和歌山県・串本海中公園

へろんです。
和歌山旅行の帰りは海沿いに西へと進み、締めくくりに串本海中公園へ立ち寄りました。
実は串本海中公園はもう何度も来ているお気に入りのスポットです。

串本海中公園水族館の入館記念カード
串本海中公園水族館の入り口では記念写真撮影があり、カードにプリントされた小さめの写真は無料でもらえます。大きな写真は1200円ですが、実は来るたびに記念にこの写真を買っており、並べてみると自分の変遷が白日のものに……(◎_◎;)

水族館では約500種、5000点の生き物たちが展示されています。

串本の海 大水槽
入り口近くにある「串本の海 大水槽」。大小色とりどりの魚が泳いでいます。

串本の海 大水槽


串本海中公園水族館のサクラダイ
サクラダイ Sacura margaritacea
生まれたときは全てメスですが、成長するとオスになる、性転換する魚。主に南日本沿岸に分布し、長い間日本の固有種と考えられていましたが、近年パラオ近海などでも確認されているのだとか。

串本海中公園水族館のモンハナシャコ
モンハナシャコ Odontodactylus scyllarus
正面から見た写真。全身を撮れれば良かったのですが、全身カラフルな綺麗な色をしています。ハンマー状の捕脚から繰り出されるパンチの威力は強力で、アサリの貝殻などは簡単に割ってしまうそうです。水槽に入れておくと、その水槽のガラスを叩き割ってしまうという話も聞きます。

串本海中公園水族館のニセゴイシウツボ
ニセゴイシウツボ Gymnothorax isingteena
約2メートルにも成長する、ウツボの中でも最大級の種類だそうです。碁石状の斑点が特徴ですが、この斑点、口の中にもあるんですね。

串本海中公園水族館のショウグンエビ
ショウグンエビ Enoplometopus occidentalis
全身に長い毛が生えているのが特徴。採取されることが少ない珍しいエビだそうです。


串本沿岸海域には約120種類ものサンゴが生息しており、熱帯魚類をはじめ多くのサンゴ礁性動物が見られます。北緯33度30分という北にありながら、熱帯性生物群集が豊富にみられる貴重な場所であることから、2005年11月ラムサール条約に登録されました。

串本海中公園で見られるサンゴ
串本で多く見られるサンゴの標本。クシハダミドリイシ Acropora hyacinthus というサンゴ(写真中央左)がいちばん多いそうです。

串本海中公園ではウミガメの保護にも力を入れており、産卵・飼育・生態研究に取り組んでいます。1995年8月、世界で初めて飼育下でアカウミガメの繁殖に成功。2010年9月には世界初の飼育下での繁殖によるアカウミガメ孫世代(F2)が誕生しています。

串本海中公園で生まれたアカウミガメの赤ちゃん
2017年8月に人工産卵場で生まれたアカウミガメの赤ちゃん。生まれた時の甲羅の長さは4.5センチ、体重は20グラムしかないそうです。

串本海中公園で生まれたアオウミガメの赤ちゃん
こちらは同じく2017年8月に生まれたアオウミガメの赤ちゃん。生まれた時の甲羅の長さは4センチ、体重は30グラム。アカウミガメよりも一回り大きいんですね。

串本海中公園のウミガメプール
屋外のウミガメプールには大きな成体のウミガメが悠然と泳いでいます。餌やりもできます。

串本海中公園水族館のバックヤード
水族館の裏側(バックヤード)が覗けるコーナーもあります。こんな風に餌を準備しているんですね。

そして今回の特別展はアーケロンプロジェクトで製作された、アーケロンの実物大彫刻模型。

アーケロンの実物大彫刻模型
アーケロン Archelon sp.は中生代白亜紀後期に北米に棲息していた史上最大のウミガメ。やはりでかい!

アーケロンの実物大彫刻模型
2019年12月29日まで展示されているそうです。

実物大彫刻模型の説明板


アーケロン生体模型
こちらは海洋堂専属造形師の古田悟郎氏が制作したアーケロン生体模型。

串本海中公園水族館の水中トンネル
1250トンの水槽を通る、長さ24メートルの水中トンネル。1988年、日本で2番目にできたものだそうです。

半潜水型海中観光船ステラマリス
半潜水型海中観光船ステラマリス
船内には水面下の展望窓があり、海中を観察することができます。この船にも何度か乗っているのですが、手持ちのデジカメではきれいな写真がなかなか撮れません(泣)

串本海中公園20170104
海中展望塔
140メートル沖合にあり、水深6.3メートルの海底の光景が観察できます。

海中展望塔からの光景


海中展望塔から見えるグレの大群
メジナ(グレ)の大群が間近に観察できます。グレは本来は警戒心の強い魚なので、こうして大群を間近で見ることができるのは珍しい光景だそうです。

海中展望塔の窓によって来る魚
窓のすぐそばまで魚が寄ってくることもあります。

この串本海中公園は本州の最南端にあって、やはり海の景色の違いが感じられます。来るたびに新しい展示もあり、飽きることのない施設です。


にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アーケロン!
亀好きにとっては古代ロマンの象徴じゃないですかあ。
直に見て大きさを実感してみたいです。
しかも杉の木でつくるなんて、なんかいろいろ贅沢な感じ。

Re: No title

あけぼうさん、コメントありがとうございます~。

海の古生物といえば、大抵アーケロンが紹介されてますものね。
小さい頃に持っていた子供向けの恐竜本にも載ってたのを覚えてます。
ほんと迫力ありましたし、チェンソーで彫像というのもすごいです。
地元の人が地元の素材で創るというのも良いですよね。
ぺそぎん メモ帳
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR