岡山県・玉野市立玉野海洋博物館 - その2.水族館編

へろんです。
「渋川マリン水族館」とも呼ばれますが、こちらは愛称で、正式名称は「玉野市立玉野海洋博物館」だそうです。陳列館と水族館からなり、前回は陳列館の内容を「その1.陳列館編」として博物館カテゴリーに掲載いたしましたので、今回は水族館の内容を掲載いたします。
公式ホームページによれば、水族館は大小34個の水槽に、瀬戸内海の種を中心とした日本各地の海洋生物を約180種2000点を飼育展示しているそうです。

渋川マリン水族館の大水槽


鮮やかな熱帯魚@渋川マリン水族館


黄色い三連エイ@渋川マリン水族館
赤い三連星ならぬ黄色い三連エイ……

オウムガイ@渋川マリン水族館
オウムガイ Nautilus pompilius

ダイオウグソクムシ@渋川マリン水族館
日本の深海にも棲息するオオグソクムシ Bathynomus doederleini と、世界最大の等脚類(フナムシやダンゴムシの仲間)であるダイオウグソクムシ Bathynomus giganteus の両方が展示されていました。写真はダイオウグソクムシ。

センネンダイの幼魚@渋川マリン水族館
センネンダイ Lutjanus vitta の幼魚。赤い帯模様は「川」や「小」の字に例えられるのだとか。大きくなると帯模様が薄れ全身が赤褐色になるそうです。

ハナミノカサゴ@渋川マリン水族館
ハナミノカサゴ Pterois volitans
開いた花のようにも見えますが、各棘に毒腺を持つという危ないお魚。

アナゴの密集アパート(?)
アナゴは密集しているのが好きなんですよね。

イカナゴ@渋川マリン水族館

イカナゴ@渋川マリン水族館
イカナゴ Ammodytes personatus
岡山ではイカナゴのくぎ煮が定番。丸い水槽の上と下にそれぞれ固まって群泳していました。

キタオットセイ@渋川マリン水族館
餌をもらっているキタオットセイ Callorhinus ursinus
後脚をひょいと上げています。

ゴマフアザラシ@渋川マリン水族館

人間を観察する?ゴマフアザラシ
ゴマフアザラシ Phoca largha
観察窓から外をのぞいています。まるで逆に人間を観察しようとしているかのようですね。
ちなみに2013年当時はこのアザラシ池はペンギン池でした。


にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR