和歌山旅行2017 その4. 熊野本宮大社

へろんです。
今回の旅の目的の一つは、熊野三山を詣でようというものでした。旅の二日目、1月3日は宿を出発して国道311号線を一路東へ。まずは熊野本宮大社にお参りです。

熊野本宮大社

八咫烏の旗
八咫烏(やたがらす)。三本足が特徴で、神武天皇を先導したと言われる導きの神鳥ですね。

八咫烏しめ飾り
絵馬の左右にあるしめ飾りは足が3つあるので、やはり八咫烏を表しているのでしょうね。

お参りしてから御朱印を頂きます。
今年の初詣の記事に書きましたように、昨年12月に熊野本宮大社の御朱印帳を郵送で頂いていたのですが、お送り頂いた御朱印帳を開くと、最初のページに朱印だけが予め押されていました。

御朱印帳
御朱印帳表紙。八咫烏が映えます。

御朱印帳冒頭ページ

そこで、この朱印の上から墨書きを頂くべきなのか、新たに別のページに頂くべきなのかをうかがってみると、どちらでも良いとのこと。そこで新しいページに改めて頂くことにしました。

熊野本宮大社御朱印

もう一つ、こちらでぜひ見たかった八咫烏ポスト。

八咫烏ポスト1

八咫烏ポスト2
この八咫烏はリアリティがあってカッコいいですね。このポストから実際に投函できるそうです。

昼食は大鳥居を出て向かいにあるお店で、二人ともめはり寿司セットにしました。このあたりの郷土料理だそうです。名前の由来は、目を張るように口を開けて食べるから、とかおにぎりを目張りするように完全に包み込むから、とか言われているんだとか。

めはり寿司セット

昼食の後、世界遺産熊野本宮館を見学しましたが、ここでふと目に留まったのが「八咫烏だるま」。

八咫烏だるま

とても気になったので本宮館の人に訊いてみると、すぐ近くの土産物屋でも売っているとのこと。で、その足で土産物屋に寄って、連れて帰ることにしました。

連れて帰った八咫烏だるま
やはりだるまなので、目は入っていないんですね。まずは願い事とともに片目を入れるわけですが、さてどのようなお願いにしましょうか……。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR