富山県・富山市科学博物館

へろんです。
せっかく富山まで来たからには、自然史博物館好きとしては、ここ富山市科学博物館も外せません。
富山市科学博物館
1979年に「富山市科学文化センター」としてオープンし、2007年に「富山市科学博物館」と名前を改め、リニューアルオープンしたそうです。

入館料は一人520円……と財布を取り出すと、「カップル割りで無料です」。
はい? 無料!?

富山市科学博物館入館券
入館券。確かに「¥0」となっています。
これまでたくさんの博物館を訪れてきましたが、こうした割引は初めてでした。
後で調べてみると、カップル割りは土曜日のみ。ちょうど運良く土曜日に訪れたので割引きしてもらえたんですね♪ ちなみに高校生以下、地元の人で孫やひ孫と一緒に入館する人は、毎日無料だそうです。

ナウマンゾウ Palaeoloxodon naumanni の生体模型と骨格模型が入り口に並んでいました。
ナウマンゾウ生体模型(富山市科学博物館)
こちらはナウマンゾウの生体模型。肩までの高さは約3メートル。富山県でも化石が発掘されているようです。

ナウマンゾウ骨格模型(富山市科学博物館)
こちらの骨格模型は、頭部が千葉県成田市から、その他は北海道幕別町忠類から発掘されたものを参考に作られたそうです。

まず1階は「とやま・時間のたび」コーナー。地学や古生物学の分野が中心です。

ティラノサウルスのロボット(富山市科学博物館)
コーナーに入ると正面に陣取る、動くティラノサウルス。結構細かい動きで、まばたきもしていました。愛称は「ティラちゃん」……ちょっと安易なような。

恐竜類の足跡化石のレプリカ(富山市科学博物館)
壁一面に貼られた、1995年(平成7年)に発見された恐竜類などの足跡化石の大きなレプリカ。

恐竜類の足跡(富山市科学博物館)
遠目には分かりにくいですが、近づいてみると、足跡化石が白い線で示されています。時々照明が暗くなり、足跡だけが分かり易く照らされていました。

足跡化石発掘場所(富山市科学博物館)
手取層群の一部、ということは恐竜で有名な福井県の地層にもつながっているようですね。

デスモスチルス復元模型(富山市科学博物館)
デスモスチルス。
約1500万年前、北太平洋の海辺に棲息していた哺乳類。奥歯が柱を束ねたような形をしているので、ギリシャ語の束ねる(デスモス)と柱(スチロス)を合わせて名付けられました。一般に4本足の大型哺乳類は四肢が胴体の下に伸びていますが、この種はちょうどワニのように四肢が体の左右に張り出しており、哺乳類としては他に例がないそうです。

富山市科学博物館「とやま・空間のたび」コーナー
続いて2階に上がると「とやま・空間のたび」のコーナーです。富山の生き物や自然現象が紹介されています。

ダイヤモンドダスト(富山市科学博物館)
ダイヤモンドダストを体験できる実験設備もありました。きれいなダイヤモンドダストを見ることができましたが、うまく写真に収めることはできませんでした(T_T)。調べてみるとYouTubeに動画がありましたので、こちらをどうぞ。

クロイワマイマイ(富山市科学博物館)
中部地方から東北地方に生息する、最も大きなカタツムリであるクロイワマイマイの説明。

ツチクジラ(富山市科学博物館)
ツチクジラ Berardius bairdii
2001年、秋田県八竜町(現・三種町)の海岸に漂着したもの。全長約10メートル。

富山市科学博物館・とやま・ノーベル賞受賞者コーナー
とやま・ノーベル賞受賞者コーナー。
1987年にノーベル生理学・医学賞を受賞した利根川進氏は小学1年生から中学1年の途中まで富山市で過ごし、2002年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一氏は富山市出身、2015年にノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章氏は富山市にご自宅があるそうです。

富山市科学博物館「宇宙へのたび」コーナー
そして3階は「宇宙へのたび」コーナー。
プラネタリウムもあるのですが、時間の関係で見送ってしまいました。

H-ⅡAロケットの模型(富山市科学博物館)
H-ⅡAロケットの模型。現在、日本で用いられている主力大型ロケットです。

富山市科学博物館・恐竜クッキー
売店で見かけた恐竜クッキーを買って帰りました。見た目の可愛らしさだけでなく、味も良かったです。
比較的こじんまりとした感じではありますが、富山の特徴をよく表した郷土色豊かな博物館でした。


にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

富山県・高岡古城公園自然資料館

へろんです。
高岡古城公園動物園を入ってすぐ右側にある建物の左半分が公園管理事務所、右半分が自然資料館になっています。動物園と同様、ここも無料です。

高岡古城公園自然資料館入り口

高岡古城公園公式ウェブサイトによれば、鳥、獣、魚、貝類などの標本が843点展示されています。剥製として展示されている動物の多くは、かつてここの動物園で飼育されていたものだそうです。

高岡古城公園自然資料館の小鳥の剥製


高岡古城公園自然資料館の水辺の鳥の剥製
鳥の剥製がいっぱい。

高岡古城公園自然資料館の哺乳類の剥製
哺乳類もいろいろいました。

高岡市の化石
高岡市内で採取された化石のようですね。二枚貝は第三紀(6430万年前~260万年前)のクロサワホタテ Patinopecten kurosawaensis だそうです。

木々の年輪と木の実
いろんな木々の年輪と木の実もいっぱい。

ライオン「バビッタ」
1967年(昭和42年)2月、富山県の西側にある伏木港に入港したソ連(当時)船のノーマンドブカル船長から寄贈され、フランスの女優ブリジット・バルドーの愛称である「バビッタ」と名付けられたライオン(雌)の剥製です。1979年(昭和54年)11月に死亡するまでの12年9ヶ月間、ここで飼育されていたそうです。

センザンコウ
センザンコウ。今でこそ哺乳類であると誰でも知っていますが、昔はうろこの存在からどう分類すべきか科学者を悩ませたのだとか。インドでは「ジャングルの魚」とか古代ローマでは「地上のワニ」と呼ばれたそうです。

こじんまりとした博物館で、ネットで調べてみても「動物園」はたくさん紹介されているものの、この「自然資料館」はあまりひっかかってこなかったですね。でもこういう小さな博物館こそもっと注目されてほしいですね。


にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

岡山県・玉野市立玉野海洋博物館 - その1.陳列館編

へろんです。
岡山県南部の玉野市にある海洋博物館に行ってきました。開館は1953年と、歴史ある博物館です。

玉野海洋博物館入口


観覧券(2013年)
実はこちらには2013年にも来たことがあります。その時の観覧券には60周年記念が記されていました。

観覧券(2017年)
今回、2017年の観覧券。ダイオウグソクムシのどアップ・・・

観覧券にも両方記載されていますが、「玉野市立玉野海洋博物館」が正式名称で、「渋川マリン水族館」が愛称なのだそうです。「博物館」か「水族館」か、どちらのカテゴリーにするか悩みましたが、公式ホームページに 「水族館と陳列館からなる」 と記されていますので、水族館の内容を「水族館」カテゴリーに、陳列館の内容を「博物館」のカテゴリーとすることにしました。
まずは陳列館の紹介です。

たくさんの貝類標本
陳列館に入ってまず目につくのが、いろいろな貝類標本。約1000点が展示されているそうです。なかなか見応えがあります。

二枚貝のいろいろ


日本三名宝
タカラガイは特に人気のある貝ですが、その中でもこのテラマチダカラ、ニッポンダカラ、オトメダカラは貴重さや美しさなどから「日本三名宝」と呼ばれています。昔は貝殻も集めていましたが、こういう貝は博物館でしかお目にかかれません。

魚類の剥製


魚類の剥製
魚類の剥製も多数あります。博物館の魚類標本は昔はホルマリンなどの液浸標本がほとんどでしたが、剥製も今ではだいぶ進んでいますね。

エビ類の剥製
甲殻類の剥製は昔、我流で作ったことがあります。魚類に比べると殻がしっかりしているので、まだ残しやすいです。

聖ザビエルの十字架ガニ
シマイシガニは「聖ザビエルの十字架ガニ」と呼ばれるそうです。聖フランシスコ・ザビエルがジャワで暴風雨に逢った時、首にかけていた十字架を海に浸して祈ると、十字架は失われたものの無事に着くことができました。のちに海岸を歩いていると爪に十字架を挟んだカニが這い上がって来たため、ザビエルはこのカニに祝福を与え、以後このカニの子孫には十字の印がついたのだそうです。
中央に縦長に入った白い模様と、その左右に突き出した丸い模様とで、十字の印ということのようですね。

瀬戸内海から産出した象の化石
瀬戸内海から産出された象の化石。漁網に引っかかって上がってくることで有名だそうです。こうした陸上動物の化石が見つかることで、瀬戸内海も当時は陸だったことが分かるそうです。

船のいろいろ
船のいろいろ。船の模型もたくさんあって充実していました。
さて次回は水族館の紹介にまいります。


にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

東北大学理学部自然史標本館

へろんです。
本ブログ博物館紹介の第一弾は、2月の仙台出張の折に訪れた東北大学理学部自然史標本館。仙台市地下鉄東西線の青葉山駅からすぐの便利な場所にあります。この日は雪が降ったりやんだりのあいにくの天気でしたが、実は10年前の2007年5月にも訪れたことがあります。この時はとても良い天気でした。

理学部自然史標本館外観(2007)

ただこの時は地下鉄もまだ開通しておらず、結構歩いた記憶があります(本当はもっとそばまでバスで行けたはずなのに、大雑把な地図で歩けると判断して歩いてみると、予想外に遠かった、というのが実態だったはずです。今は地下鉄で行けるのでとても楽になってますね)。

理学部自然史標本館入り口

博物館入り口。……ん? 10年前は気付きませんでしたが「東北大学理学部自然史標本館」と「東北大学総合学術博物館」の2つの看板が掲げられていますね。
実はこの看板だけでなく、ホームページや観光案内などを見ても、この二つが併記されていたり、片方がカッコに入っていたりしています。はたしてこの2つは同じ施設の別名なんでしょうか、それとも違う施設なんでしょうか?

東北大学のHPの中には、二つの名前が併記されたページがあります。さらに、展示案内には 「総合学術博物館の常設展示は理学部自然史標本館にて行なっています」 とあります。

Wikipediaの東北大学総合学術博物館のページには「博物館発足以降、現在に至るまで、事務室および常設展示は、既存の理学部自然史標本館に間借りしている状態である」とあります。

Omnividens

2007年当時にもらったニュースレター「Omnividens」No.21~23には、「総合学術博物館の建物については現在建設設計途中ですので、理学部自然史標本館を共用しています」とありました。
今回、2017年にもらった「Omnividens」No.49~52には、「総合学術博物館の常設展示は理学部自然史標本館にて行っています」とありました。10年前には書いてあった建設計画は今どうなったんでしょうね……? 気になるところです。


理学部自然史標本館リーフ(2007)

2007年当時の自然史標本館のリーフ。リーフの館内案内図を見ると、2階の一角に 「総合学術博物館紹介コーナー」 とあります。ここがその 「間借りしている」 という場所でしょうか。


理学部自然史標本館リーフ(2017)

しかし今回、2017年のリーフでは、10年前に 「総合学術博物館紹介コーナー」 となっていた場所は 「さまざまな学術資料標本」 となっています。

思うに、10年前は自然史標本館総合学術博物館は明確に区別されて別途建設計画もあったようですが、2017年現在はその境界が曖昧になっているような気がします。
それでも良いのではないでしょうか。世の中、博物館も含めていろいろなところで理系、文系に分けようとすることが多いですが、知的好奇心を満たす場所に理系、文系の区別を無理につける必要は本来ないと思っています。どちらも互いに手を取り合って発展していってほしいものですね。

さて、いよいよ理学部自然史標本館の展示の中で気に入ったものを紹介したいと思います。

ステゴサウルス・ステノプス

ステゴサウルス・ステノプス Stegosaurus stenops
展示室に入るとすぐ出迎えてくれます。背中の板状の列がとても有名な恐竜です。時代はジュラ紀後期(約1億5000万年前)、産地はアメリカのユタ州。

ステゴサウルスミニ知識

ステゴサウルスの展示から離れたところですが、展示室の一角にあったホワイトボードに、こんなミニ知識が書いてありました。
Stegosaurus という属名はラテン語で「屋根トカゲ」という意味で、小さい頃から何で屋根なんだろう? と思っていましたが、昔は背中の板が亀の甲羅のように背中を覆う形で復元されていたのだそうです。なるほど、それが屋根みたいだからなんですね。


フクイラプトル・キタダニエンシス

フクイラプトル・キタダニエンシス Fukuiraptor kitadaniensis
2013年7月に新しく展示されたそうです。白亜紀前期に生息していた、アロサウルス上科に属する肉食恐竜。恐竜化石の産出で有名な福井県勝山市北谷で発掘され(種小名のkitadaniensis はその発掘地にちなむようですね)、日本で初めて学名の付いた恐竜として有名。大腿骨の長さから、全長は約4.2メートルと推定されるそうです。


アノマロカリス・カナデンシス

アノマロカリス・カナデンシス Anomalocaris canadensis
5億年以上前のバージェス動物群の代表的動物。この実物化石が見られるのは珍しいのではないでしょうか。全体像が不明の頃、こうした化石はエビの仲間の腹部と思われ、「anomalo(奇妙な)+ caris (エビ)」と名付けられたそうですが……

アノマロカリス復元模型

全身復元模型。「奇妙なエビ」の正体は頭部の触手部分でした。


ニッポニテス・ミラビリス

ニッポニテス・ミラビリス Nipponites mirabilis
日本を代表する異常巻きアンモナイト。
かつては種としての末期的な症状である奇形といった見方をされていましたが、現在では規則性を持った巻き方であり、様々な環境に適応した進化の一例とされているのは有名ですね。しかしそうなら、現代の生物にどうしてこうした巻き方がないんでしょうね?


プラビトセラス・シグモイダーレ

プラビトセラス・シグモイダーレ Pravitoceras sigmoidale
S字状に巻いた殻をもち、日本で産出する異常巻きアンモナイトの中でも、とくに変わった巻き方するもののひとつ。淡路島でポピュラーな化石だそうです。


放散虫模型

放散虫の巨大な模型。実物は顕微鏡でないと観察できないような微細な原生生物です。


津波堆積物はぎ取り標本

津波堆積物はぎ取り標本。地上から4.5メートルまでの地層を示したものです。通常堆積しているものと異なる特徴がある(例えば耕作土の間に、通常は堆積しない砂層がある)と、そこで津波があったと推察されるようです。いちばん左の地表近くは2011年の東日本大震災の時の津波跡、いちばん右の下、もっとも古い地層は約6000年前と書いてありました。数えると、この6000年の間に12回の津波の痕跡があったようです。


イワシクジラ骨格標本

天井から吊るされたイワシクジラの骨格標本。1915年に宮城県鮎川町(現:石巻市)で陸揚げされたもので、骨格の全長は14メートルもあるそうです。左下方にフクイラプトルやステゴサウルスの背中が見えていますが、現生生物にも大きなものがいることを改めて実感します。


冬虫夏草標本

冬虫夏草標本。虫の体からうにょうにょと生えている子実体が、奇妙というか不思議というか不気味というか……。山形県の研究者、矢萩信夫氏によって採集された標本だそうです。


はやぶさ1/10模型

かの小惑星探査機はやぶさの1/10模型も展示されていました。

一通り見て感じたのは、各時代ごとの古生物の化石が充実していることでした。様々なバリエーションを持つ三葉虫やアンモナイトの化石は見ていて飽きません。小さめの博物館ですが、見所が多く充分楽しめました。




にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

自然史博物館へ愛を込めて

へろんです。
小さい頃から恐竜に熱中し、今でも恐竜博などがあると人を誘っては出かけています。また貝殻の多様性に惹かれ、今でも旅行先で海辺に行けば、貝殻を探して波打ち際をうろついています。そして学生時代には昆虫の美しさに魅せられ、当時の昆虫標本十数箱は今でも大切な宝物として保管しています。

そんなわけで、博物館も昔から大好きな場所でした。博物館というと、歴史博物館や民族博物館を想像されるでしょうか? 私の場合は上記のように恐竜や貝や昆虫に熱中していたので、博物館の中でも特に自然史博物館がお気に入りでした。今でも旅行や出張の折には、その土地に自然史博物館があればできるだけ訪問するようにしています。

自然史博物館というとあまり聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、中学校理科でいうところの第二分野(生物・地学)を対象としているというのが分かり易いかと思うのですが……博物館の中でも恐竜の骨格や昆虫標本、鉱物標本などが展示されている様子をご想像頂ければ、それが自然史博物館です(^^)。
より詳しくは以下のリンク、「自然史博物館の使命」「自然史博物館(しぜんしはくぶつかん)とは - コトバンク」などをご参照頂ければと思います。

文部科学省の「博物館 -これからの博物館」によれば、日本には約6000館の博物館が存在しているそうです。

博物館数の推移

もっとも、そのうち58%は歴史博物館、19%は美術博物館。ここでは「自然史博物館」という種別はありませんが、おそらく8%の科学博物館の中に入っているものと思われます。8%とはいっても結構な数のようにも思えますが、果たして充分といえるでしょうか?

博物館の館種別割合

もうだいぶ昔ですが、かつてNHKニュースで、海外からも知られる蛾の研究の大家、井上寛博士(1917~2008)の20万点にのぼる日本最大の蛾のコレクションが、日本では適切に保管できる場所がないということで、外国の博物館に寄贈しようと考えている、というニュースを聞きました。その後どうなったか気になっていたのですが、この膨大で貴重なコレクションは、1992年にイギリス自然史博物館に寄贈されたそうです(中島秀雄(2008)「井上寛博士の訃」やどりが 217号,p12)。日本の研究者が集めた日本産の標本が、なぜ日本国内にないのでしょうか!?

これも古い記事ですが、「博物館に新しい流れ」(Asahi Shimbun Weekly AERA 1993.2.2)には、美術館と自然史博物館が増加しており、「自然史系博物館は数こそ少ないが、地球環境の保護が世界的な課題になる中で、大型の自然史博物館が建設され始めた。これからは自然史博物館の時代になることが予測される」とありました。

この記事からおよそ四半世紀。確かに博物館数は年々増えていますが、井上寛博士のコレクションの例を見るまでもなく、まだまだ充分とは言えないのではないでしょうか。

もっともっと自然史博物館がにぎわい、質・量ともに充実していくことを心より願っています。
自然史博物館の認知度が少しでも上がることを願い、本ブログでも訪問した博物館を紹介していきたいと思っています。




にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR