日まで各日限定80体。10日の御朱印は鯛が金色になるそうですが、平日なので無理ですね。

少彦名神社の福銭
先着30名には福銭の授与もあるとのこと。列が長かったのですが、幸い頂くことができました♪

少彦名神社のペット祈願絵馬
ペット祈願の絵馬もありました。このあたりには動物用医薬品メーカーなどペットに縁のある企業もたくさんあるそうです。

少彦名神社公認キャラクター「神農さま」
そして何と神様のゆるキャラが。
どうやらインクロム株式会社(大阪の新薬開発時の治験支援会社)によるキャラクターのようです。ご祭神の神農氏をモチーフとし、少彦名神社公認(!)のキャラクターなんだとか。こちらの同社のプレスリリース記事の中に「くすりのキャラ大集合」という記事が掲載されています。

少彦名神社入り口の看板
入り口そばにある別称「神農さん」の看板。この看板にも描かれた「張子の虎」(神虎)がお守りとして有名です。1822年(安政5年)、大坂でコレラが流行した時、道修町の薬種仲間が疫病除けの薬として「虎頭殺鬼雄黄圓」(ことうさっきうおうえん)という丸薬を調合し、あわせて「張子の虎」のお守りをつくって、少彦名神社で祈祷して施したことに由来するそうです。
「くすりの道修町資料館」は神社のすぐ隣にあるのですが、この日は休館日でした。いつかこの資料館も訪れたいものです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

大阪市天王寺区・生國魂神社

へろんです。
1月8日、一月限定の干支御朱印が頂ける、大阪の生國魂神社にお詣りしてきました。

生國魂神社鳥居


生國魂神社手水舎


生國魂神社手水舎の龍
手水舎では立派な龍の口から水が。

生國魂神社拝殿


生國魂神社の戌の大絵


生國魂神社の戌絵馬
戌の絵馬も可愛いです。

おみくじが掃き集められてます
みくじ結びから外された?おみくじが掃き集められてました。

干支御朱印の案内


生國魂神社御朱印所
去年はなかったプレハブの御朱印所が。

生國魂神社の干支御朱印

今年2018年、戊戌歳の干支御朱印。
干支御朱印は去年初めて頂きました。よろしければ去年の記事もあわせてご覧ください。これで2つ目、干支は十干と十二支を組み合わせた60種類で一回りするので、干支御朱印はあと58種類! 元旦の記事で50年後の世界はいったいどんな世界になっているのだろう、と書きましたが、ほんと干支が一回りする頃って、どんな世の中になっているのでしょうね。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

和歌山県・串本海中公園

へろんです。
和歌山旅行の帰りは海沿いに西へと進み、締めくくりに串本海中公園へ立ち寄りました。
実は串本海中公園はもう何度も来ているお気に入りのスポットです。

串本海中公園水族館の入館記念カード
串本海中公園水族館の入り口では記念写真撮影があり、カードにプリントされた小さめの写真は無料でもらえます。大きな写真は1200円ですが、実は来るたびに記念にこの写真を買っており、並べてみると自分の変遷が白日のものに……(◎_◎;)

水族館では約500種、5000点の生き物たちが展示されています。

串本の海 大水槽
入り口近くにある「串本の海 大水槽」。大小色とりどりの魚が泳いでいます。

串本の海 大水槽


串本海中公園水族館のサクラダイ
サクラダイ Sacura margaritacea
生まれたときは全てメスですが、成長するとオスになる、性転換する魚。主に南日本沿岸に分布し、長い間日本の固有種と考えられていましたが、近年パラオ近海などでも確認されているのだとか。

串本海中公園水族館のモンハナシャコ
モンハナシャコ Odontodactylus scyllarus
正面から見た写真。全身を撮れれば良かったのですが、全身カラフルな綺麗な色をしています。ハンマー状の捕脚から繰り出されるパンチの威力は強力で、アサリの貝殻などは簡単に割ってしまうそうです。水槽に入れておくと、その水槽のガラスを叩き割ってしまうという話も聞きます。

串本海中公園水族館のニセゴイシウツボ
ニセゴイシウツボ Gymnothorax isingteena
約2メートルにも成長する、ウツボの中でも最大級の種類だそうです。碁石状の斑点が特徴ですが、この斑点、口の中にもあるんですね。

串本海中公園水族館のショウグンエビ
ショウグンエビ Enoplometopus occidentalis
全身に長い毛が生えているのが特徴。採取されることが少ない珍しいエビだそうです。


串本沿岸海域には約120種類ものサンゴが生息しており、熱帯魚類をはじめ多くのサンゴ礁性動物が見られます。北緯33度30分という北にありながら、熱帯性生物群集が豊富にみられる貴重な場所であることから、2005年11月ラムサール条約に登録されました。

串本海中公園で見られるサンゴ
串本で多く見られるサンゴの標本。クシハダミドリイシ Acropora hyacinthus というサンゴ(写真中央左)がいちばん多いそうです。

串本海中公園ではウミガメの保護にも力を入れており、産卵・飼育・生態研究に取り組んでいます。1995年8月、世界で初めて飼育下でアカウミガメの繁殖に成功。2010年9月には世界初の飼育下での繁殖によるアカウミガメ孫世代(F2)が誕生しています。

串本海中公園で生まれたアカウミガメの赤ちゃん
2017年8月に人工産卵場で生まれたアカウミガメの赤ちゃん。生まれた時の甲羅の長さは4.5センチ、体重は20グラムしかないそうです。

串本海中公園で生まれたアオウミガメの赤ちゃん
こちらは同じく2017年8月に生まれたアオウミガメの赤ちゃん。生まれた時の甲羅の長さは4センチ、体重は30グラム。アカウミガメよりも一回り大きいんですね。

串本海中公園のウミガメプール
屋外のウミガメプールには大きな成体のウミガメが悠然と泳いでいます。餌やりもできます。

串本海中公園水族館のバックヤード
水族館の裏側(バックヤード)が覗けるコーナーもあります。こんな風に餌を準備しているんですね。

そして今回の特別展はアーケロンプロジェクトで製作された、アーケロンの実物大彫刻模型。

アーケロンの実物大彫刻模型
アーケロン Archelon sp.は中生代白亜紀後期に北米に棲息していた史上最大のウミガメ。やはりでかい!

アーケロンの実物大彫刻模型
2019年12月29日まで展示されているそうです。

実物大彫刻模型の説明板


アーケロン生体模型
こちらは海洋堂専属造形師の古田悟郎氏が制作したアーケロン生体模型。

串本海中公園水族館の水中トンネル
1250トンの水槽を通る、長さ24メートルの水中トンネル。1988年、日本で2番目にできたものだそうです。

半潜水型海中観光船ステラマリス
半潜水型海中観光船ステラマリス
船内には水面下の展望窓があり、海中を観察することができます。この船にも何度か乗っているのですが、手持ちのデジカメではきれいな写真がなかなか撮れません(泣)

串本海中公園20170104
海中展望塔
140メートル沖合にあり、水深6.3メートルの海底の光景が観察できます。

海中展望塔からの光景


海中展望塔から見えるグレの大群
メジナ(グレ)の大群が間近に観察できます。グレは本来は警戒心の強い魚なので、こうして大群を間近で見ることができるのは珍しい光景だそうです。

海中展望塔の窓によって来る魚
窓のすぐそばまで魚が寄ってくることもあります。

この串本海中公園は本州の最南端にあって、やはり海の景色の違いが感じられます。来るたびに新しい展示もあり、飽きることのない施設です。


にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

和歌山県田辺市・熊野本宮大社

へろんです。
2018年1月3日、ちょうど1年ぶりに熊野本宮大社にお詣りしました。

熊野本宮大社大鳥居
今年は御創建二千五十年、すなわち第10代崇神天皇65年(紀元前33年!)に旧社地大斎原へ鎮座してより2050年と節目の年です。

熊野本宮大社参道
去年よりも時間が早かったので、まだ空いていました。

熊野本宮大社神門


熊野本宮大社本宮


熊野本宮大社の本年の一文字
本年の一文字は「叶」。何事もプラス思考に、という意味も込められているそうです。ちなみに去年の一文字は「励」でした。ニュースで報道される「今年の漢字」よりも良い文字が選ばれているような気がします。

熊野本宮大社の戌の絵馬
戌の絵馬も可愛い♪

熊野本宮大社の戌みくじ
戌年にちなんだ可愛い戌おみくじもあり、引いてみることに。妻は手にしているものを「ポテト♪」と言ってました(笑)

戌みくじは中吉
おみくじは「中吉」。「何事も運に任せ思い煩うな」。ふーむ……。学問は「怠れば危うし」。肝に銘じましょう。恋愛は「相手に浮気心あり」。……え??

熊野本宮大社御朱印
去年の御朱印にはなかった「御創建二千五十年」の文字が入っています。
御朱印を頂き始めてから1年。この間に御朱印帳は3冊目になりました。

御創建二千五十年特別御朱印
そして金文字で書かれた御創建二千五十年特別御朱印も頂きました。
熊野本宮大社HPの二千五十年記念品リストによれば、「熊野の空と海をイメージして選んだ紺紙に金文字で書かれる特別な御朱印」とのことです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR