富山県・魚津水族館

へろんです。
富山旅行2日目は、まず最初に魚津水族館へ向かいました。

国内に現存する水族館では最も古いとされ、初代の魚津水族館は、1913年(大正2年)9月に日本海側初の水族館として創設されたそうです。当時は日本海側最大で日本の水族館の5指に入るほど有名だったとか。1944年(昭和19年)3月、電力やその他資材の欠乏と町の財政負担が大きく、やむなく閉館。
二代目魚津水族館は1954年(昭和29年)4月に開館。1980年(昭和55年)11月には老朽化のため閉館しました。
現在の三代目魚津水族館は、日本海側最大級の水族館として1981年(昭和56年)4月にオープン。2013年(平成25年)創立100周年を迎えたそうです。

魚津水族館全景
魚津水族館の全景。水族館の前にはミラージュランドという遊園地があり、そこの観覧車からこのようによく見えました。

魚津水族館入り口
入り口の両サイドのキャラはホタルイカとマツカサウオですかね? 入り口のガラスにはちょうどミラージュランドの観覧車が映ってます。

淡水魚水槽
淡水魚コーナーでは「国内外来種」問題が大きく取り上げられていました。「外来種」というとブラックバスに代表されるような海外から入り込んだ種がよく取り上げられますが、これらは「国外外来種」というようです。一方、元々はその土地にいなかったものの、アユ種苗などに混じって入って来た国内種を「国内外来種」というのだそうです。オイカワは西日本に分布していて、もともと富山県にはいなかったのだそうです。
ということで水槽にはオイカワも泳いでいましたが、素早すぎてうまく撮れませんでした(泣)

なお、水槽の展示では上記のように書かれていましたが、国立環境研究所の侵入生物データベースのオイカワのページでは、富山県は在来分布になっていました。

日本にいる2種類のメダカ
また、メダカでも日本にはキタノメダカとミナミメダカの2種類がおり、もともと富山県にはキタノメダカのみが分布していましたが、ミナミメダカが放流されていることが分かったそうです。生き物を不用意に逃がしてはいけませんね。

越中鰤
富山のブリは「越中鰤」として有名ですね。ブリといえば出世魚。あやかりたい……(切実 T_T)

マツカサウオ
マツカサウオ。発光する魚として有名ですが、そのことが世界で初めて見つかったのはここ魚津水族館だそうです。1914年(大正3年)に水族館が暴風雨で停電した時、マツカサウオが発光しているのが偶然発見されたのだそうです。

魚津水族館のリュウグウノツカイ
リュウグウノツカイ。2009年12月15日に黒部市の海岸に打ち上げられたもので、その体長は396cmもあります。長い! 液浸標本のため色が抜けていますが、生きている時は体は銀色で、背鰭・胸鰭・腹鰭の鰭条は鮮やかな紅色を呈しています。そんな姿も見てみたいものです。

日本で最初の全面アクリル製トンネル

富山湾大水槽にある、日本で最初の全面アクリル製トンネル。1981年(昭和56年)三代目魚津水族館の建設時に造られたそうです。

日本で最初の全面アクリル製トンネル


ダイバーによる餌付け
富山湾大水槽ではダイバーによる餌付けも行われていました。

ダイバーによる餌付け
エイの口に直接餌を与えているようです。

ハタタテハゼとチンアナゴ
ハタタテハゼとチンアナゴ。水族館の人気者ですね。

ロクセンヤッコ幼魚
ロクセンヤッコ幼魚。幼魚期は紺地にいくつもの細い白い線が入りますが、成魚になると薄いグレー地に黒の太い縞模様が現れるそうです。その黒い縞が6本あることから、ロクセンヤッコと名付けられたのだとか。

魚津水族館バックヤードコーナー
水族館の裏側を覗けるバックヤードコーナーもありました。

魚津水族館展望フロアより望む立山連峰
展望フロアからは立山連峰の絶景が望めました。

日本の水族館では2番目に長生きのアオウミガメ
こちらのアオウミガメは、1970年(昭和45年)にやってきてから47年間飼育されているそうです。日本の水族館では2番目に長生きだとか。

魚津水族館のホタルイカ
富山といえばやはりホタルイカ。ホタルイカの発光実験もここでやっていたのですが……この日は午後から近くのほたるいかミュージアムにも行くつもりだったので、見送ってしまったのです。ところがほたるいかミュージアムに行くととんでもない人出で、そちらでの発光実験も見られず……こんなことなら魚津水族館で見ておくべきだった、とこの富山旅行最大の痛恨事となったのでした(T▽T)。


博物館・記念館
にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村


科学博物館
にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR