お勧め「曜変天目茶碗」と「コスモスファンタジー」

しろです。
6月3日、大阪市都島区の藤田美術館へ行ってきました。藤田美術館は施設の全面的な建替えのため、2020年の開館を目指して、6月12日より長期休館に入るそうです。長期休館を前に展覧会「ザ・コレクション」が3月4日から6月11日まで開催されており、国宝の「曜変天目茶碗」も展示されているとのことで、ずっと見たかった「曜変天目茶碗」を目当てに見に行きました。
お屋敷のような建物。2階建てで茶道具・掛け軸が中心でした。すごく近くで見られるので有難いです。

曜変天目茶碗は外側が深い藍色、内側は宇宙を思わせるような図柄で、すごくバランスがいいと感じました。

国宝「曜変天目茶碗」
実物は撮影禁止なので、受付で買った絵葉書です。
群青色は茶道具では珍しい色なのですが、茶色が多い茶道具の中にあっても、よく馴染んで全く浮かない色に感じられます。人生の静かな流れを現わしているような壮大な印象でした。
実際見るのはいいものですね。後わずかの期間ですが、興味のある方はぜひ。

お昼ご飯の後、海を見に天保山へ向かいました。天保山マーケットプレース内の天保山ギャラリーで、偶然発見した荒木幸史コスモスファンタジー展を見学。

荒木幸史「コスモスファンタジー展」

荒木幸史先生は1937年長崎県諫早市生まれで、今年80才を迎え、今回が現役最後の個展なのだそうです。
これも著作権の関係で写真はありませんが、コスモスが月夜・河原などいろいろな背景で描かれています。私の拙い文章では分かりづらいのですが、これも宇宙を感じるようなすごい作品なんです。44年間もコスモスを主題に描いていて、特に夕日をバックにした絵はコスモスのはかなさも感じられ、素晴らしかったです。
来年(2018年)のカレンダーを買ったので、来年になったら部屋に飾るのが楽しみです。6月25日までやってるそうです。全て原画です。お勧めなので、是非どうぞ。


にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR