京都・京都ゑびす神社

へろんです。
安井金比羅宮を後にし、歩いていける距離にある京都ゑびす神社にもお詣りしてきました。京都ゑびす神社は兵庫の西宮神社、大阪の今宮戎神社と並んで日本三大えびすと称されるのだそうです。

京都ゑびす神社

京都ゑびす神社本殿

お詣りして左手を見ると、「正面お詣りの後、左側の奥へお廻りになってお詣り下さい。」と書いてありました。

左側にお廻りください。

左手に廻って見ると、本殿横の壁に「優しくトントンと叩いてください。(ゑびす様のお肩を叩くお詣りです。ノックをされるように優しくお願いいたします。)」と書いてありました。何でも恵比寿様はお歳のため耳が遠いので、ここを叩いてお詣りに来たことをお知らせするのだとか。

優しくトントンと叩いてください。

社務所で御朱印をいただきます。

京都ゑびす神社社務所

京都ゑびす神社御朱印
真ん中の鯛が良いですね。私が頂いた時にはそれほど人がいなかったのに、間もなく団体旅行らしき人々が大勢並んでいました。

御朱印もいただき、失礼しようと二の鳥居をくぐろうとした時……背後でチャリ~ンと音がし、振り返ると「すみませ~ん、私が投げました~」と一人のおばさんが駆け寄って拾っていました。
はて、なんで投げたんだろう? とあたりを見渡すと、他にも上に向かってお金を投げている人が!

二の鳥居の恵比寿様
二の鳥居にある恵比寿様のお顔。人々はこのお顔めがけて投げています。

お賽銭を受ける熊手が。
横から見ると、恵比寿様のお顔の下に、金網を張った熊手のようなものが突き出しており、この中に硬貨がいっぱい入っています。そう、参拝客の皆様はここをめがけてお賽銭を投げていたのです。お賽銭を投げてここに入ると、願いが叶うのだとか。
しかしながら、かなり高いので成功率はそれほど高くありません。入らなかったお賽銭は、当然ながら他の参拝客の皆様を“爆撃”することになります。それを恐れた気の弱い私は、挑戦することができませんでした……。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR