クレマ・カタラーナと富山市ガラス美術館

しろです。
富山駅近くの「ブルチャート」、クレマ・カタラーナ(イタリア語、フランス語ではクレーム・ブリュレ)の専門店です。

クレマ・カタラーナ専門店「ブルチャート」


「ブルチャート」のクレマ・カタラーナ

抹茶やお米を使ったのもあり、富山を感じられます。表面を焦がすのに高い温度が必要だから、家では怖くて作れないんです。外で見つけるとついつい食べてしまいます。こんなにいろんなバリエーションあるんだ! と感激しました。見た目もきれい。もちろんおいしい。


その後、今回の富山旅行最後に向かったのは富山市ガラス美術館。2015年にオープンした新しい施設です。

富山市ガラス美術館の見事な吹き抜け
ここは中の造りで無数の木材があり、見上げると圧巻。素晴らしい建築です。この2Fから最上階の6Fまで続く、斜めらせん形の吹き抜けは日本を代表する建築家・隈研吾(くまけんご)氏の設計によるもので、富山県産の木材を用いた角度の違う羽板が使用されているそうです。

常設展のうち、6階の「グラス・アート・ガーデン」は撮影可でした。現代ガラス作家のデイル・チフーリ(Dale Chihuly)氏による作品が展示されていました。

デイル・チフーリ《シャンデリア》
デイル・チフーリ《シャンデリア》。

デイル・チフーリ《トヤマ・リーズ》
デイル・チフーリ《トヤマ・リーズ》。
氷柱みたい。へろんは「地獄の針山みたい」と言ってましたが。

デイル・チフーリ《トヤマ・ペルシャン・シーリング》
デイル・チフーリ《トヤマ・ペルシャン・シーリング》。

デイル・チフーリ《トヤマ・フロート・ボート》
デイル・チフーリ《トヤマ・フロート・ボート》。
船に大きな円球があり、ヨーヨーがたくさんあるようなイメージでした。

デイル・チフーリ《トヤマ・ミルフィオリ》
デイル・チフーリ《トヤマ・ミルフィオリ》。
イタリア語の Millefiori は直訳すると「千の花」になるそうです。へろんは星野之宣「ベムハンターソード」の「生物祭」のシーンを連想するそうですが、分かる人いないだろうな・・・

デイル・チフーリ《トヤマ・ミルフィオリ》

写真も自由に撮れるし、有難い。ここのおかげで富山の印象がきれいで洗練されていると大幅UPしました。階毎に展示されているものがあり、室内もデザイン力が高いです。
お土産もガラス工芸品がたくさんあり、少しずつ模様が違うんですよね。手作りの細かさ、温かさを感じました。


博物館・記念館
にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

手塚治虫展&今森光彦展

へろんです。
神戸ゆかりの美術館で8月31日まで開催の手塚治虫展に行ってきました。

神戸ゆかりの美術館
この、UFOか、あるいはUSSエンタープライズか!?(笑)と言ってしまいたくなる構造物のある建物に、神戸ゆかりの美術館があります。

手塚治虫展垂れ幕


記念撮影用セット
記念撮影用のセット。

鉄腕アトム


メガホンをとる手塚治虫先生


マンガ机とアニメ机の再現
撮影可のマンガ机(右)とアニメ机(左)の再現。

手塚治虫肖像パネル
手塚治虫先生のご尊顔のパネル。

マンガ机
マンガを描くときに座る、「マンガ机」。

マンガ机の机上
マンガ机の上にはブラックジャックの扉絵や鉄腕アトムの原稿が乗っていました。

アニメ机
アニメーション制作時に座る、「アニメ机(作画机)」。

アニメ机の机上
こちらも鉄腕アトムの絵コンテや設定資料のようですね。
机の上部にはガラス板がはめ込まれており、その下には蛍光灯が入っているそうです。この上に絵を乗せて、その上から新しい紙を乗せて下の絵を透かして見ることで、少し動かした次の画面を描いたのですね。

展示は数多くの作品の直筆原稿やアニメのセル画、絵コンテなどがあり、その他愛用のベレー帽やメガネ、1953年(昭和28年)交付の医師免許証の複製もありました。

手塚治虫は最後まであらゆることにチャレンジし続け、新しい世界を切り拓いてきたパイオニアであるという点で、私のもっとも尊敬する方です。
そんな偉人になぜ国民栄誉賞がなかったんだ!?ということで、昔HPにこんな文章を載せたこともありますが、今でもこうして展覧会が開かれ大勢の人が訪れているのを見ると、国民栄誉賞があろうがなかろうが、手塚治虫の残した偉業は今も色褪せることなく輝き続けていることを実感します。

神戸ゆかりの美術館の隣は、神戸ファッション美術館になっています。手塚治虫展に入る時、ふと横を見るとそちらでは特別展示「今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界 -里山のアトリエで生まれる命たち-」をやっているではありませんか。

今森光彦特別展示垂れ幕
これも良いね、と手塚治虫展の後でこちらも見てきました。JAF割引で一人500円のところ、400円に♪

展示は色とりどりの様々な昆虫や鳥が切り紙で見事に表現されていました。紙を細かく切って作った甲虫の脚の毛や、何色もの色紙を重ねて表現された蝶や蛾の翅の色は本物そっくりでした。

今森光彦特別展示絵葉書
感動したカメレオンやカワセミの絵を含む絵葉書20枚セットを購入。

神戸のチョウ
エントランスでは須磨離宮チョウの会の協力による「森の宝石と神戸のチョウ」展が催されていました。神戸には日本に生息する蝶の約3分の1にあたる約82種が生息しており、そのほとんどが展示されていました。
手塚治虫と昆虫のつながりは深く、手塚治虫展でも1943年に描かれた昆虫標本の写生が展示されていました。その隣でこうした展示があると、続きを見ているようでしたね。

美術館すぐ近くのホテルプラザ神戸の中にある、カフェ マメールでお茶にしました。

ケークパシオン
パッションフルーツのムースが美味しい、ケークパシオン。しろと半分こして食べました♪

お勧め「曜変天目茶碗」と「コスモスファンタジー」

しろです。
6月3日、大阪市都島区の藤田美術館へ行ってきました。藤田美術館は施設の全面的な建替えのため、2020年の開館を目指して、6月12日より長期休館に入るそうです。長期休館を前に展覧会「ザ・コレクション」が3月4日から6月11日まで開催されており、国宝の「曜変天目茶碗」も展示されているとのことで、ずっと見たかった「曜変天目茶碗」を目当てに見に行きました。
お屋敷のような建物。2階建てで茶道具・掛け軸が中心でした。すごく近くで見られるので有難いです。

曜変天目茶碗は外側が深い藍色、内側は宇宙を思わせるような図柄で、すごくバランスがいいと感じました。

国宝「曜変天目茶碗」
実物は撮影禁止なので、受付で買った絵葉書です。
群青色は茶道具では珍しい色なのですが、茶色が多い茶道具の中にあっても、よく馴染んで全く浮かない色に感じられます。人生の静かな流れを現わしているような壮大な印象でした。
実際見るのはいいものですね。後わずかの期間ですが、興味のある方はぜひ。

お昼ご飯の後、海を見に天保山へ向かいました。天保山マーケットプレース内の天保山ギャラリーで、偶然発見した荒木幸史コスモスファンタジー展を見学。

荒木幸史「コスモスファンタジー展」

荒木幸史先生は1937年長崎県諫早市生まれで、今年80才を迎え、今回が現役最後の個展なのだそうです。
これも著作権の関係で写真はありませんが、コスモスが月夜・河原などいろいろな背景で描かれています。私の拙い文章では分かりづらいのですが、これも宇宙を感じるようなすごい作品なんです。44年間もコスモスを主題に描いていて、特に夕日をバックにした絵はコスモスのはかなさも感じられ、素晴らしかったです。
来年(2018年)のカレンダーを買ったので、来年になったら部屋に飾るのが楽しみです。6月25日までやってるそうです。全て原画です。お勧めなので、是非どうぞ。


にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村


ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR