fc2ブログ

あと90年

 2022年9月3日。何気なくツイッターを見ておりますと、「#あと90年」というワードがトレンドに上がっていました。
 何だろう、と見てみますと、ドラえもんの誕生日が2112年9月3日。ドラえもん誕生まであと90年、というわけです。

JR登戸駅のドラえもん
 JR登戸駅に描かれたドラえもん。

 『ドラえもん』は1969年に連載が始まっていますから、作品発表時からみると実に143年先の未来ということになります。確かにそれほど未来だと想像できないというか、「なんでもアリ」な気になってしまいますね。
 その遥か未来から来たドラえもん、 

「きみは年を取って死ぬまで、ろくなめにあわないのだ」


 などとのび太を脅します。ドラえもんの持ってきたアルバムを見てみると……

1979年 大学入試らくだいなぐさめパーティー
1988年 しゅうしょくできなくて自分で会社をはじめ
(フレームで切れてる)
1993年 会社丸焼け記念
1995年 会社つぶれ借金取りおしかけ記念


 会社丸焼けの横で花火持ってるのび太って……いささかおふざけが過ぎる気もしますが(苦笑)
 それにしてもこのエピソード、どれももはやはるか昔のことですよ! 現在の版でもこのままなのかな?

 そこでご存知のように、のび太の孫の孫であるセワシが過去(のび太にとっては未来)を変えるべく、ドラえもんを現代に遣わせたわけですが……

「ぼくの運命が変わったら、きみ(セワシ)は生まれてこないことになるぜ」
「心配はいらない。他でつりあいとるから。
 歴史の流れが変わっても、けっきょくぼくは生まれてくるよ。
 たとえば、きみが大阪へ行くとする。いろんな乗り物や道すじがある。だけどどれを選んでも、方角さえ正しければ大阪へ着けるんだ」


 のび太にしては鋭い指摘に対して、セワシの答えはどうでしょうか?
 確かにセワシに「相当する存在」は生まれるでしょうが、セワシそのものではないですよね……??
 柳田理科雄先生は、本当にそうならダブル不倫的なことがなければならなくなる(笑)なんてたしか『空想科学読本』で述べておられました。
 一方で『ドラえもんのひみつ』?だったかそうした本で、あれほど科学の進んだ道具がたくさん出てくる中で、くだんのアルバムだけは古色蒼然とした昔ながらのものだったので、実はあの中身はのび太を奮起させるための「創作」だったのだ、という説が展開されていたと記憶しています。
 理屈で言えばこれがしっくりくるのですが、また一方ではアルバムの未来を否定するのは作者の本意ではないとか、ファンタジーなんだからアルバムの未来もセワシの説明も「あり」でいい、という主張もみかけます。
 どれが正しいのか……いや、正解がないのが正解、と考えるべきでしょう。セワシの説明を受けたのび太は、何となく怪訝そうな表情をしています。おそらくそれは作者の藤子・F・不二雄先生自身の表情なのでしょう。

 あと90年! 私らは確実に生きていないでしょうが、今頃に生まれた子どもたちは、その時代を見ることができる可能性があるわけです。
 願わくば、平和で心豊かな世界となっていますように。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あと90年ですかー。確かに、ここから爆発的に医学が進歩したとしてもわたしの寿命は届きそうにはないけど、しかし意外とあと1世代くらいなのか、近いな、という気もします。荒唐無稽なほどに遠い未来の話だと思って漫画&アニメを見ていた子どもだったので…(^^)

Re: タイトルなし

あけぼうさん、コメントありがとうございます。

ほんと意外と近いな、という気がしますよね。「2001年」や鉄腕アトムの2003年が小さい頃は遥か未来と思っていたのに、今やかなり昔のこととなってしまったように、22世紀もある意味現実味を帯びてくると、何だか不思議な気がします。
ドラえもんの中でものび太自身の未来の姿と一緒に時々21世紀初頭が描かれていたのですが、現実よりもだいぶ進んだ世界でした。現実の2112年がどんな世界なのか、無理なのは承知していますが、やっぱりすごく興味ありますね(^^;)

FC2ブログ更新お疲れ様です。

おはようございます。夢と想像に溢れた世界で、これも藤子不二雄の持ち味と受け止めております。
90年後の世界が明るい未来であるのを祈念したい次第です。

□まとめ□
お陰様で、本日も己の見聞を広めることができました。へろんさん、今回もいいウイークエンドをお送りください。ありがとうございます。

Re: FC2ブログ更新お疲れ様です。

横町さん、コメントありがとうございます。

藤子不二雄先生の作品は子どもももちろん、大人でも楽しめる夢のある作品が多いですね。ドラえもんはその代表だと思います。
ドラえもんの秘密道具のようにサッとうまくいくことは難しいでしょうけど、現代の様々な問題も90年後には良い方向に向かっていてほしいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

鍵コメさん、コメントありがとうございます。
先週は出張に出ていたこともあり、気付くのが遅れて失礼いたしました。

私もよく、もしあそこでああだったら今ここにはいなかっただろうな、とよく思います。パラレルワールドネタでよく出てきますけど、違った歴史のもう一人の自分って、いてほしいようないたら怖いような……。

ツイッターに関しては、当時「いいね!」の意味も使い方もあまりきちんと認識していなかったように思いますので、もしも妙な使い方をしていましたらご容赦下さい m(_ _)m
いや今もツイッターって意味や使い方や機能をきちんと認識できていないと自覚していますが……話題を知るには良いですが、ほとんどが広告や他人の記事ばかりになって、私もどうも馴染めそうにありません(^^;)
こちらこそ引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

へろん

Author:へろん
へろん(♂)としろ(♀)の夫婦ですが、最近はへろん一人で書いてます。「御朱印」「SF」が多くなってますので、カテゴリからご興味のあるジャンルをお選び下さい。古い記事でもコメント頂けると喜びます。拍手コメントは気付くのが遅れてしまうことがありますが、申し訳ございません m(_ _)m

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR