和歌山旅行2018 湯の峰温泉

しろです。
和歌山旅行の宿泊は湯の峰温泉の「湯の谷荘」です。

湯の峰温泉「湯の谷荘」


湯の谷荘入り口
こちらは正面玄関です。花とタヌキがよく似合っていました。タヌキの下には英語の表記もあります。よく似た民宿が複数軒あり、昔ながらの温泉街の風情があり結構にぎわっていました。

八咫烏だるま
熊野大社のマスコット(?)八咫烏をモチーフにした「八咫烏だるま」が出迎えてくれました。丸っとして可愛いんですよね。

湯の谷荘の豪華な夕食
晩御飯の料理はとっても豪華。写真は二人分です。野菜がたくさんで、味付けもごま、チーズ、など種類ごとに変えてくれていました。肉・魚もあり、お腹いっぱい。

湯の峰温泉の風景
湯の峰温泉の風景。「小栗判官蘇生の地」というのぼりが立っています。
伝説によると、「毒殺された小栗判官が閻魔大王の手で餓鬼の姿で現世に戻り、湯の峰温泉で湯治すると元の人間の姿に蘇生した」のだそうです。

湯の峰温泉の「つぼ湯」
日によって七回も湯の色が変化するといわれている、世界遺産の岩風呂「つぼ湯」。一度に入れる人数は最大でも2人程度だそうで、この時も順番を待つ人が並んでいました。

湯の峰温泉の「湯筒」
川沿いにある四角いものは「湯筒」で、90度もの熱湯が湧き出ているそうです。

湯の峰温泉の「湯筒」
注意書にも「この湯筒は約九〇度以上の高温ですので、特に子供を連れておられる方はご利用の際充分注意してください」とあります。確かに90℃は危険です。

湯の峰温泉の「湯筒」
この時も卵だか野菜だかを吊るして茹でていました。卵や野菜はみやげ物店で購入することができるそうです。

湯の谷荘の朝食
朝食です。こんなに豪華だと1日いいことがあるような気がしますね。
この後は温泉からすぐの熊野本宮大社へお詣りです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

バイキング形式の朝食も嫌いじゃないけど
やっぱりこういう朝食・・・いいですよねぇ♪

Re: No title

コメント有難うございます。
ちょうどお正月だったから、ミニお節みたいでした。
ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR