金魚と海のいきもの展2017

へろんです。
大阪梅田の阪神百貨店8階で開催されている「金魚と海のいきもの展2017」に行ってきました。アクセサリーやグッズの展示即売会なので、本来は「水族館」カテゴリーには入らないかも知れませんが、まぁ海のいきものつながりということで……

「金魚と海のいきもの展2017」

販売されている展示品を撮影するわけにもいきませんので画像はありませんが、魚やクラゲなどのなかなかリアリティあるグッズがたくさん並んでいました。
ペンギンやチンアナゴの可愛い陶製グッズが並ぶ陶雑貨emianさんで目に留まったのがこれ。

陶雑貨emianさんのオウムガイ

一目でオウムガイと分かりました。オウムガイも好きなんですよね~。で、連れて帰ることに。

オウムガイ@渋川マリン水族館
再掲・玉野市立玉野海洋博物館で撮影したオウムガイ。こうして実物写真と比べても上手く単純化・デフォルメされていると思います。

空間想庫さんのブースでは、街中を金魚が漂う不思議な絵葉書がたくさんありました。大都市の遠景をバックに沢山の金魚が空中を漂う、何ともSFチックな絵葉書を購入。

いちばんインパクトがあったのが、怪獣ショップてつさんの巨大なウミサソリ。

演技者装着型可動フィギュア うみさそりちゃん


演技者装着型可動フィギュア うみさそりちゃん(2)
写真撮影・ネット掲載可とのことでアップさせて頂きました。
シルル紀(4億4000万年前~3億9500万年前)を中心に繁栄したウミサソリの中には3メートル近い大きな種類もいましたので、「実物大ですか?」と訊いてみたところ、「モデルにした種類はこのくらいです」と手で示して下さったサイズはだいたい20~30センチぐらい。それを被れるぐらいの大きさにサイズアップして造形されたとのこと。
……被れる!?

うみさそりちゃん実演時写真
↑この「うみさそりちゃん実演時」とある写真のように、このウミサソリは頭に被ることができるそうで、ウミサソリの頭胸部を持ち上げて下からのぞくと、ちゃんとヘルメットがありました。確かにこの作品の名前は「演技者装着型可動フィギュア うみさそりちゃん」。ちなみにお値段は税抜き50万円。
鋏は文楽の人形と同じように引っ張って操作できるそうな。大きなサイズの随所に細かい造形が光る、楽しい作品でした。

細かい造形といえば、我流切紙人さんの切り紙細工もすごかったです。

作り込みがすごいカブトガニ
このカブトガニの裏面の作り込みはすごい。
お土産に自分で切って折るダイオウグソクムシの台紙を頂きました。次の休みに作ってみよう(^^)


にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

面白そうですね

特にペーパークラフトのカブトガニの裏面の折り込みすごいですね。

全然レベルは違うと思いますが 大王具足虫の折り紙 完成形を見てみたいです。
ガンバッテ作ってくださいね

No title

物凄く楽しそうな催しですね!いいな♪
うみさそりちゃんを被りたいです。
被った姿の写真を撮って、それを年賀状にしたい(笑)
でもお値段・・・(;´∀`)ひい。

Re: 面白そうですね

壁ぎわさん、コメントありがとうございます~。

カブトガニの他にもエビとかいましたが、ほんとすごい立体作品でした。
ダイオウグソクムシは・・・きれいに出来ればいいのですが・・・頑張ってみます(汗)

Re: No title

あけぼうさん、コメントありがとうございます~。

うみさそりちゃんを被って年賀状に! とてもインパクトのある年賀状になりますね。
いろいろとお話しをうかがってた時に「何なら被ってみてもいいですよ」と言ってくださってましたが・・・人の少ない時間帯にうかがって挑戦してもよかったかも(^^;)
ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR