健康診断・・・

へろんです。
西日本豪雨はこの一週間、日に日に被害の拡大が報道され、その大きさに慄然とさせられます。被災地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

昨日は年一回の健康診断でした。1年前とほぼ同様の結果でしたが、身長も体重もほんの少しだけ減少。ううむ、体重が減るのは嬉しいですが、身長は減ってほしくない……。生化学項目も昔から高かった項目も含めて大きな変化はありませんでしたが、これまでは様子見だったのが、そろそろ投薬も含めて考えても……みたいに言われてしまいました(T_T) あとは毎年悩まされるのですが、バリウムがすんなり出てくれることを祈るばかり(>_<;)

今週は豪雨が終わったと思ったとたんに酷暑。この季節の健康診断って、こうも暑いのに朝から飲まず食わずのいうのは本当にこたえます。
以前から温暖化の影響というのは単純に温度が上昇するというわけではなく、気候の「極端化」「不安定化」にあるということが言われていました。今まさにそうなりつつあるような気がします。

さて今週はこんな記事にもあるように、豪雨時の政治家の対応にも批判が集まっています。
記録的な大雨になる恐れがあると発表された5日の夜、首相らが自民党議員の懇親会に出席したことについて、BBC NEWS JAPANにも記事が出ているということは海外にも発信されているようですね。恥ずかしい…… ┐(´д`)┌

被災地域の出身議員の行動については、7月8日の時点でこういう記事も掲載されていました。
豪雨の最中、岡山出身の議員が与野党含めどう動いたかが検証されています。
単純で感情的な批判だけでは改善につながらないかもしれませんが、こうした検証はいわば政治家の「健康診断」。ウォッチングはぜひ続けていかねばなりませんね。

スポンサーサイト

終了・・・!?

へろんです。
2018年7月6日現在、大阪北部を含め、各地で大雨が続いています。皆様のところは大丈夫でしょうか。
今日は無事に出社はできたものの、昼過ぎには電車の運転見合わせが広がりつつあるということで、早期退社命令が出ました。
梅田まで戻り、ふと途中にある百貨店の入り口を見てびっくり。

大雨の影響のため閉店のお知らせ
こちらも今日は3時で閉店とな!
こりゃただごとじゃないな、と急いで帰宅したのでした。

実はわずか2日前の7月4日には、午前7時頃に最寄り駅に行くと、いつもと違う時間に列車がホームに停まり、普段よりも多くの人がホームに溢れていました。
やがて放送されたところでは、大阪市内の駅で発煙が認められたため、運行を見合わせているとのこと。どうしたものかとしばらく様子を見ていましたが、振り替え輸送を実施するとの放送があり、あきらめて別会社の駅へと向かったということがありました。

振替乗車票

そして3週間前の6月18日には、大阪府北部を震源とする地震により、電車がことごとく運行を休止したのは記憶に新しいところです。

地震、発煙、記録的な大雨……1ヶ月もたたない内にこれだけのことがあるなんて、世の中どうなっちゃったんでしょう!? なんか騒然とした感じで、日本はどうなっちゃうんだろう、なんて気にもなります。
と考えると思い出すのが、しばらく前に雑誌で見かけた写真。

JR神戸線の電光掲示板。おそらくは終電も出た後、営業終了を知らせる表示が……

「☆日本は終了しました☆」

パッと見た時は一瞬気付きませんでしたが……

日本は終了しました……!?

思わず吹き出しそうになりましたが、いろんな問題を抱える現代社会のことを考えると、笑えません……。
「本日」の打ち間違いということなんでしょうかね。勝手に転載もできないのでここには載せていませんが、ネットで「日本は終了しました」で検索すると、すぐその写真が出てきます。
(ちなみにこれは間違い表示ではなく、コラージュだという説もあるようです)

電光掲示板の打ち間違い
こちらは2007年11月22日、新大阪駅で私が実際に見かけた間違い表示です。
結構な速さで流れていくのを慌てて撮ったのでぶれてしまっていますが、「神戸線をを中心に……」と「を」の字がだぶってしまっています。
こういう間違いがあるということは、電光掲示板の表示はやはりキーボードみたいなもので打ち込んでいるんでしょうかね?

今、ニュースを見ていると各地で大変なことになっているようです。明日も雨が降り続くとのこと、どうかお気を付け下さいませ。

大阪北部地震

へろんです。
2018年6月18日午前7時58分頃、大阪府北部を震源とする地震が発生。
皆さまいかがでしたでしょうか。被害にあわれた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

この時、私は大阪市内の本社階段を登っていました。5階まであと少し、というところで大きな揺れが起こり、その数瞬後には緊急地震速報のけたたましい音が鳴り渡りました。
こりゃ相当でかいな、と先に出勤していた人たちと顔を見合わせ、皆スマホやパソコンにかじりつきます。スマホを持っていない私は(笑)ウォークマンのラジオに耳を傾けました。やがて聞こえてくる、震度6弱という大きな震度や、電車が止まっているとの情報。
家に電話してみますが、こうした時の常で、やはりつながりません。今回は30分後ぐらいにはつながりましたが……。
家ではガラスが割れたりしたものの怪我などはないことが分かり、とりあえず仕事に戻りますが、会社中騒然として仕事も手につきません。問題は、大阪北部の電車がことごとく止まってしまっているので、帰宅時刻までに復旧してくれるかどうか……。
昼過ぎには各自帰宅の方法を検討して、帰れる者は帰れ、というお達しが出ました。大阪メトロの御堂筋線、阪急電鉄の宝塚線、千里線、このいずれかが復旧してくれれば何とかなるのですが……このまま交通機関が復旧しなかったらどうやって帰宅すべきか……。

歩くしかない……。

車では何度も走ったコースも、歩くとなると道がはっきり分かりません。インターネットで調べてみると、この区間の一部を歩いてみたという記事がいくつかあり、これらをつなぎ合わせて大体の道筋を把握しました。梅田までは部分復旧した地下鉄で行けるとして、そこから北へ歩かなければならない距離は約11キロ……。

同じ方向に住んでいる別部署の先輩と連絡を取り合い、歩くとなったら一緒に歩きましょう、と決意を固め……最終的には家族に車で迎えに来ていただくという方が先輩ともども途中まで乗せていってあげる、と言ってくださり、徒歩区間は大幅に少なく済んだのでした。

最寄り駅まで戻ってくると、駅入り口はシャッターが降ろされ、運転再開の見込みは立っていない、との貼り紙が。
ちょうどそこへ妻からメールが届き、ガスが止まっているので夕食が作れないので、できれば何か買ってくるかしてほしいとのこと。そこで途中のコンビニに寄ってみて驚きました。パン、おにぎり、弁当の類の棚がことごとく、見事なぐらいにすっからかん。もう一か所スーパーに寄ってみると、こちらも同じ状況でした。恐るべし群集心理。
まぁ電気は大丈夫なようなので、夕食は備蓄のカップ麺でいいだろう、と帰宅(ガスはマイコンメーターの復帰操作で使えるようになったので、通常の夕食となりました)。

自宅では棚の中身が床に投げ出されていましたが、大きな被害はないな……と片づけていた時、動物たちの置き物を並べた飾り棚の戸も開いていることに気付きました。ガラスの動物が二つ、飛び出して破損していました……(T_T)

翌19日には電車もほぼ復旧し、会社も通常勤務。帰宅の際、もう一度近くのコンビニを覗いてみました。おにぎりや弁当はまだ数個残っていましたが、何とパンの棚は今日もすっからかん。またペットボトルの棚を見ると、「水2リットル御一人様2本までとさせて頂きます」という貼り紙の上に、「本日分完売しました」と貼り紙されていました。
そこでスーパーにも寄ってみると、こちらもパン類は完全に売り切れ。おにぎりや弁当はそこそこ並んでおり、ミネラルウォーターもありましたが、やはり数量制限がされていました。
そして今日20日。コンビニ、スーパーとも、パンも弁当も8割方は供給されているようでした。

地球観測衛星「だいち2号」が撮影した画像によると、この度の地震の震源周辺で、地面が約2センチ隆起した可能性があるのだとか。(大阪府北部、地震で2センチ隆起か 衛星撮影画像を解析
地球の活動は人間の活動を蹴散らしてしまうほど大きなものですが、その一方で電車は翌日にはほとんど復旧し、商品の流通も2日で回復するのもすごいものです。大勢の人々が頑張っておられるということですね。人間の活動というのも決してバカにしたものではないし、そうした活動のありがたみを改めて実感します。


お役所って・・・

へろんです。
父の葬儀が終わり、会社の忌引き休暇の間にできるだけ済ませてしまおうと、様々な手続きに追われていました。
予想はしていたものの、やはり一筋縄ではいかない手続きがいろいろと出てきます。人ひとりの存在がいかに複雑で大きかったか改めて実感します。

連休を挟んだためにあまり進められず、連休明けの7日にまとめて市役所で手続きを済ませようと思ったのですが・・・あれがいる、これがいる、委任状がいる、本籍地から取り寄せろ・・・どう逆立ちしても今日中に手続きが済まないことが判明しました。そのため、
「ではこの手続きに期限のようなものはありますか?」と訊くと、「できれば今週中に・・・」

んなもんできるか!! と叫びたくなるのをこらえ、「勤め人がやっと休みを取って来たのに、さらにこの上の手続きを一体いつしろと言うんですか?」
「そうは言っても国が決めたことですから・・・」

高齢化や一人暮らしが進むこの現代社会で、時間と手間がかかる諸手続きを、高齢者や独居者、勤め人がこなすには相当な無理があるのではないでしょうか。(ついさっき見たテレビによると、2030年には国民の半分が「おひとりさま」になるという予想もあるんだとか・・・)
複雑な手続きというのは、おそらく家には家族が何人もいて、兄弟も何人もいて、片やもめながらも、一方では分担し合ってこなして来た時代のものなのでしょう。
これから先の時代、複雑なシステムはますます国民の実態と合わなくなっていくでしょう。せめて自分の番が来た時にはできるだけシンプルに済むように、あらかじめ出来ることはないのかな、と気になりだした今日この頃です。

明日は明日の雨が降る

へろんです。
うちの会社は8時30分から5時までで、従来は6時、7時頃まではわざわざ残業申請しなくても、残務処理や明日の準備で何やかやと忙しかった。
それがどうしたことか、半年ぐらい前から、5時を過ぎるといきなり仕事をするな、とっとと帰れ、と言い出し始めた。
別に好き好んで遅くまでいるわけではないし、帰れるものならとっとと帰りたい。
だけど、やることがあるからその分時間がかかってるんだ。

仕事の量が変わらないのに、早く終われ、だと??

要するに仕事の密度を上げろ、ということだ。
これまでさぼっていたわけでもないのに、同じだけの時間内にさらに仕事を詰め込め、というわけだ。

今日予定していた分がどうしても5時までに終わらなければ、「すみませんが○○をやらなければならないので残業させてください」と申し出る。
その時上の方がいう言葉の一つ。部下対応マニュアルでもあるのだろうか、複数から同じことを言われたことがある。

「それは今日中でないといけないのか? 明日ではだめなのか?」

そりゃあ明日でもできるだろう。

だけど、明日は明日の雨が降る

今日降り注いだ仕事という名の雨水を、今日中にはいておかなければ、明日にはまた新たな雨が降り注ぎ、いずれは決壊するだろう。

雨で増水した川

昨今流行の「働き方改革」によれば、「長時間労働」を抑制して「生産性の向上」を目指すことが求められるらしい。
確かに一月に何十時間も過酷な残業を強いられている会社や業界で改革を目指すことは、大きな意義があるだろう。だけど、それと5分10分過ぎたからと言って仕事をやめろ、とっとと帰れ、と口うるさく言うのとは、何か違うのではないか。
時間が過ぎたから仕事をやめろと言ったって、残った仕事は誰がやってくれるのか。結局こっちがやらなきゃいけないじゃないか。明日が余計にしんどくなるだけじゃないか。
「働き方改革」の背景には「深刻な労働力不足」があるという。労働力が不足しているのだから、今抱えている仕事を誰かにやってもらったり分担してもらうことはできないということになる。実際、今の職場は人手不足だ。昨年まで二人でやってた内容を一人でやってるので、余計に定時で終わることなんてできるわけがない。
あとは分かった風な顔をして「効率化」を言う輩もいる。効率化なんてできることはもうやっている。そもそも、下っぱの仕事の成果のみを見て、その過程でどれほどの手間がかかっているのか知りもしないのに、どこを効率化しろと言うのだ。やれるものなら自分でやってみてほしい。

最近の嫌なCMの一つに、メ○シャキがある。メ○シャキを飲んだサラリーマンが、机の両側に積み上げられた書類をものすごい勢いで処理して、「できました」と去っていくのだ。
要するに、5時までに仕事を終わらせるために、そんな風にしろ、と言ってるのではないか、今の「働き方改革」は。
眉村卓の「C席の客」(1973年)はサラリーマンの習性を皮肉ったり悲哀を描いたショートショート集だが、その中にライバル会社に勝つために薬物でどんどん脳を活性化させていき、その代償として、薬の切れたアフターファイブは反動でだらーっと呆けてしまうサラリーマンの話がある。そんな世の中にだんだん近づいているような気がする。

「C席の客」表紙

かつて日本では「ゆとり教育」がもてはやされた時代があったが、それが行き過ぎたからと言って批判や見直しが議論され、「脱ゆとり教育」なんてものまで言い出されるようになった。
またその昔「24時間働けますか」なんてコマーシャルが流行った時代もあったが、実際には誰もそんなに極端に長時間働きたいなんて思わない。そんな極端な風潮の揺り戻しの結果として「働き方改革」にまで行きついたのだろうが、その「働き方改革」も、いずれまた行き過ぎたからと言って揺り戻しの時代が来るのではなかろうか。
どうしてこの国は何か言い出すと極端に一方に偏り、そして振り子のようにまた大きく反対側へ振れるようなことを繰り返すのだろうか。

雨雲の向こうに垣間見える虹

降り続く仕事という雨の向こうに、雲の切れ間はあるだろうか。虹はかかっているだろうか。
あるかも知れないが、頭上からは明日も仕事の雨が降り続く。足元にはこれまでに降った雨水が溜まっている。なのに5時が近づいてくる。この水をはかせる時間は、一体いつになったら取れるのだろうか。

すみません、今回は愚痴ってしまいましたm(_ _)m

ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR