長崎の夜景と船舶

へろんです。
2018年3月24日、長崎での宿泊は「矢太樓南館」さんでした。風頭山頂にあり、ロビーからは長崎市街を一望に見おろすことができるお宿です♪

矢太樓南館

チェックインして荷物を置いてから早々に、さっそく長崎市街を見るためロビーへと戻ります。
夕暮れ迫る長崎港に、大型客船と思われる船影の姿が。

長崎港の夕景


長崎港の《クイーン・エリザベス》
デジカメの最大望遠で見ると、やはりかなり大型の客船でした。
……この船型は、もしかして……

天保山に入港した《クイーン・エリザベス》
この写真は2016年3月22日、大阪の天保山に入港した《クイーン・エリザベス》です。この時は仕事帰りにちらとしか見ることが出来なかったのですが……

後から長崎港のホームページで調べてみると、2018年3月入港予定表の24日には、確かに《クイーン・エリザベス》の名前がありました。やはりあの《クイーン・エリザベス》です!

長崎港の《クイーン・エリザベス》
30分ほどしてもう一度見ると、電飾で飾られていました。

長崎といえば、夜景も有名ですね。長崎の夜景は「夜景サミット2012 in 長崎」において、香港、モナコと並び「世界新三大夜景」に認定されたそうです。
午後9時からはホテル従業員さんによる夜景の説明があるとのことで、参加してきました。

長崎の夜景
「矢太樓南館」さんロビーから稲佐山方向を俯瞰。
んー、私の写真ではパンフレットなどでよく見る美しい夜景には足元にも及びませんね……もっと精進せねば。

長崎女神大橋を遠望
長崎港の港口にかかる長崎女神大橋。Wikipediaによれば、長崎港に大型の客船が出入りすることを考慮して、水面から非常に高い場所を通る設計になっているのだとか。横浜ベイブリッジを通過できなかった世界最大級の客船《クイーン・メリー2》も通ることができたそうです。

世界遺産「ジャイアント・カンチレバークレーン」
一般非公開のため旅行誌などにもあまり紹介されておらず、この説明で知ったのが、2015年(平成27年)世界遺産に登録された、ジャイアント・カンチレバークレーン。
1909年(明治42年)、英国スコットランドより導入され、今も現役で使用されている電動クレーンで、世界で同型は11基が現存しており、稼働している世界最古のものとして希少価値が高いそうです(「明治日本の産業革命遺産・三菱長崎造船所」説明ページより)。
あの原爆にも耐えたということですね。と思っていたら、米軍が1945年9月24日に撮影したとされる写真にこのクレーンが写っていたという記事もありました。旧日本海軍の戦艦《霧島》建造にも関わったのだとか。私事ですが、《霧島》は昔作った艦艇プラモデルの中でもっともお気に入りの船でした(^^)


矢太樓南館ロビーの置き物
ロビーに飾られた置き物の後ろに、船のプレートを見つけました。

オーストラリア海軍《シドニー》のプレート
「HMAS SYDNEY FFG 03」とあります。シドニーということはオーストラリアの軍艦でしょうか?
ということで調べてみると、オーストラリア海軍の《アデレード》級フリゲート3番艦でした。1980年に進水、2015年には退役しているそうです。《シドニー》は2002年に長崎港に入港したことがあるそうで、もしかしたらそんな時に乗組員か関係者がこちらに泊まったとかあったのかも知れませんね。

早朝の長崎港
翌朝、風頭公園から見た長崎港。

長崎港の《フォーレンダム》
……よくよく見ると、《クイーン・エリザベス》ではないですね!?

長崎港の《フォーレンダム》
後から画像を拡大してみると、「Volendam」という文字が。

2018年3月入港予定表の25日の欄には、《フォーレンダム》7:00~16:30とあります。どうやら「Volendam」というのが船名のようですね。《フォーレンダム》はオランダ船籍で、アメリカの会社が運航しています。全長238メートルと、全長294メートルの《クイーン・エリザベス》よりは小さいようですが、こうしてみるとやはり大きさを実感します。

入港予定表によれば、昨日いた《クイーン・エリザベス》の入港時間は7:00~19:00。昨夜のうちに長崎を後にしていたようです。ということは、昨日あの時間にチェックインしていなかったら、《クイーン・エリザベス》は見られなかったということですね。
船との出会いは一期一会ですね。

スポンサーサイト

桜島と鹿児島湾の船舶

へろんです。
鹿児島市の城山展望台からの眺めです。

城山展望台から望む桜島
城山は市街地の中心部に位置する標高107メートルの小高い山で、展望台からは桜島をはじめ錦江湾や鹿児島市街地を一望できます。よく見る桜島の写真はここからの光景だったのか! と納得。天気の良い日には遠く霧島や開聞岳も見えるのだとか。

桜島を眺めていると、その右手下方、錦江湾に浮かんでいるものは、もしや……!?

錦江湾に浮かぶ潜水艦
デジカメの最大望遠で見ると、やはり潜水艦でした!
艦橋と潜舵からして《おやしお》型でしょうか?

鹿児島市のまち巡りバス
城山から降りる時に前を走っていた「まち巡りバス」。右は西郷隆盛と分かりますが(にしても顎外れりゃせんかい?)、左の女性は、後から調べると篤姫のようです。何で眼鏡をかけてるんだろう……。誰かの趣味?(爆)

西南戦争の銃弾跡
私学校跡に残る、西南戦争(1877年)の銃弾跡。

噴煙が昇る桜島
鹿児島市を後にして、指宿を目指し国道226号線を南下していきます。
その途中で桜島を振り返ると、桜島から噴煙が! さすが活火山。こちらの記事などによると、「噴火は日常」なんだそうですね……。

JX喜入石油基地
国道226号線から見えた石油基地。後で調べると、場所的にJX喜入石油基地ではないかと思います。JX喜入石油基地は1967年(昭和42年)に建設された世界最大級の石油の原油の中継備蓄基地で、日本国内の石油使用量約2週間分に相当する原油735万キロリットルを貯蔵することができるそうです。

タンカー《かいもん丸》
石油基地の近くに停泊していた《かいもん丸》。2013年に進水した鹿児島船籍のタンカーで、全長246.8メートル。JX喜入石油基地から国内の各製油所へ原油を輸送しているそうです。

客船《コスタ・セレーナ》
おまけにもう一つ船の写真を。
鹿児島湾を北上していく豪華客船も、ちらとですが見えました。鹿児島港の平成29年入港予定から見て《コスタ・セレーナ》と思われます。《コスタ・セレーナ》はイタリアの客船で、総トン数 114,147トン、全長290.2メートル(てことは《かいもん丸》よりかなりでかい!)。

潜水艦、タンカー、客船とバラエティに富んだ船舶を見かけることができました。船好きとしては嬉しい限りです♪


富山県・海王丸パーク

へろんです。
富山旅行編に戻ります(^^)

高岡古城公園を出て北東に向かい、射水(いみず)市の海王丸パークを訪問しました。こちらでは引退した帆船「海王丸」(初代)が現役当時の姿そのままに保存展示されています。

海王丸パーク

Wikipediaの海王丸 (初代)のページなどによると、海王丸は神戸の川崎造船所で建造され、1930年(昭和5年)1月27日に進水。戦前に造られたんですなあ。戦時中は石炭の輸送任務に従事し、戦後は海外在留邦人の復員船として、27,000人の引揚者を輸送したそうです。引退までの59年間に106万海里、およそ地球50周分の距離を航海しましたが、1974年(昭和49年)以降は老朽化が進んだため、遠洋航海の規模縮小を余儀なくされ、1989年(平成元年)9月16日に退役。

引退後の引取先として、日本各地の自治体が名乗りを上げ、最終的に残ったのが富山県と大阪市。協議によって5年ごとに交代で富山新港と大阪港で交互に係留することになったそうです。まず1990年(平成2年)より富山新港に係留され一般公開が始まりましたが、1994年(平成6年)になって大阪市は別の帆船を誘致することを決定し、海王丸は富山新港に恒久的に係留されることとなったのだそうです。

大阪市の別の帆船って……もしかして、この頃に就航したものの、2012年当時の橋下徹・大阪市長によって切り捨てられた帆船「あこがれ」のことではないだろうか……

そう思って調べていると、「いこまいけ高岡」の海王丸パークのページに「1994年に大阪市が練習帆船「あこがれ」を建造・所有したため、結果的に富山新港に永久係留展示となりました」とありました。「神戸帆船フェスティバル」でも紹介させて頂きましたように、「あこがれ」は大阪から神戸に売却されて、「みらいへ」となっています。

海王丸と新湊大橋
右側の橋は上層の車道部分が2012年(平成24年)、下層の自転車歩行者道が2013年(平成25年)に開通した、新湊大橋。日本海側最大の斜張橋(塔から斜めに張ったケーブルを橋桁に直接つないで支える構造の橋)で、黒部ダムを除けば富山県内の建築物の中で最も高い建物だそうです。

海王丸のバックに立山連峰
バックには壮麗な立山連峰がそびえています。冬にはもっとくっきり見えるそうで、そんな季節にぜひ見てみたいものです。

海王丸甲板
船内もゴールデンウイークで大勢の人がいました。

海王丸船長公室
船長公室。左奥に日本人形が飾られていますね。

海王丸帆走用舵輪
帆走用舵輪。通常は2名、時化で舵が重くなると4名で舵を回すそうです。

ナデジュダの模型
日本海交流センターには各国の帆船模型がたくさん展示されていました。写真はロシアの「ナデジュダ」。ロシアでは最新の帆船で、ウラジオストクを母港としているそうです。

戦艦大和の模型
帆船以外では唯一、旧日本海軍の戦艦「大和」の大きな模型も展示されていました。

ここを訪れたのは5月4日、実は翌5日には29枚ある帆をすべて広げる総帆展帆が実施されたのですが、旅程の関係で5日には行けませんでした。今度機会があれば、総帆展帆の時にぜひ訪れたいものです。

神戸帆船フェスティバル

へろんです。
7月15日・16日、神戸開港150年を記念した、神戸帆船フェスティバルを見に行ってきました。
15日は入港セレモニーです。このセレモニーの前に帆船パレードも行われていたのですが、パレード見学の一般公募に申し込んだものの、落選してしまいました(T_T)

「日本丸」入港
「日本丸」。全長110.09メートル、日本最大、世界でも最大級の4本マストバーク型練習帆船。

「海王丸」入港
「海王丸」。「日本丸」の姉妹船で、全長は同じく110.09メートル。横では神戸市消防艇による歓迎放水が行われています。

神戸市消防艇による歓迎放水
歓迎放水は赤、青、黄の色が放水されていました。

「パラダ」入港
ロシアの帆船「パラダ」。全長108.60メートル。1989年に建造された練習帆船。
帆桁(ヤード)に人が並んでいるのが見えます。これは登檣礼(とうしょうれい)のスタイルではないでしょうか。登檣礼とは、主に帆船の出航時に船員を帆桁などに配置し、見送りに来た来客に対する謝礼を行うもので、帆船において最高の礼とされるそうです。

「日本丸」と「海王丸」
「日本丸」と「海王丸」。手前が「日本丸」です。

「日本丸」のフィギュアヘッド「藍青」
「日本丸」のフィギュアヘッド(船首像)。「藍青(らんじょう)」と名付けられているそうです。

「海王丸」のフィギュアヘッド「紺青」
「海王丸」のフィギュアヘッドは「紺青(こんじょう)」という名前で、藍青の妹なのだとか。

2日目、16日は帆を広げるセイルドリル(岸壁に停泊した状態で帆を張る作業)の時間に合わせて見に行きました。やはり帆船はこの姿が一番です。

帆を広げた「海王丸」
「日本丸」は昨日のうちに出港していましたので、まず「海王丸」に向かいます。「海王丸」の前は、ゆっくり撮影もできない満員電車並みのすさまじい人でした……。

帆を広げた「みらいへ」
「みらいへ」。全長52.16メートル。1993年「あこがれ」として就航し、大阪市が保有していましたが、2012年に当時の橋下徹・大阪市長の市政改革の一環で運航を終了し、売却されたそうです。2014年より船名を「みらいへ」に変え、神戸港を母港に体験航海事業を再開。苦労したんやなあ……

帆を広げた「パラダ」
「パラダ」はいろんな方向から撮りましたが、対岸で一般公開していた海技教育機構の練習船「銀河丸」デッキからがベストショットでした。「銀河丸」に多謝。「銀河丸」では訓練生の皆さんが見学者に丁寧に挨拶されていました。

帆を広げた「パラダ」


帆を広げた「コリアナ」
韓国の「コリアナ」。全長41.00メートル。韓国南西部の麗水(ヨス)市を母港とする、韓国唯一の練習帆船だそうです。

「コリアナ」と「パラダ」
手前が「コリアナ」、奥が「パラダ」。

セイルドリルの時間は午後1時から4時。先ほど「海王丸」を十分撮れませんでしたので、対岸のメリケンパークから撮影しようと、急いで移動を開始しました。移動の途中でふと見ると……

帆を畳み始めた「海王丸」
もう帆を畳み始めてる!!

時計を見ると、3時15分。
……早っ!!

うーん、4時までに帆を畳み終わるという予定だったのでしょうか。もう少しゆっくり見せて頂きたかった……。
帆を広げた姿は帆船のもっとも美しい姿であり、いちばんの見どころです。実際の作業は大変だろうとは思うのですが、一度広げたら急いで畳まずに半日ぐらいは広げておいて頂くとかできないものですかね?

ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR