明日は明日の雨が降る

へろんです。
うちの会社は8時30分から5時までで、従来は6時、7時頃まではわざわざ残業申請しなくても、残務処理や明日の準備で何やかやと忙しかった。
それがどうしたことか、半年ぐらい前から、5時を過ぎるといきなり仕事をするな、とっとと帰れ、と言い出し始めた。
別に好き好んで遅くまでいるわけではないし、帰れるものならとっとと帰りたい。
だけど、やることがあるからその分時間がかかってるんだ。

仕事の量が変わらないのに、早く終われ、だと??

要するに仕事の密度を上げろ、ということだ。
これまでさぼっていたわけでもないのに、同じだけの時間内にさらに仕事を詰め込め、というわけだ。

今日予定していた分がどうしても5時までに終わらなければ、「すみませんが○○をやらなければならないので残業させてください」と申し出る。
その時上の方がいう言葉の一つ。部下対応マニュアルでもあるのだろうか、複数から同じことを言われたことがある。

「それは今日中でないといけないのか? 明日ではだめなのか?」

そりゃあ明日でもできるだろう。

だけど、明日は明日の雨が降る

今日降り注いだ仕事という名の雨水を、今日中にはいておかなければ、明日にはまた新たな雨が降り注ぎ、いずれは決壊するだろう。

雨で増水した川

昨今流行の「働き方改革」によれば、「長時間労働」を抑制して「生産性の向上」を目指すことが求められるらしい。
確かに一月に何十時間も過酷な残業を強いられている会社や業界で改革を目指すことは、大きな意義があるだろう。だけど、それと5分10分過ぎたからと言って仕事をやめろ、とっとと帰れ、と口うるさく言うのとは、何か違うのではないか。
時間が過ぎたから仕事をやめろと言ったって、残った仕事は誰がやってくれるのか。結局こっちがやらなきゃいけないじゃないか。明日が余計にしんどくなるだけじゃないか。
「働き方改革」の背景には「深刻な労働力不足」があるという。労働力が不足しているのだから、今抱えている仕事を誰かにやってもらったり分担してもらうことはできないということになる。実際、今の職場は人手不足だ。昨年まで二人でやってた内容を一人でやってるので、余計に定時で終わることなんてできるわけがない。
あとは分かった風な顔をして「効率化」を言う輩もいる。効率化なんてできることはもうやっている。そもそも、下っぱの仕事の成果のみを見て、その過程でどれほどの手間がかかっているのか知りもしないのに、どこを効率化しろと言うのだ。やれるものなら自分でやってみてほしい。

最近の嫌なCMの一つに、メ○シャキがある。メ○シャキを飲んだサラリーマンが、机の両側に積み上げられた書類をものすごい勢いで処理して、「できました」と去っていくのだ。
要するに、5時までに仕事を終わらせるために、そんな風にしろ、と言ってるのではないか、今の「働き方改革」は。
眉村卓の「C席の客」(1973年)はサラリーマンの習性を皮肉ったり悲哀を描いたショートショート集だが、その中にライバル会社に勝つために薬物でどんどん脳を活性化させていき、その代償として、薬の切れたアフターファイブは反動でだらーっと呆けてしまうサラリーマンの話がある。そんな世の中にだんだん近づいているような気がする。

「C席の客」表紙

かつて日本では「ゆとり教育」がもてはやされた時代があったが、それが行き過ぎたからと言って批判や見直しが議論され、「脱ゆとり教育」なんてものまで言い出されるようになった。
またその昔「24時間働けますか」なんてコマーシャルが流行った時代もあったが、実際には誰もそんなに極端に長時間働きたいなんて思わない。そんな極端な風潮の揺り戻しの結果として「働き方改革」にまで行きついたのだろうが、その「働き方改革」も、いずれまた行き過ぎたからと言って揺り戻しの時代が来るのではなかろうか。
どうしてこの国は何か言い出すと極端に一方に偏り、そして振り子のようにまた大きく反対側へ振れるようなことを繰り返すのだろうか。

雨雲の向こうに垣間見える虹

降り続く仕事という雨の向こうに、雲の切れ間はあるだろうか。虹はかかっているだろうか。
あるかも知れないが、頭上からは明日も仕事の雨が降り続く。足元にはこれまでに降った雨水が溜まっている。なのに5時が近づいてくる。この水をはかせる時間は、一体いつになったら取れるのだろうか。

すみません、今回は愚痴ってしまいましたm(_ _)m

スポンサーサイト

選挙と「泣き婆伝説」

へろんです。
衆議院選挙の投票日が近づいています。
当初はさんざん持ち上げられた希望の党は各種調査によると予想以上に大失速、与党優勢が報じられています。これでは与党との連立もあるんじゃないかと危惧されます。こちらの記事では否定していますけど……。
この中で与党優勢について「ひとえに野党が分散していることも手伝っていると思う」とおっしゃってますが……誰がかち割ったんですか。与党に対しては全野党が束にならないといけないぐらいなのに、選別を振りかざして「踏み絵」を踏ませたのは。こんな姿勢も失速の一因になったのは確かだと思います。

与党は選挙で勝利したらこう言うでしょう。

 森友・加計問題? 問題なーし!

 消費税増税? オッケー!

 原発推進? ゴー!

 憲法改正? ゴー!!

 だって選挙で国民の信任を得たんだもーん!!

これらのことに対してオッケーだったら良いのですが、一つでも反対したいものがあったら投票に行くべきなんでしょうね。棄権はこれらのことにオッケーしたのと同じことになるのでしょうから。
週末は台風が近づいて秋雨前線を刺激して大雨の可能性もあるのだとか……でも今は期日前投票もありますし。今回の選挙、期日前投票は増えているそうですね。

さて、選挙になるといつも思い出すのは、梶尾真治先生の「泣き婆伝説」。
「泣き婆伝説」表紙

ひょんなことから高校の後輩にあたる八咬またよしの選挙応援をすることになってしまった主人公、加塩貧二。八咬またよしはどう見ても泡沫候補でしかなかったけど、選挙活動で少しずつ有権者の反応も良くなっていきます。しかし、永年選挙に携わる人々の間には「泣き婆伝説」が言い伝えられていました。選挙中に泣きながら握手を求めてくる老婆、すなわち「泣き婆」に出会うと、必ず落選するというのです。そして選挙終盤、伝説を上回る大勢の泣き婆が出現し……。

この作品、主人公の「加塩貧二」は作者「梶尾真治」とだぶりますし、1992年夏の参議院選挙の、熊本の選挙区をモデルとしているらしいです。
作中、応援演説で加塩貧二はマイクを手に訴えます。

「日本にもかつて過去には素晴らしい政治家が生まれています。でも今や、選挙制度はもとより、政治家の世襲、金のばらまき、組織に乗った代表、タレントでなけれな政治家になれないように政治の世界は淀みきって、自浄化能力はまったくありません」
「彼の行動を有権者が認めて頂ければ、全国で第二、第三の八咬またよしが立ち上がるきっかけになるのではないでしょうか。最初は小さな雨粒が、小川になり、大河に変わって、必ず政治の流れを変えることができると信じています」


それにしてもこの作品で感じるのは、「金のかからない選挙に挑戦!」と謳った八咬またよし陣営でさえ、庶民はそうそう出せないほどのお金がかかること。現実の選挙ではもっともっと多額のお金がかかっているのでしょう。いったい選挙に出ている人々は、どうやってお金を工面しているのでしょうか。

消費税が上がったぐらいでは大して痛くもないお金持ちばかりなんでしょうか。

それともお金を工面する過程で嫌でもいろんな「しがらみ」に囚われていくのでしょうか。

そんな現状を少しでも変えようと思ったら、やはり投票に行くしかないのでしょうね(棄権は当選した人に投票したのと同じことですから)。
「最初は小さな雨粒が、小川になり、大河に変わって、必ず政治の流れを変えることができると信じています」と、私も信じたいものです。

解散・・・?

へろんです。
北朝鮮がミサイルをぶっ放した翌日。会社のイントラネットに、Jアラートが発令された場合の対応、が掲載されました。
それによると、窓から離れた部屋に避難せよ、とのこと。窓のない部屋、というと……フロア中央部のトイレ、機械室、階段踊り場ぐらいしかない。ここにワンフロアの全員が入るのは……物理的に無理です。
それはともかく、、、これを見て、えらい時代になったもんやなあ、と感じました。
そして、北朝鮮とアメリカの舌戦はますますエスカレートして日々緊張が高まっています。

そんな中で……日本では、解散するんですか??
そんなことやっとる場合か???

森友・加計問題隠しですか?

野党もゴタゴタしているし、今なら選挙に勝てると踏んでのこと?

国際情勢の緊張も、有事の際には与党の支持が上がると踏んでのことでしょうか?

まず間違いなくそうなんでしょうが、それで良いの?
ちなみに「『いまなら選挙に勝てそうだから解散』は許される? さすがにダメ、と憲法学者が語る理由」という記事もご参考までに。

党利党略を優先しているようにしか見えない与党中枢に対して、野党も存外不甲斐ない(ロイエンタール調@銀英伝 ^^;)。
ではもしも二大政党制みたいに野党がもっと強かったら?

選択肢の少ない、全か無かの二者択一しかない二大政党制より、多数の政党があって少数意見でも汲み上げられる可能性のある「多数政党制」の方が良いと思っています(そういう言葉があるのかは分かりませんが)。
(これもかつての行き過ぎたミニ政党ブームのようになると問題ですけどね。要は程度問題だと思いますが)

今の日本では、野党が弱いというより与党が大きすぎることが問題だと思っています。だから与党をぶっ壊すと宣言した元首相とか、与党内で乱を起こした人は支持したくなったのですが……今の与党にはそんな気配はありませんね。

9月22日のWBSで、せっかく与党が解散してくれるんだから、野党はこれをチャンスとしてしっかりと政策を訴えてほしい、といった意味のことを言ってました。
同感です。

そして少なくとも、どんなに候補者に期待できなくとも、棄権だけは避けなければならないでしょう。
せめてトリューニヒト(@銀英伝)みたいな人が選ばれないように。

健康診断・・・

へろんです。
今日は年一回の健康診断でした。
会社推奨の健診センターに好きな日を申し込むのですが、できるだけ金曜日にするようにしています。数年前、胃の検査のために飲んだバリウムが翌日までなかなか出ず難儀したことがありますので、翌日が休みとなるよう金曜日、というのが一番の理由。

今日は朝から絶飲絶食……暑い季節はキツイです。
見た目はそれほど太っていないと思うし酒もほとんど飲まないのですが、もう10年以上前からいくつかの検査値が正常よりも高く、「体質のせいかな」と言われ続けています。おまけにこの歳になると他にもいろいろとガタがきてそうで、戦々恐々で挑みました。

午前9時から始まっていろんな検査を受け、11時台には結果を聞くことができます。
結果は……昔から高かった項目以外、新しい問題は無し。

ささやかな祝杯代わりに、しばらく我慢していたトンカツを昼食に食べたのでした(笑)
でもバリウム対策で検査直後から水分を思いっきり取っていたのでお腹が苦しいぐらいで、充分味わえなかった……。

結婚記念日です。

へろんです。
今日は実は11回目の結婚記念日です。
結婚記念日といえば、○○婚式というのがよく言われますね。1周年は「紙婚式」とか50周年は「金婚式」とか、ちょっと変わったところで8周年は「電気器具婚式」(電気製品の寿命がそのくらいだかららしい……)などありますが、11周年は何かあるのかな?

そう思って調べてみますと……「鋼鉄婚式」。

鋼鉄!? 鋼鉄というと重厚長大の代表たる鉄鋼産業みたいで、結婚生活とかとは何かかけ離れた雰囲気がありますね。鋼鉄で出来たフライパンや包丁、鍋などを贈ると良い、とのことですが……。

それにしてもWikipediaの結婚記念日のページなどを見ると、毎年いろんな○○婚式があるようですね。
よく見ると、6周年が「鉄婚式」。鉄と鋼鉄の違いって……。純粋な元素としての「鉄(Fe)」と、炭素を含む「鋼(はがね)」との違い、で良いんでしょうか? 6周年と11周年でお祝いの仕方がどう変わるのかしらん……。

14周年が「象牙婚式」、15周年が「水晶婚式」、20周年が「磁器婚式」で、だんだんそれらしくなってきますね。資料によっては15周年と20周年との間にトパーズとかアメジストなどが入ることもあるようです。
年を経るにつれてだんだん高価になっていくとすると、これから先の時代にはとんでもなく貴重になるであろう象牙は、14周年では評価が低い気もします。象牙自身、象の保護の観点からいろいろと問題もありますし、外した方が良いような気もしますね。

海外では85周年がワイン婚式だとか……やはり年代もののワインに人気のある海外ならではですかね。うちの場合だとあと74年……どう逆立ちしても絶対無理です(笑)


ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR