和歌山旅行2018 湯の峰温泉

しろです。
和歌山旅行の宿泊は湯の峰温泉の「湯の谷荘」です。

湯の峰温泉「湯の谷荘」


湯の谷荘入り口
こちらは正面玄関です。花とタヌキがよく似合っていました。タヌキの下には英語の表記もあります。よく似た民宿が複数軒あり、昔ながらの温泉街の風情があり結構にぎわっていました。

八咫烏だるま
熊野大社のマスコット(?)八咫烏をモチーフにした「八咫烏だるま」が出迎えてくれました。丸っとして可愛いんですよね。

湯の谷荘の豪華な夕食
晩御飯の料理はとっても豪華。写真は二人分です。野菜がたくさんで、味付けもごま、チーズ、など種類ごとに変えてくれていました。肉・魚もあり、お腹いっぱい。

湯の峰温泉の風景
湯の峰温泉の風景。「小栗判官蘇生の地」というのぼりが立っています。
伝説によると、「毒殺された小栗判官が閻魔大王の手で餓鬼の姿で現世に戻り、湯の峰温泉で湯治すると元の人間の姿に蘇生した」のだそうです。

湯の峰温泉の「つぼ湯」
日によって七回も湯の色が変化するといわれている、世界遺産の岩風呂「つぼ湯」。一度に入れる人数は最大でも2人程度だそうで、この時も順番を待つ人が並んでいました。

湯の峰温泉の「湯筒」
川沿いにある四角いものは「湯筒」で、90度もの熱湯が湧き出ているそうです。

湯の峰温泉の「湯筒」
注意書にも「この湯筒は約九〇度以上の高温ですので、特に子供を連れておられる方はご利用の際充分注意してください」とあります。確かに90℃は危険です。

湯の峰温泉の「湯筒」
この時も卵だか野菜だかを吊るして茹でていました。卵や野菜はみやげ物店で購入することができるそうです。

湯の谷荘の朝食
朝食です。こんなに豪華だと1日いいことがあるような気がしますね。
この後は温泉からすぐの熊野本宮大社へお詣りです。

スポンサーサイト

九州旅行2017 西大山駅と池田湖

へろんです。
JR九州指宿枕崎線の西大山駅です。小さな無人駅ですが、「JR日本最南端の駅」として観光スポットになっています。

JR日本最南端の駅・西大山駅
Wikipediaによれば、1960年の開業以来長らく日本最南端の駅でしたが、2003年に沖縄都市モノレール線が開業して、赤嶺駅にその地位を渡しました。その際「日本最南端の駅」の標柱を「本土最南端の駅」に改めたものの、「沖縄は本土ではないのか」との意見が寄せられ、2004年に表記を「JR日本最南端の駅」へ変更したそうです。

西大山駅から望む開聞岳
ホームからは見事な開聞岳がよく見えます。

西大山駅時刻表
どうせなら列車も一緒に撮れると良かったのですが、本数は一日に8本。訪れたのはちょうど列車の来ない時間帯でした。

「JR最南端の駅」看板
北緯31度11分。おお、エジプトのアレクサンドリアと同じ緯度なのか……そう思うと、やっぱり南国に来たんだなあ、と感じます。

西大山駅前の「幸せを届ける黄色いポスト」
駅前にある「幸せを届ける黄色いポスト」。指宿市の花に指定されている「菜の花」をイメージしており、投函すれば普通に配達されるようです。いぶすき観光ネットによれば、2010年に設置されたそうです。

西大山駅到着証明
駅前の売店で売っていた「駅到着証明」書。こういうのも好きなんですよね。

西大山駅前の招幸石
売店近くにあった「招幸石」。説明の看板には「台湾で発掘された「招幸石」がこの指宿山川の地に鎮座し多くの方々に幸運祈願石としてパワーを発威しています」とありました。

池田湖
次に訪れたのは池田湖。直径約3.5キロ、周囲約15キロ、最深部233メートル、約5500年前の火山噴火でできた、ほぼ円形の九州最大のカルデラ湖です。

「池田湖パラダイス」入口
池田湖畔のショッピングセンター「池田湖パラダイス」の店内にはオオウナギが展示されています。

「池田湖パラダイス」に展示されているオオウナギ
オオウナギ Anguilla marmorata
1969年に指宿市指定の天然記念物に指定されています。普通に言うウナギとは別種です。太平洋とインド洋の熱帯・亜熱帯域に広く分布し、その分布域はウナギより広いそうです。日本では利根川以西や長崎県以南に点在しているそうですが、和歌山県白浜町の富田川でも生息地を見たことがあります。看板が立っているだけで実物は見られませんでしたが。こちらは分布域の北限に近く、1923年(大正12年)国指定(1935年;昭和10年に追加指定)の天然記念物と書かれていました。

オオウナギ説明
寿命が30~50年とは結構長い。飼育下での最長記録80年(!)という記事も見かけたのですが、「ウナギ」のことなのか「オオウナギ」のことなのか分かりませんでした。

「池田湖パラダイス」駐車場のイッシー像
池田湖といえば未確認生物イッシー。1961年頃より目撃され、ネス湖のネッシーになぞらえて「イッシー」と呼ばれました。「池田湖パラダイス」の駐車場にあるイッシー像は、全身の目撃例はないので想像図のようなものでしょうが、目撃例にある「二つのコブのようなもの」は背中に再現されています。この姿は中生代のプレシオサウルスのような水棲爬虫類をイメージしているのだと思いますが、池田湖は約5500年前にできた比較的新しいカルデラ湖のため、その可能性は低そうです。
巨大なオオウナギがイッシーの正体ではないかとも言われていますが、オオウナギは夜行性で、冬眠する冬にも目撃例があるので、否定する説もあるのだとか。さらには池田湖が実は海とつながっているのではないか、とする説もあるそうで、そうなるといろんな可能性が考えられるかもしれませんね。


九州旅行2017 指宿フェニックスホテル

しろです。
指宿へ向かう途中、国道226号線沿いの「屋久杉人形」の製作工場・販売店にお邪魔しました。

製作中の屋久杉人形
1つの木から高速回転で削っていくんですね。どれほど鍛錬したらなれるのか・・・緊張の瞬間です。

屋久杉人形
樹齢1000年の屋久杉から作っているのだとか。お店の方が紙で洋服を作って人形に着せていました。大きさもいろいろあり、好みのサイズが買えます。一対買って帰りました。

この日のお宿は指宿フェニックスホテル

指宿フェニックスホテル


指宿フェニックスホテルからの眺め
ホテルの部屋からの鹿児島湾の風景。ホテルには砂蒸し温泉もあり、南国を感じます。

指宿フェニックスホテルの夕食
夕食は鹿児島の黒豚もあり、美味しい! ああ、来て良かった♡

指宿フェニックスホテルの温室
ホテル内の植物園にある温室です。大切に育てられてます。

ツマベニチョウの紹介
温室にはツマベニチョウという蝶がいるそうですが、見つけられませんでした。屋久島や奄美大島、沖縄などに広く分布する南方系の大きな蝶で、少しずつ分布を北に広げて、現在は宮崎県の日南海岸付近が北限になっているそうです。

指宿フェニックスホテルのあこうの大木
このホテルの名物の一つ、あこう(雀榕)の樹。高さ14メートル、推定樹齢200年の大木です。立派に成長しており、見ているだけでエネルギーがもらえました。

指宿フェニックスホテルの朝食
朝ご飯です。朝なのに、湯豆腐があるし、盛りだくさんで、こんなに贅沢して良いものか、と普段の自分の態度を振り返りました。

九州旅行2017 曾木の滝

しろです。
鹿児島で~す!
曾木の滝に来ました。鹿児島県伊佐市南部の川内川上流にある滝です。

曾木の滝公園の“猿”
まず目に入ったのは、駐車場近くの建物に乗っていた猿。目立ってますね。

曾木の滝の絶景
高さ12m、滝の幅は210mと広く、日本のナイアガラかと思うほど、迫力ありました。近くに立っていても水しぶきが飛んでくるのが体感できるんです。水がとてもきれいで、観光スポットもあり大変有難かったです。
私自身も浄化されました~

曾木の滝の絶景


曾木の滝の下流側
曾木の滝の下流側。

曾木の滝公園にいた猫
お店の前にいた猫さんです。すごく人懐っこくて、近くに行っても逃げません。猫ちゃんも絶景を楽しめるんですね。お土産屋さんは干ししいたけやお酒などの名産品があり、とても楽しめるエリアです。

曾木の滝かっぱ伝説の福姫かっぱ
曾木の滝公園内にある「福姫かっぱ」さんにいた河童のキャラです。曾木の滝かっぱ伝説に登場するかっぱだそうです。見ている人の人柄が丸くなるような風情です。

富山旅行2017 砺波チューリップフェア

しろです。
5月4日は、砺波(となみ)市の砺波チューリップフェアにも行ってきました。ゴールデンウィーク中に開催されるイベントで、2017年は4月21日から5月5日まで。700品種、300万本のチューリップが会場内を彩っています。

砺波チューリップフェア
公式ガイドブックには「砺波チューリップ栽培100年記念」とありました。富山のチューリップの父と呼ばれる水野豊造(ぶんぞう)が1918年(大正7年)に砺波でチューリップ栽培を始めてから、2018年(平成30年)で100年の節目を迎えるのだそうです。

チューリップタワー
会場のシンボル、チューリップタワー。

大花壇デザイン図


チューリップの地上絵
チューリップで描かれた地上絵……なのですが、この地上絵を見渡すにはチューリップタワーに登ると良く見えたようですが、あまりに人が多く並んでいたため、タワーに登るのは見送ってしまいました。
左の白い部分が、100周年を意味する「100」を表しているようです。

「花の大谷」入り口
この「花の大谷」は立山黒部アルペンルートの雪の回廊をイメージしているそうです。

「花の大谷」


一面チューリップの壁
一面上にまで、花々。

八重遅咲き系「ピンクマジック」


「富山生まれの品種」コーナー
「富山生まれの品種」コーナー。

富山生まれの品種、黄小町
品種名:黄小町。富山を代表する品種で、カムラーデ(紫花)とピューリシマ(白花)の交配により誕生したのだそうです。紫色と白色の交配で黄色が出るというのも意外な感じですね。

橋の上にもチューリップ
橋の上にもチューリップがいっぱい。

五連揚水水車
チューリップ公園と美術館の間を流れる用水を利用して設置された、日本最大の五連揚水水車。

すいげつろうホテル
宿泊はチューリップフェア会場からすぐ近くの「すいげつろうホテル」でした。お風呂は貸切ができて、私達が選んだところはお庭まで見えました。

すいげつろうホテルの夕食(一部)
夕食の一部。この後も色々とたくさん出てきました。さすが老舗の実力!

絶品ホタルイカ
富山といえば、ホタルイカ。特別天然記念物なのに食べちゃっていいの?と思いますが、「ホタルイカ群雄海面」という海面部分が特別天然記念物であって、ホタルイカそのものが天然記念物ではないので、食べることができるんですね♪

ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR