東京都港区・芝東照宮

へろんです。
熊野神社にお詣りした後、田町方向へ南下する途中で案内板に「芝東照宮」があるのを発見しました。東照宮といえばこれまでに広島東照宮仙台東照宮にもお詣りしてきましたので、まだ時間もあったので3つ目の東照宮にお詣りすることにしました。

芝東照宮
実はまだ梅の残っている季節でした。

日光東照宮、久能山東照宮、上野東照宮と並ぶ四大東照宮の一つだそうです。
増上寺の南側、芝公園に鎮座。当初、日比谷にあった増上寺境内に勘請されましたが、1598年(慶長3年)の江戸城拡張工事に伴い、現在地に移転したそうです。

芝東照宮鳥居
さすが大都会の只中ということでしょうか、鳥居の前も後も駐車場になってました。

芝東照宮手水舎
手水舎はこじんまりとした感じでした。

芝東照宮社殿
社殿は1945年(昭和20年)5月25日の東京大空襲により、熊野神社と同じく焼失。1969年(昭和44年)現在の社殿が再建されたそうです。

芝東照宮御朱印
頂いた御朱印。初穂料は500円でしたが、御朱印と一緒に「芝東照宮道中安寧守」というお守りを頂きました。裏には日光杉並木古材とあり、杉の良い香りがします。

芝東照宮道中安寧守


伊能忠敬測地遺功表
すぐそばの高台に登って見つけた「伊能忠敬測地遺功表」。
東京都公園協会のHPによると、伊能忠敬の測量の起点となったのが、芝公園近くの高輪の大木戸であった関係で、東京地学協会がその功績を顕彰して遺功表を建てたものだそうです。1889年(明治22年)に高さ8.58mの青銅製の角柱型のものが設置されましたが、戦災で失われたため、1965年(昭和40年)に現在のものが再建されました。
実は伊能忠敬の師であった天文学者、高橋至時(たかはしよしとき、1764~1804)を尊敬していますので、その弟子となった伊能忠敬についても興味を持っています。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あちこちに

徳川家康さん あちこちで神さんになってますね、紀州和歌山の東照宮は知ってましたが 
先日 四国に行ったら 屋島にも東照宮がありました、40年近く前、香川に居た頃には無かったはずなのに…

Re: あちこちに

壁ぎわさん、コメントありがとうございます~。
おお、和歌山にも屋島にもあるのですか! ほんと各地にあるんですね。
前は無かったということは新しく勧請されたりしてるんですかね。そんな様子も見れるものなら見てみたいものです。
ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR