「太陽の塔」内部公開

へろんです。
1970年の日本万博博覧会はものごころがつくかつかないかの頃に両親に連れられていったことがあり、大いに混雑した会場のワンシーンだけが記憶にあります。これが私にとってもっとも古い記憶で、大阪万博は非常に思い入れの強いものになっています。
太陽の塔内部が実に48年ぶりに公開される! ということで、平日の休みが取れた2018年6月29日に予約を入れることができ、行ってきました。

太陽の塔
当日は時折雨の降るあいにくの天気だったため、2008年11月、天気が良かった時の、太陽の塔の写真です(2008年……10年前! 当時はまだ希望があったなあ……)。

エキスポシティの駐車場に車を停め、万博記念公園中央口へ渡る橋へ向かうと……何と18日の地震の影響で橋は通行止め、中央口は閉鎖中!

大阪北部地震の影響
こんなところにも被害が出ていたんですね。ということで万博記念公園を左回りにぐるりと回り、東口ゲートから入園。
太陽の塔まで歩き、塔の裏側に内部への入り口があるので、ここで並びます。

 太陽の塔 入館券
プリントアウトしたQRコードを見せて購入した入館券。

地底の太陽(絵葉書)
入館してまず入るのは〈地底の太陽〉ゾーン
内部は残念ながら撮影禁止、ということでミュージアムショップで購入した絵葉書です。
太陽の塔の第4の顔である「地底の太陽」は、万博終了後に兵庫県が美術館に展示する計画があったものの、うやむやになって行方不明になってしまっているのだとか。こちらの記事によると2000年頃までは確認されていたようですが、どこへ行ってしまったんでしょうね。
この「地底の太陽」は内部公開に合わせて2017年から復元され、かの海洋堂も協力したそうです。

生命の樹(絵葉書)
そして太陽の塔の中心にそびえる「生命の樹」。これも絵葉書です。高さ41メートル、五大陸を意味する五色に塗り分けられた樹に、単細胞生物からクロマニヨン人まで33種類の生き物がとまっています。万博当時は292体あったそうですが、当時からそのままのもの及び復元されたものを合わせて現在は183体あるそうです。

左側上方にいる首長竜は解説員の方が「ブロントサウルス」と説明されていました。ブロントサウルスってそれより前に発見されていたアパトサウルスと同一種であるということになって使われなくなったんだけど、当時の展示の呼び方ということでブロントサウルスと呼ばれているんですよね……と思っていたのですが……何と、あとから調べると2015年にブロントサウルスとアパトサウルスはやはり別種であるという説が出されているのだとか!……口にしてたら大恥をかくところでした(--;)

いちばん上にいるのはクロマニヨン人。ふと気づいたのは、この樹には現代人がいないこと。動物園によくある、ヒトという生き物、それはあなたです、みたいな意図でしょうか。それとも問題の多い人類を、単純に万物の霊長として頂点に据えることを避けたのでしょうか。

撮影できなかったのは本当に残念でしたが、「生命の樹」の迫力はすばらしいものでした。BGMに流れていた交響曲「生命の賛歌」(作曲: 黛敏郎)も当時と同じもので、「生命の樹」とよくマッチしていたと思います。

太陽の塔といえば岡本太郎ばかりが取り上げられますが、私がもっとも敬愛するSF作家、小松左京(1931~2011)は、大阪万博ではテーマ館サブプロデューサーを務めておられました。
こちらのmixiの記事によると、万博の際の国際SFシンポジウムで、シンポジウム参加者は小松さんに案内されて、太陽の塔内部の「生命の樹」は自分のアイデアなんだよ、と小松さんが言ったと記憶する、のだそうです。
他に資料がないので真偽のほどは分かりませんが、万博に深くかかわった小松左京なら十分にありそうなことです。本当にそうならSF作家の面目躍如といったところですね。

また有名な逸話としては「太陽の塔」命名は小松左京の言葉がきっかけになったというもの。下記の本の中でご自身がこのようにおっしゃっています。
「丹下健三が大屋根をつくって、岡本太郎は「なんだこんな近代的な建造物」と言って、不釣り合いなぐちゃぐちゃなものをつくってやるということで、大屋根を(太陽の塔で)突き破ったからね。それで、僕は文学青年だった時期もあったから、石原慎太郎の「太陽の季節」みたいやと。そしたら岡本太郎は「何、太陽? それは良い名前だ」と」
(2010年8月23日のインタビューより)

「なつかしき未来「大阪万博」-人類は進歩したのか調和したのか-」
大阪大学21世紀懐徳堂・編「なつかしき未来「大阪万博」-人類は進歩したのか調和したのか-」2011年、創元社

現在の「生命の樹」には万博当時のままの生物模型も取り付けられていますが、そのうちの一部は2011年の「岡本太郎 地底の太陽展」で公開されたことがあります。岡本太郎の生誕100周年を記念して、万博記念公園内 EXPO'70パビリオンで開催されたものです。

岡本太郎 地底の太陽展


生命の樹 1/20模型
「生命の樹」は1/20模型。岡本太郎記念現代芸術振興財団が所蔵しているものだそうです。

生命の樹 1/20模型


生命の樹にとりつけられていた生物
左が直角貝オルトセラス・ペルキドゥムと右がオウムガイのキルトセラス・ステグリオ、お椀から毛が生えているようなべん毛虫、壁には三葉虫。
今回の見学で、べん毛虫は5体が当時のままです、と解説員の方がおっしゃってました。その5体がこれだったんですね。

生命の樹にとりつけられていたオウムガイ
こちらもオウムガイの仲間。

生命の樹にとりつけられていた巻貝
「巻貝」とだけ記載されており、特定の種を模したものではないようです。

生命の樹にとりつけられていた海生爬虫類
恐竜時代にいた海生爬虫類、クリプトクレドゥス。

2011年に再現された「地底の太陽」
当時の展覧会で再現されていた「地底の太陽」。
2011年当時は太陽の塔内部でこれらが再現されるとは夢にも思いませんでした。実際に塔の内部で見ると迫力が格段に違うものですね。

さて太陽の塔を後にしてエキスポシティへと戻り、ここへ来たら一度は入りたいと思っていた万博食堂に向かいました。

エキスポシティ「万博食堂」
2015年11月にオープンしたお店で、万博当時のメニューが再現されています。

万博食堂メニュー
懐かしさあふれるメニュー表紙。

万博食堂の「万博プレート」
この「万博プレート」にも惹かれたのですが、あらかじめネットで調べてみると、セットについてくる太陽の塔フィギュアはお持ち帰りできないとのこと。よく見るとこのメニューにも値段の下に「太陽の塔フィギュアは演出用です。お持ち帰りはご遠慮ください」と記されていました。

アメリカ館の月の石ハンバーグ
で、選んだのはアメリカ館の月の石ハンバーグ
やって来たハンバーグはころっと丸い形をしていたので、持ってきてくださった店員さんに「へえ、丸い形なんですね。月の石ってこんな風に丸かったんですか?」と訊いてみたのですが、「いや、私も知らないんですけど……」(ちなみに後から調べてみると、こんな形だったそうです)
見た目よりもずっとボリュームのあるメニューでした。

ラスカルのコラボベーカリー
ちなみに妻はすぐ近くにあるラスカルのコラボベーカリーがお気に召したようで。

ゴンズイラスカル(笑)
……ゴンズイラスカル!?(笑)

大阪万博の総入場者数6421万人、2010年の上海万博に抜かれるまでは万博史上最多であった(とはいえ単純計算では日本人の二人に一人が入場したことになり、人口比からみればなお不動の一位でしょう)という記録から見ても、大阪万博は日本史に永遠に残る一大イベントだったと言えるでしょう。
せっかくこの時代に生まれてきたのだから、もう少し記憶に残るような年齢だったら良かったのに、と悔やまれます。
現在大阪は2025年の万博開催を目指しています。いろいろ問題もあるようですし、さすがに時代が違うので同じように論じることはできないかも知れませんが、1970年に憧れる者としては2025年にもちょっと期待してしまいますね。


にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

大阪自然史フェスティバル2017

へろんです。
2017年11月19日、大阪市東住吉区の長居公園内にある大阪市立自然史博物館で開催された「大阪自然史フェスティバル2017」に行ってきました。

「大阪自然史フェスティバル2017」案内板

自然関連のサークル、地域の自然保護団体等が一堂に会して出展する“文化祭”で、大坂近隣の博物館や高校のクラブも参加しています。生き物好き、博物館好きとしてはどれも興味あるものばかりでしたが、特に展示に興味をひかれたブースやお話しさせて頂いたブースを紹介していきます。

ジュゴン保護キャンペーンセンターブース
ジュゴン保護キャンペーンセンターのブース。

折り紙ジュゴン
ジュゴン保護の署名を行っており、署名すると折り紙ジュゴンを頂きました。口の部分の折りが良くできています。

ディディモセラス・アワジエンゼ
近畿地学会のブースで展示されていたアンモナイトの一つ、ディディモセラス・アワジエンゼ Didymoceras awajiense。和泉層群を代表する異常巻きアンモナイトのひとつで、塔状に巻いたあと、C字型に垂れ下がる巻き方をする妙なヤツ。

タコブネの化石
タコブネは現在も生息していてプラスチックのような薄い殻を持っているのですが、その薄い殻がこのような化石になることもあるそうです。
アンモナイトのお話をいろいろうかがっていると、お土産にアンモナイトのバレミテスの一種 Barremites sp.の一部が含まれた化石を頂きました。

丹波市役所恐竜・観光振興課ブース
丹波市役所恐竜・観光振興課のブース。
丹波市は恐竜タンバティタニス・アミキティアエ Tambatitanis amicitiae (通称“丹波竜”)が発掘されたことから、恐竜による振興に力を入れています。

丹波のゆるキャラ「ちーたん」
実は、しろも私も丹波竜をモデルにしたゆるキャラ「ちーたん」が大のお気に入り♪

南大阪昆虫同好会ブース
南大阪昆虫同好会は外来昆虫の調査に力を入れており、特にクロマダラソテツシジミ、ムネアカオオクリテントウ、クビアカツヤカミキリに注目しているそうです。

クロマダラソテツシジミ
クロマダラソテツシジミ。もともとは南アジアから東南アジアに生息していましたが、1992年に沖縄で初めて確認、2008年に南大阪でも確認されたそうです。ぱっと見普通に見られるウラナミシジミなどと区別しにくいですが、ソテツの樹への執着性が強く、その木にいるとすぐ分かるのだそうです。

ザトウクジラ「ザットン」
2015年9月13日、大阪府岬町長崎海岸に漂着したザトウクジラの骨格。愛称「ザットン」、2018年春には博物館玄関ポーチに吊り下げ展示予定。

アライグマがかじったドブ貝
八尾自然の会のブースでは、外来生物であるアライグマが増えていること、「アライグマがかじったドブ貝」が展示されていました。

アライグマがかじったドブ貝
なぜアライグマがかじったと分かるのか訊いてみると、この割れ方が歯形になっていて分かるのだそうです。

どんぐりで出来たトトロ&ミニオン
橿原市昆虫館友の会のブースにあった、どんぐりで出来たトトロ&ミニオン。

橿原市の身近な蝶とオオムラサキ
「橿原市の身近な蝶」とオオムラサキ。オオムラサキは飼育もしているそうです。

NPO法人 共生の森ブース
NPO法人 共生の森のブースには、事故などで死んだ鳥から採取された羽がたくさん展示されています。数年前のフェスティバルで、昔山の中で拾った鳥の羽を鑑定してもらいました。

池田・人と自然の会ブース
池田・人と自然の会のブース。

スクミリンゴガイ
スクミリンゴガイ Pomacea canaliculata (ジャンボタニシ)が詳しく説明されていました。南米原産で1980年代に日本に侵入し、問題になっています。

スクミリンゴガイ
池田市では2016年に確認されたそうです。数年前に兵庫県たつの市の田んぼでピンクの卵塊を見て驚いたことがあるのですが、身近にも迫っているものですね (((;゚Д゚)))

長居公園のイチョウ
公園ではイチョウがきれいに色づいていました。……が、冷たい風が吹き、寒かったため野外のブースやイベントはゆっくり参加できませんでした……。
これらの他にも双眼鏡の紹介やアクセサリー等の物販、生き物にまつわる様々なブースが並んでいました。来年も同じ頃に催されると思いますので、またぜひ行きたいものです。


にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

富山県・富山市科学博物館

へろんです。
せっかく富山まで来たからには、自然史博物館好きとしては、ここ富山市科学博物館も外せません。
富山市科学博物館
1979年に「富山市科学文化センター」としてオープンし、2007年に「富山市科学博物館」と名前を改め、リニューアルオープンしたそうです。

入館料は一人520円……と財布を取り出すと、「カップル割りで無料です」。
はい? 無料!?

富山市科学博物館入館券
入館券。確かに「¥0」となっています。
これまでたくさんの博物館を訪れてきましたが、こうした割引は初めてでした。
後で調べてみると、カップル割りは土曜日のみ。ちょうど運良く土曜日に訪れたので割引きしてもらえたんですね♪ ちなみに高校生以下、地元の人で孫やひ孫と一緒に入館する人は、毎日無料だそうです。

ナウマンゾウ Palaeoloxodon naumanni の生体模型と骨格模型が入り口に並んでいました。
ナウマンゾウ生体模型(富山市科学博物館)
こちらはナウマンゾウの生体模型。肩までの高さは約3メートル。富山県でも化石が発掘されているようです。

ナウマンゾウ骨格模型(富山市科学博物館)
こちらの骨格模型は、頭部が千葉県成田市から、その他は北海道幕別町忠類から発掘されたものを参考に作られたそうです。

まず1階は「とやま・時間のたび」コーナー。地学や古生物学の分野が中心です。

ティラノサウルスのロボット(富山市科学博物館)
コーナーに入ると正面に陣取る、動くティラノサウルス。結構細かい動きで、まばたきもしていました。愛称は「ティラちゃん」……ちょっと安易なような。

恐竜類の足跡化石のレプリカ(富山市科学博物館)
壁一面に貼られた、1995年(平成7年)に発見された恐竜類などの足跡化石の大きなレプリカ。

恐竜類の足跡(富山市科学博物館)
遠目には分かりにくいですが、近づいてみると、足跡化石が白い線で示されています。時々照明が暗くなり、足跡だけが分かり易く照らされていました。

足跡化石発掘場所(富山市科学博物館)
手取層群の一部、ということは恐竜で有名な福井県の地層にもつながっているようですね。

デスモスチルス復元模型(富山市科学博物館)
デスモスチルス。
約1500万年前、北太平洋の海辺に棲息していた哺乳類。奥歯が柱を束ねたような形をしているので、ギリシャ語の束ねる(デスモス)と柱(スチロス)を合わせて名付けられました。一般に4本足の大型哺乳類は四肢が胴体の下に伸びていますが、この種はちょうどワニのように四肢が体の左右に張り出しており、哺乳類としては他に例がないそうです。

富山市科学博物館「とやま・空間のたび」コーナー
続いて2階に上がると「とやま・空間のたび」のコーナーです。富山の生き物や自然現象が紹介されています。

ダイヤモンドダスト(富山市科学博物館)
ダイヤモンドダストを体験できる実験設備もありました。きれいなダイヤモンドダストを見ることができましたが、うまく写真に収めることはできませんでした(T_T)。調べてみるとYouTubeに動画がありましたので、こちらをどうぞ。

クロイワマイマイ(富山市科学博物館)
中部地方から東北地方に生息する、最も大きなカタツムリであるクロイワマイマイの説明。

ツチクジラ(富山市科学博物館)
ツチクジラ Berardius bairdii
2001年、秋田県八竜町(現・三種町)の海岸に漂着したもの。全長約10メートル。

富山市科学博物館・とやま・ノーベル賞受賞者コーナー
とやま・ノーベル賞受賞者コーナー。
1987年にノーベル生理学・医学賞を受賞した利根川進氏は小学1年生から中学1年の途中まで富山市で過ごし、2002年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一氏は富山市出身、2015年にノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章氏は富山市にご自宅があるそうです。

富山市科学博物館「宇宙へのたび」コーナー
そして3階は「宇宙へのたび」コーナー。
プラネタリウムもあるのですが、時間の関係で見送ってしまいました。

H-ⅡAロケットの模型(富山市科学博物館)
H-ⅡAロケットの模型。現在、日本で用いられている主力大型ロケットです。

富山市科学博物館・恐竜クッキー
売店で見かけた恐竜クッキーを買って帰りました。見た目の可愛らしさだけでなく、味も良かったです。
比較的こじんまりとした感じではありますが、富山の特徴をよく表した郷土色豊かな博物館でした。


にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

富山県・高岡古城公園自然資料館

へろんです。
高岡古城公園動物園を入ってすぐ右側にある建物の左半分が公園管理事務所、右半分が自然資料館になっています。動物園と同様、ここも無料です。

高岡古城公園自然資料館入り口

高岡古城公園公式ウェブサイトによれば、鳥、獣、魚、貝類などの標本が843点展示されています。剥製として展示されている動物の多くは、かつてここの動物園で飼育されていたものだそうです。

高岡古城公園自然資料館の小鳥の剥製


高岡古城公園自然資料館の水辺の鳥の剥製
鳥の剥製がいっぱい。

高岡古城公園自然資料館の哺乳類の剥製
哺乳類もいろいろいました。

高岡市の化石
高岡市内で採取された化石のようですね。二枚貝は第三紀(6430万年前~260万年前)のクロサワホタテ Patinopecten kurosawaensis だそうです。

木々の年輪と木の実
いろんな木々の年輪と木の実もいっぱい。

ライオン「バビッタ」
1967年(昭和42年)2月、富山県の西側にある伏木港に入港したソ連(当時)船のノーマンドブカル船長から寄贈され、フランスの女優ブリジット・バルドーの愛称である「バビッタ」と名付けられたライオン(雌)の剥製です。1979年(昭和54年)11月に死亡するまでの12年9ヶ月間、ここで飼育されていたそうです。

センザンコウ
センザンコウ。今でこそ哺乳類であると誰でも知っていますが、昔はうろこの存在からどう分類すべきか科学者を悩ませたのだとか。インドでは「ジャングルの魚」とか古代ローマでは「地上のワニ」と呼ばれたそうです。

こじんまりとした博物館で、ネットで調べてみても「動物園」はたくさん紹介されているものの、この「自然資料館」はあまりひっかかってこなかったですね。でもこういう小さな博物館こそもっと注目されてほしいですね。


にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

岡山県・玉野市立玉野海洋博物館 - その1.陳列館編

へろんです。
岡山県南部の玉野市にある海洋博物館に行ってきました。開館は1953年と、歴史ある博物館です。

玉野海洋博物館入口


観覧券(2013年)
実はこちらには2013年にも来たことがあります。その時の観覧券には60周年記念が記されていました。

観覧券(2017年)
今回、2017年の観覧券。ダイオウグソクムシのどアップ・・・

観覧券にも両方記載されていますが、「玉野市立玉野海洋博物館」が正式名称で、「渋川マリン水族館」が愛称なのだそうです。「博物館」か「水族館」か、どちらのカテゴリーにするか悩みましたが、公式ホームページに 「水族館と陳列館からなる」 と記されていますので、水族館の内容を「水族館」カテゴリーに、陳列館の内容を「博物館」のカテゴリーとすることにしました。
まずは陳列館の紹介です。

たくさんの貝類標本
陳列館に入ってまず目につくのが、いろいろな貝類標本。約1000点が展示されているそうです。なかなか見応えがあります。

二枚貝のいろいろ


日本三名宝
タカラガイは特に人気のある貝ですが、その中でもこのテラマチダカラ、ニッポンダカラ、オトメダカラは貴重さや美しさなどから「日本三名宝」と呼ばれています。昔は貝殻も集めていましたが、こういう貝は博物館でしかお目にかかれません。

魚類の剥製


魚類の剥製
魚類の剥製も多数あります。博物館の魚類標本は昔はホルマリンなどの液浸標本がほとんどでしたが、剥製も今ではだいぶ進んでいますね。

エビ類の剥製
甲殻類の剥製は昔、我流で作ったことがあります。魚類に比べると殻がしっかりしているので、まだ残しやすいです。

聖ザビエルの十字架ガニ
シマイシガニは「聖ザビエルの十字架ガニ」と呼ばれるそうです。聖フランシスコ・ザビエルがジャワで暴風雨に逢った時、首にかけていた十字架を海に浸して祈ると、十字架は失われたものの無事に着くことができました。のちに海岸を歩いていると爪に十字架を挟んだカニが這い上がって来たため、ザビエルはこのカニに祝福を与え、以後このカニの子孫には十字の印がついたのだそうです。
中央に縦長に入った白い模様と、その左右に突き出した丸い模様とで、十字の印ということのようですね。

瀬戸内海から産出した象の化石
瀬戸内海から産出された象の化石。漁網に引っかかって上がってくることで有名だそうです。こうした陸上動物の化石が見つかることで、瀬戸内海も当時は陸だったことが分かるそうです。

船のいろいろ
船のいろいろ。船の模型もたくさんあって充実していました。
さて次回は水族館の紹介にまいります。


にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR